戸田の川を考える会ー台風19号の振り返り


今日は戸田の川を考える会に参加させて頂きました。
昨年10月の台風19号でボートコースから水が溢れ出て本町地域等が浸水したことの背景や対策を学びました。
台風19号による浸水被害と一口に言っても、場所により浸水の原因は異なります。
本町地域が浸水した理由は、荒川の水位が上昇し笹目川水門を閉鎖したことにより、笹目川排水機場内の水位が高まり、笹目川排水機場ポンプをフル稼働させたものの追い付かず、ボートコースから水が溢れ出たのではないかというご説明でした。
会場では、近くのマンションに住む若い子育て中のお母さん方に話しかけていただき、実際の台風19号の浸水被害の際、ものの30分程度で水位がくるぶしから太ももあたりまで来て、家中水浸しとなりママ友の家に避難させてもらったこと等を涙ながらに話してくださいました。
本町地域が浸水したというのは聞いていましたが、ここまでひどかったとは知らず、大変驚き胸に刺さりました。
治水対策は大変な時間と費用がかかる大事業ですが、情報提供のあり方や事前の防災減災対策など、できる事はあります。
さらに考えを深めて、市とも連携して、県へ要望・提案して参ります。