[令和3年2月定例会]一般質問3日目


今日も10時から本会議、一般質問3日目です。
この日は私たち無所属県民会議から、鈴木正人議員(志木市)が登壇されました。
戸田の会からは、佐藤太信議員と野澤茂雅議員が傍聴にお越しくださいました。
鈴木議員の取り上げたテーマは以下の通りです。
ウイグルの問題、領土・主権者教育、北朝鮮拉致問題等、地方議会のなかでも国際的視野を持った訴えが勉強になりました。
1 新型コロナウイルス感染症対策における手洗いと消毒の徹底について(知事、教育長)
2 人権問題解決に向けたウイグル人への埼玉県としての支援について(知事)
3 厳しさを教える教育について(知事、教育長)
4 領土・主権教育における現在までの取組と成果及び今後の取組について(知事、教育長)
5 地域包括ケアシステムにおける支え手の確保や成年後見制度の利用促進状況について(福祉部長)
6 北朝鮮による拉致問題解決のための施策について
(1)映画「めぐみへの誓い」への支援について(福祉部長)
(2)北朝鮮による拉致問題啓発教材及びDVDの活用状況について(教育長)
7 離婚後の親子交流について
(1)親子面会交流への支援について(福祉部長)
(2)親になるための学校教育について(教育長)
8 児童相談所の新設について(福祉部長)
9 地元問題について(県土整備部長)
(1)国道254号和光富士見バイパスの進捗状況と早期開通について
(2)中央通停車場線第3工区の進捗状況と今後の見通しについて