[令和3年3月定例会]閉会日


今日は10時から本会議、長かった2月定例会もいよいよ閉会となりました。
 
一般会計2兆1,198億4,300万円、全会計合計3兆5,026億9,833万9千円の当初予算を始め、すべての議案が原案通り可決されました。
エレベーター条例に関しては、同条例案はエレベーターを立ち止まって利用しないものを「義務」違反とするものですが、私たちは実情を鑑み、「努力義務」にするべきだという趣旨の修正案を提出しましたが、江原久美子議員(深谷市、寄居町、美里町)が反対討論に立ちましたが、賛成多数により原案通り可決されました。
 
また、意見書に関しては,鈴木正人議員(志木市)より「ウイグル人などの少数民族への人権弾圧に強く抗議し、日本版マグニツキー法の成立を求める意見書」を提出する動議を提出しましたが、賛成少数により否決されました。
また、私は福祉医療委員会と、公社特別委員会の所属となりました。
いずれも初めての委員会ですので、しっかり勉強したいと思います。
さて、気が付いたら県庁の桜も満開です。
卒業式や入学式も控えめで、いつもと異なった春の季節ですが、また頑張りましょう!