[令和3年6月定例会]一般質問1日目


今日は10時から本会議、一般質問1日目です。
無所属県民会議からは岡村ゆり子県議(川口市)が登壇されました。
1 一時保護所の在り方について
2 離婚前後の支援と養育費確保について(福祉部長)
3 不妊症に関する性教育を更に行うべき(教育長)
4 多様性を認め合える学校教育に更に力を入れるべき(教育長)
5 ターゲット・バードゴルフの普及と推進について(県民生活部長)
6 様々な理由でマスクができない方がいることへの理解について(福祉部長)
7 公衆浴場法施行条例の男女の混浴年齢を引き下げるべき(保健医療部長)
8 屋内50メートル水泳場整備に向けて(県民生活部長)
特に、一時保護所の在り方についてと公衆浴場法施行条例の男女の混浴年齢についてが勉強になりました。
その後、急施案件で以下の補正予算等を審議しました。
○ 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止
・ 飲食店等に対する営業時間短縮要請等に伴う感染防止対策協力金の支給 269億3,579万3千円
・ 大規模施設等に対する営業時間短縮要請等に伴う感染防止対策協力金の支給 11億7,461万9千円
・ 彩の国「新しい生活様式」安心宣言飲食店+(プラス)等に係る現地確認 7,162万2千円
○ 新型コロナウイルスワクチン接種体制の強化
・ 個別接種促進に向けた医療機関への支援 71億7,033万3千円
・ 市町村の接種体制を補完する県集団接種会場の追加設置・運営 32億8,388万1千円
○ 生活に困っている人々への支援
・ 生活福祉資金特例貸付の受付期間延長に伴う助成 99億3,148万5千円
・ 新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金の支給 3億1,338万8千円
〇令和3年度 6月補正予算(追加)案の概要
すべて原案通り可決されました。
すべて終了したのは22時半頃でした。