[令和3年9月定例会]一般質問2日目


今日は10時から本会議、一般質問2日目です。
自民党、公明党、共産党より3人が登壇されました。取り上げられ主なテーマは以下の通りです。
■新型コロナウイルス感染症自宅療養者に対する県と市町村の連携について(知事)
(1)知事の対応について
(2)個人情報提供の枠組みについて
■抗体カクテル療法の実施体制の拡大について(知事)
■大規模PCR検査で命を守れ(知事、保健医療部長、福祉部長)
3人とも「医療的ケア児」への支援について訴えられていたのが印象的でした。
知事より、「正確な人数や必要なニーズを把握することは重要であり、関係機関と連携して、実態調査に着手する旨の趣旨の答弁があり、今後一定程度進展すると感じました。
合間には、オリンピック・パラリンピック議連や政調会打ち合わせが開かれました。
写真は会派控え室です。
それぞれの議員がご意見対応等、県民の皆さんからのお問い合わせやご相談に乗っています。