wpadmin のすべての投稿

保育士試験ー実技試験に合格!

週明けに保育士試験の実技試験の結果が届き、無事実技試験も合格し、最終合格できました!
これから、「保育士」として保育業務に従事する場合は都道府県へ登録しないといけないため、その手続きを行います。
緊張で自分でもわかるほど音程を外してしまった「音楽(ピアノを弾きながら歌う)」は39点/50点で、なんとか大きなミスなく話し終えた「素話(3歳児15人を想定した3分間のお話)」は、なんと48点/50点でした。
[素話(課題は「桃太郎」を選択)
・きっちり3分間で話をまとめた(十数秒余りました)
・オリジナルの原稿
・身振り手振りは要所要所でいれる
・桃太郎、おじいさん・おばあさん、犬・猿・キジの声色の使い分け
がよかったのかなと思います。

〈ご意見対応〉オリンピック通り(新曽南)で異臭がする

オリンピック通りを自転車で通勤しているという方から、「オリンピック通り(新曽南4丁目))の周辺が、29日の夜から30日朝にかけて異臭がする」とのご連絡がありました。
ご連絡を頂き、12時頃に私も現地に向かい周辺を確認してみましたが、特に異臭は感じられませんでしたが、ご意見者の方によると、時間帯によりこれまでの異臭がしたことがあるとのことでした。

私から市役所担当課に連絡し、現場確認をお願いしました。

皆さまも、不審なモノを見かけたり、普段と違う匂いなど感じたりすることがあれば、ご連絡ください。

〈お知らせ〉埼玉県内の飲食店の皆さまへ― 緊急事態措置に伴う協力金支給要件等変更のご案内

8月2日~8月31日までの間、埼玉県全域が緊急事態措置区域となることから、「埼玉県感染防止対策協力金」の支給額や支給要件等が変更となります。
ご確認をお願い致します。
緊急事態措置に伴い、要請期間が変更となります。
変更前:7月12日~8月22日
変更後:7月12日~8月31日
協力金第13期の早期給付については8/15まで受付中です。
◆申請期間
令和3年9月1日以降予定
埼玉県感染防止対策協力金(第13期)について―埼玉県HP

新型コロナウィルスワクチン接種1回目

今日は、新型コロナウィルスワクチンの1回目を接種してきました。
戸田市では7月9日までに、12歳以上の全世代の方へ接種券の発送が完了しています(今後は12歳に達した方に順次発送予定)。

打った痛み自体は一般的な注射と変わらず、その後15分間待機して問題なく帰宅し、夜になりました。
夕方くらいから、打った場所が痛く、肩から上にあげるのが痛むくらいですが、支障をきたす程度ではありません。

2回目の接種は約3週間後を予定しています。
比較的若い世代の女性に副反応が出やすいと聞いているため、万が一熱が出た場合などにそなえ、家族の都合の良い日時を選びました。

〇新型コロナウイルスワクチン接種予約について
https://www.city.toda.saitama.jp/…/wakutin-taisaku-list…

〈お知らせ〉日本聴力障害新聞にエッセイが掲載されました!

(一財)全日本ろうあ連盟様よりご依頼を頂き、機関紙「日本聴力障害新聞」にエッセイを掲載させていただきました。
高校生のときに手話に興味を持ったきっかけや、佐藤太信戸田市議会議員との出会い、市議会議員・県議会議員としての活動等、短い文章ではありますが、手話言語への想いを書かせていただきました。
こちらの新聞は、聞こえない方、聞こえない方の福祉・教育・労働などに関わる方々や機関、手話学習者・手話通訳者など幅広い方々等、読者は全国で約12,000人いらっしゃるとのことです。
想いが伝わればいいなと思います。
皆さんも、手話の勉強をしてみませんか?
〇日本聴力障害新聞2021年8月1日号

〈お知らせ〉ホームページを更新しました(2021年8月)

7月が駆け足をして過ぎ去ってしまいました。
あっという間に8月です。

夏休み中のママは大変ですね。
私も仕事、育児、家事と15分タイマーを使いながら、1日1日を乗り切っています。

新型コロナウィルス感染症対策と熱中症に気を付けて、過ごしてまいりましょう。

ホームページもぜひご覧ください。

〇こんの桃子ホームページ
https://konnomomoko.com/ 

〈ご意見対応〉感覚過敏でマスクがつけられない方のためのシールをワクチン接種会場に寄贈したい

県内の医療関係者の方から、口や耳周辺の触覚の過敏によりマスクの着用が困難な方々の意思表示として「マスクがつけられません」シールを全国のワクチン接種会場に配布できないか、というご相談がありました。

この件に関して、6月定例会でこちらを取り上げられた岡村ゆり子県議(川口市)を通して、県と協議致しました。
その結果、「県の接種会場での配布はできないが、障がい者交流センターや個々の障がい者施設、市町村への周知を行うことはできる」とのことですので、今後できることを連携していきたいと思います。

新型コロナウイルス感染症の拡大によりマスクを着けていることが当たり前の世の中となりましたが、病気や障がいなど様々な事情を抱え、マスクの着用ができない方々は多くいらっしゃいます。
このようなツールが必要な方に届くといいなと思います。

〈ご意見対応〉本町交差点の一方通行標識が掠れて見えにくい、また交差点に信号機が無く、危険だ

市内在住の方より、「戸田市本町の交差点にある一方通行の道路標識の色が薄く、奥まった場所に立っていて非常に見づらい。車が標識に気付かず侵入することが予想される。早急に対策を」というメッセージをいただきました。
現地を確認すると、確かに標識が掠れてほとんど見えなくなっています。
設置場所も一目では確認しにくいですね。
また、「上記の交差点には横断歩道があるも信号機が無い。道路交通法では『横断歩道がある信号機のない交差点では車両は必ず停車しなければならない』はずだが、走行車両がこちらの交差点で停車した様子を見たことがない。危険なため早急に警察のパトロール強化、もしくは歩行者用押しボタン信号の設置を」とのご意見もいただきました。
すぐに警察に連絡し、現場確認及び対応をお願いしました。
ただ、特に歩行者が渡ろうとしているときに車が停止しない点については、車を運転する側の意識の問題も大きく、難しいですね。
皆さんも、街中の危ない箇所等にお気づきの際は、どうぞご連絡ください。
その際は写真と現地の場所を教えていただけると助かります。

〈お知らせ〉埼玉県が8月2日より緊急事態措置区域に追加されます。

すでに報道されているように、埼玉県が8月2日より8月31日まで緊急事態措置区域に追加されます。
◆埼玉県における緊急事態措置に基づく協力要請について
(1)対象区域 全域
(2)実施期間 令和3年8月2日(月)から8月31日(火)まで
(3)まん延防止等重点措置等に基づく協力要請との主な変更点
【県民に対する要請】
・不要不急の帰省や旅行など県境をまたぐ移動は、極力控えること
・日中も含めた不要不急の外出・移動の自粛。特に、午後8時以降の外出を自粛すること
・外出する必要がある場合にも、極力家族や普段行動をともにしている仲間と少人数で、混雑している場所や時間を避けて行動すること
【施設の使用制限】
●飲食店に対する要請
・対象施設にカラオケ店を追加
・酒類提供又はカラオケ設備を使用する施設には休業を要請
・酒類提供及びカラオケ設備を使用しない施設(飲酒の機会を提供しないこと)には営業時間短縮を要請(午前5時から午後8時まで)
●結婚式場に対する要請
・酒類提供又はカラオケ設備を使用する施設には休業を要請
・酒類提供及びカラオケ設備を使用しない施設(飲酒の機会を提供しないこと)には営業時間短縮を要請(午前5時から午後8時まで)
・50人、又は収容定員の50%のいずれか小さい方での開催を要請
●劇場等に対する要請
・酒類提供及びカラオケ設備の使用をしないこと(飲酒の機会を提供しないこと)
・人数上限及び収容率等は上限5,000人かつ収容率50%以内
・ホテル又は旅館(集会の用に供する部分に限る)で結婚式を行う場合の開催時間及び人数上限は、結婚式場と同様の条件とする
●商業施設等に対する要請
・酒類提供及びカラオケ設備の使用をしないこと(飲酒の機会を提供しないこと)
【イベント等の開催制限】
・酒類提供及びカラオケ設備の使用をしないこと(飲酒の機会を提供しないこと)
・主催者は、参加者等の直行・直帰を確保するため、必要な周知・呼びかけを徹底すること
【事業者に対する要請】
・午後8時以降の不要不急の外出自粛を徹底することを踏まえ、事業継続に必要な場合を除き、午後8時以降の勤務を抑制すること
・人流抑制の観点から看板・ネオンサイン等(防犯対策上、必要なもの等を除く)の夜間消灯等を推奨
3 緊急事態宣言期間における教育関係の対応について
・各家庭で子供たちが「感染防止リーダー」となり、家族ぐるみの感染防止対策を実践する
・市町村教育委員会と連携して、広く県内全域での取組を推進する
・部活動の活動日数は週4日以内とし、全国大会やコンクール等に出場する場合を除き、県外での活動は禁止
・中学校における部活動について、市町村教育委員会に対し県立学校に準じた対応を要請する

ちびっこぼうけんひろば

今日は、こどもの国で開かれていた戸田遊び場・遊ぼう会の皆さんのちびっこぼうけんひろばに行ってきました。
コロナ禍でなかなか乳幼児の遊び場がないなか、このような戸田遊び場・遊ぼう会の皆さんの活動はとても有難いと実感しています。
道満プレーパークももちろん魅力的ですが、まだ乳幼児だと小学生と一緒では危なかったりしてしまう場面も多く、乳幼児に限定した外遊びの場は本当に助かっています。
実は結婚前の市議の頃に、この戸田遊び場・遊ぼう会の皆さんの取り組みが素晴らしいと思い、議会で提案したこともあります。
平成26年ですから、もう7年前になるんですね。
その時に戸田遊び場・遊ぼう会の皆さんに「金野さんも結婚してお子さんができたら、ぜひいらしてくださいね」と言われていたのが、数年後こうして夢が叶って嬉しいです。
◯ [平成26年9月議会]こどもの国で外遊びを!