wpadmin のすべての投稿

〈ご報告〉妊娠のご報告と産休規定の見直し

日頃より私の議員活動に対し、あたたかいご支援を賜り、誠にありがとうございます。
また、台風19号の被害に遭われた皆様に心からのお見舞いを申し上げます。

このような中、私事で誠に恐縮ですが、この度新しい命を授かりました。
出産予定日は12月で、おそらく12月定例会はお休みさせていただくことになるかと思います。
私の妊娠に伴い、11日の本会議において産休規定が見直されることとなり、翌12日の各新聞報道に掲載されました。
お問い合わせもいただいておりましたが、台風の接近や、まだ協議中だったこと等から、このタイミングでのご報告となったことをお詫び申し上げます。

埼玉県議会においては、これまで「出産」による欠席は認めてられておりましたが(会議規則第7条)、実際にこの規定が使われたことはなく、おそらく私が初の事例になるとのことです。

妊娠が分かってから、会派の方々にはご相談しており、岡代表、井上県議(議会運営委員会副委員長)、石川県議(議会運営委員会委員)、松坂県議(議会運営委員会委員)を始め、皆さんのお力添えをいただき、9月定例会において規則の確認・見直しを含めた協議を進めていただきました。

その結果、無所属県民会議からの提案に対し、他会派のご意見・ご了承をいただき、全会一致で下記の通り見直されることとなりました。

★本会議等を欠席することのできる「出産」という文言には、出産日当日だけではなく、母体保護の観点から産前6週間・産後8週間も含むこと。
★議員本人が「出産」する場合だけではなく、「出産補助」つまり配偶者の出産立ち会いも含むこと。
★さらには、「出産」だけではなく、「育児」「家族の介護・看護」を新たに追加すること。

これらは都道府県議会レベルでは、全国でも先進的な改正と言えると思います。
改正に向けてご尽力やご理解をくださった方々に、深く感謝申し上げます。

今後は、体調を見ながら活動を続けていきたいと思いますが、すぐには対応できないこともあるかと思いますので、ご理解を賜れれば幸いです。
選挙で付託を受けた議員が任期中に妊娠・出産することには様々なご意見があるかと思いますが、他会派の方々や何より有権者の皆さんのご理解をいただきながら、これからの女性議員が活動できる議会となるよう、また賜った一票のご期待に沿えるよう取り組んで参ります。

〈無所属県民会議〉台風19号による被害対策を求める緊急要請

台風19号に伴い、無所属県民会議は会派内に災害対策本部(本部長:平松大佑県議(新座市選出))を立ち上げ、各地域ごとの被害状況や必要な支援等を確認・調査しました。
これをもとに15日に、大野知事に対して「台風19号による被害対策を求める緊急要請」を提出しました。
皆さんから頂いたご意見も含まれています。
私は都合がつかず同席していませんので、提出した方のお写真をお借りました。

主なものは、各地域の県管理下の河川整備・排水機場整備に関するものの他、県内全域に関するものとして、ペット同伴避難、市町村への財政支援、避難行動要支援者への対応の統一化、市町村を超えた広域避難の在り方等です。

個人的には、今回の台風で「自助・共助・公助」を再認識しました。
特に台風のような事前に準備ができる災害に対して(地震はある程度予測できるとはいえ、台風等に比べれば突発的に起こります)、「自助」をしっかり固めないといけないと感じました。

私のもとにも「土のうが足りなくなったから持ってきてほしい」「避難所に毛布や食料が足りない」「避難しようと思ったら雨が強くなった。車椅子なので助けてほしい」「避難所運営に携わったが、皆がお客様のような感じだった」というような声があったと聞いています。
もちろん行政や政治は市民・県民の命を守る責務がありますが、要望のすべてに対応するのは事実上不可能です。
だからこそ、「自分の命は自分で守る」という自助の精神を常日頃から身に刻まなければならないと自戒も込めて感じました。

それらを踏まえ、今後、行政や政治が何をすべきかを考えたうえで、引き続き県と市に対して対策を求めていきます。

〈ご意見対応〉家の近くの妊娠している猫を保護してほしい

私の議員活動の中で一番多いのが「野良猫を保護してほしい」というご相談です。
今週も2件同様のご相談を頂きました。

今回は「ご自宅のお近くでお腹の大きな野良猫がいる。どうしたらいいか」というご相談です。
野良猫を助けたいといお気持ちは痛いほどわかるのですが、私自身も、私が応援している動物愛護団体の「とだニャン」も保護施設を持っておらず、引き取り・保護は行っておりません。
ですので、基本的にご自身で保護をしていただき、その後生まれた赤ちゃん猫をミルクボランティアさんや里親会で新しい里親さんを探すお手伝いをすることはできます。

野良猫を保護してほしいというご要望は非常に多いのですが、ご理解をいただければ幸いです。

※写真は今回ご相談頂いた猫とは別の猫です。

〈ご意見対応〉台風が来ているが家の近くで猫の声がするから保護しに来てほしい

台風19号のさなかに、笹目の方より「家の近くで猫の鳴き声がする。自分は猫アレルギーがあるため近づけない。募金もするので、至急連絡してほしい」とメールがありました。
台風が刻一刻と近づき、「命を守る行動を最優先に」と言われている中で、非常に悩みました。
どうしたものかと悩み、周囲に相談し、お断りしようと思っていましたが、その中で佐藤議員が「僕が行きます」と買って出てくれました。
ご相談をくださった方は、ご自身も外に出て一緒に探してくださったそうですが、結局見つからず、翌日改めて佐藤議員が探しに行ってくださいました。

台風の中、このように出かけていくことに賛否両論あることは承知していますが、実際問題としてこのようなご意見・ご相談が私たちのもとに来ているということを知っていただきたいと思います。

佐藤議員は市議会議員としてはもちろん福祉会会長として、また浅生議員は町会長として、矢澤議員は消防団の一員としてそれぞれ現場の最前線で地域のために尽力してくださいました。
その分、ネット上での情報発信はできていませんが、戸田の会メンバーの活動もぜひ知っていただきたいなと思います。

〈お知らせ〉戸田市・埼玉県の相談対応のお知らせとご意見・ご要望の募集

台風一過となり、市内の停電・通行止め等はすべて解消されたようです。
浸水等被害に遭われた方々に心からお見舞い申し上げます。
戸田市・埼玉県の相談対応をお知らせします。

●戸田市の相談対応
【10/13・14の対応】
台風第19号による
①床上浸水による家屋の消毒
②り災証明書の申請
③災害ごみの処理
について、相談を受け付けています。
【日時】10/13:午後4時まで、10/14:午前9時から午後4時まで。
【電話】048-441-1800 

●埼玉県
①生命に関する情報(避難情報の発令状況、避難所等の開設状況など)
②生活に関する情報(ライフライン、鉄道、道路など)
③被害の概要(人的被害、住家被害、河川・土砂状況など)
④気象情報(県内の注意報等の状況、土砂災害警戒情報など)
【場所】県民相談総合センター内(県庁第二庁舎1階)
【日時】電話番号:048-830-7830(9時から18時まで)
※ 13日(日曜日)及び14日(月曜日・祝日)は電話での対応となります。

合わせて今回の台風について、県や市に対するご意見・ご要望等をお聞かせください。
無所属県民会議としてご意見・ご要望を取りまとめ、後日県や市に対して提出したいと考えています。

台風19号市内状況

無所属県民会議会派内で災害対策本部が立ち上がったことを受け、父と市内状況を確認してきました。

笹目川、上戸田川、桜川など河川はあと数十cmから数メートルまで水位が上昇しています。
新曽消防本部交差点は私の膝下くらいまで冠水しています。
一部マンホールから水が吹き出していました。
市内3駅は全て運休でした。

新曽福祉センター内自主避難情報は数十名の方が避難をされていました。
消防団も見回りをしています。

皆さん、くれぐれもご注意ください。