〈ご意見対応〉入国管理について助けてほしい

レポート配布や駅頭活動で露出が多くなるにつれ、市民相談やご意見対応が比例して多くなります。
今日は市役所に市内在住の外国の方が、私のレポートを片手に「今日中に私に会いたい」といらっしゃり、急遽面会をしてご相談を受けました。
よくよくお話を伺うと、入国管理についてとてもお困りのようでした。

残念ながら私は戸田市の市議会議員ですので、入国管理について権限はないのですが、とてもお困りのようでしたので市と県にご相談したところ、埼玉県の国際交流協会にて外国人のための相談窓口があることが分かったので、お電話にてご相談しました。
戸田市でも国際交流協会はありますが、月曜日の今日はお休みだったことや内容が専門的であったため、専門家のいる埼玉県国際交流協会の相談が良いのではないとなり、そちらに予約を取りました。

〇公益財団法人埼玉県国際交流協会
http://sia1.jp/foreign/legal/

「飼い猫が逃げたから助けてほしい」
「就職のエントリーシートを見てほしい」
「入国管理について助けてほしい」
露出に伴い、多くのご意見が私のところに寄せられます。

私にできることとできないことはありますが、窓口をご案内したり、一緒に解決策を探したりすることはできます。
ただいま、3月議会準備と県政チャレンジの準備で慌ただしくしており、すぐに対応しかねる場合もありますので、ご理解を頂ければ幸いです。

 

 

〈ご意見対応〉成猫20匹の里親を探して欲しい

市内の方から、「個人で野良猫の保護活動をしてきたが、事情により活動の継続が難しくなった。成猫20匹の里親を探して欲しい」とご相談をいただきました。 成猫の里親を探すのは、とても難しいのですが、どなたかお心あたりのある方は、私までご連絡ください。 期限が約2か月後と時間もなく大変ですが、1匹からでも構いませんので、どうかよろしくお願いいたします。 この投稿のシェアもしていただけると助かります。

〈ご意見対応〉防犯灯を設置して欲しい

地域の方から「自宅の前が暗いので、防犯灯を設置して欲しい」とご意見をいただきました。
ご意見によると、以前は設置されていたものがなくなってしまったということです。

早速夜間に現場を確認しに行き、担当課に現地調査と設置の要否の検討をお願いいたしました。

防犯灯は意見をいただいたからすぐに設置できるわけではないのですが、現地調査を行い、必要な箇所への設置のお願いはできますので、暗いと感じる場所があれば、お気軽にお知らせください。

〈ご意見対応〉戸田駅前交通広場の完成予想図を教えて欲しい

戸田駅で駅頭中に「戸田駅前がどのように変わるのか分かりにくい」とご意見をいただきました。
早速担当課に駅前に何かお知らせする看板などを立てられないかご相談したところ、菅原市長から既に指示があり、近い内に設置する予定である旨を教えていただきました。

少しお知らせするのが遅くなりましたが、先日から戸田駅前交通広場の完成予想図の看板が設置されています。
戸田駅も少しずつきれいになりますね!

駅頭中に市長や私に声をかけてくださった方に「ご意見をくださり、すぐに設置しましたよ」とお伝えしたいなと思います。

〈ご意見対応〉迷い人が見つかったことの周知徹底

市内で子育て中のお母さんから「11日に市内で行方不明になった男の子が見つかったのか心配だ」と教えていただきました。
確かにtocoぷりに11日に市内の男の子の所在がわからなくなっているとのお知らせがあります。
迷い人が見つかった場合はお知らせされているはずなので、まだ見つかっていないのかと心配になり担当課に確認したところ、既に無事発見されていることが確認できました
そのため、tocoぷりにおいても無事発見された旨をお知らせできないか担当課に対応をお願いし、即時対応していただきました。
 

迷い人のお知らせは、心配されている方も多いと思いますので、無事見つかった場合は今後もきちんとお知らせがあれば心配されている方も安心できると思います。

ご担当の方、ありがとうございました。

 

 

〈ご意見対応〉入管法改正に伴い、戸田市の外国人の受け入れの取組みについて教えてほしい

市内で熱心に地域活動に取り組んでいらっしゃる方から「地域で外国人の受け入れ活動もしている。入管法改正に伴い、戸田市での取り組みを教えてほしい。」とのご相談を頂きました。
私もご意見をきっかけに少し勉強をし、担当課にヒアリングをしたところ、現在国で大きな方針が示された段階で、具体的な措置はまだ詳細が決まっておらず、今後の国の動向に合わせて検討するようでした。
また、あわせて戸田市では来年度から「多文化共生推進計画」が策定され、現在パブリックコメントを受け付けています。

外国人との共生にご関心のある皆さん、ぜひパブリックコメントにもご意見をお聞かせください。

〇戸田市多文化共生推進計画(案)パブリック・コメント(2019年(平成31年)1月8日(火曜)から2019年(平成31年)2月6日(水曜)まで)
https://www.city.toda.saitama.jp/site/pub/syomu-pub-183.html

〈ご意見対応〉戸田競艇キッズパークが高すぎて集客が減る。何のために作ったのか。

市内の方から「戸田競艇キッズパークが高すぎる。余計競艇に行く機会がなくなる。何のために作ったのかわからない。市議会では監督しないのか。余計衰退する。」というご意見を頂きました。
戸田競艇キッズパークというのは、先日私もお知らせしたボーネルンド社のキドキドというキッズパークです。
〇戸田競艇企業団議会ーボーネルンドが戸田に来る!
https://konnomomoko.com/activity-report/assembly/18286/

確かにおっしゃる通り私も当初は高いと感じ、何のために作った施設なのか疑問に思いました。
けれども、議会で詳細の説明をお伺いしたところ、ボーネルンド社のキドキドというキッズパークは、とても人気のある施設で、近隣市での同施設での金額設計からすれば戸田競艇の金額設定は決して高くないと感じています。
戸田市では、平日1日300円、土日70分300円ですが、一番近いさいたま新都心コクーンの同施設は、30分600円でそこから10分ごとの追加料金100円となり、70分1000円となります。
この金額であっても市内外から多くの親子連れで連日賑わっているとのことです。

ボーネルンド社は戸田競艇を皮切りに全国展開をしていきたいようで、他施設である程度の金額設計を取っている以上、戸田競艇でもこの金額設計でいくことは理解しているところです。
2月8日からオープンとのことですので、ぜひ一度ご来場なさってみていただきたいと思います。

〇【全国初、ボートレース場に常設ボーネルンド社様の遊び場を設置します】
https://www.facebook.com/fumihitosugawara/posts/2060134450732662

〈ご意見対応〉道満グリーンパークの野良猫を保護してほしい

都内の方から、「彩湖グリーンパークに捨て猫と思われる野良猫がいる。自分は賃貸マンションで連れて帰れない。勝手なお願いだが、保護してもらえないか」というメールをいただきました。
地域猫活動(TNR活動、里親会)は私が特に力を入れている活動の一つで、市議として活動をするなかで、とても多くのご意見を頂く分野です。
恫喝まがいの言葉を浴びせられることもあれば、今回のように「捨て猫・野良猫・子猫を保護してほしい」というご相談もとても多いです。
そのたびに警察署等に引き取りに行ったり、動物愛護団体にお願いして里親さんを探して頂いたりしていますが、私個人として、また動物愛護団体として、野良猫の引き取りはしていません。
あくまで個人としてできる範囲で活動しているだけです。

野良猫の保護施設があればいいのでしょうが、現実問題として今できることには限りがあります。
お断りするのも非常に心苦しいのですが、野良猫の引き取りはお受けできませんので、ご理解をいただければ幸いです。
今後もTNR活動や里親会を通して、1匹1匹救っていきたいと思います。

※写真は市内の別の場所の猫です。

〈ご意見対応〉「子ども子育て支援事業計画ニーズ調査」について教えてほしい。

市内の子育て事業者の方から「9月議会の議会だよりに『戸田市子ども・子育て支援事業計画ニーズ調査』とあるが、これはどういったものか」とお問い合わせがありました
担当課に確認したところ、無作為抽出の小学生約1500世帯、中学生約2500世帯、合計4000世帯を対象に、子育てサービス等のニーズを調査したもののようです。
今後、年度末にかけて回答をまとめて、児童福祉審議会にはかり、次期子ども子育て支援事業計画に反映させていくとのことでした。

事業内容等については、私宛でも構いませんが、担当課に直接お問い合わせになった方が正確かつ詳細であることも多いので、直接お問い合わせください。

◯児童福祉審議会
https://www.city.toda.saitama.jp/soshiki/251/kodomokatei-singikai.html

〈ご意見対応〉個人で野良猫の避妊去勢手術を行っているので、補助金を出してほしい

会派宛に、「個人で野良猫の避妊去勢手術をしている。現状の地域活動は団体を対象としており、その団体もあまり活動をしていない。個人を対象とした補助金を新設してほしい」とご意見が届きました。
お話を伺うと、市内で個人で数年前より熱心に野良猫の避妊去勢手術をなさっているようでした。

殺処分ゼロ、地域猫活動は私も熱心に取り組んでいる政策のひとつであり、何度も議会で取り上げ、その成果もあり、平成27年度から3か年県補助金を活用して活動が始まり、平成30年度から3か年市民活動サポート補助金を活用して活動を継続し、その後県補助金を活用して市独自の補助金を現在検討中です。
補助金という性格上、個人を対象とするか団体を対象とするか、また本来は飼い主が負担すべき飼い猫の手術費を野良猫と偽ることの防止策などを検討しているところです。

◯[平成28年3月議会]一般質問ー動物愛護条例 ”取り締まるもの”から”愛護し適正管理するもの”へ
https://konnomomoko.com/activity-report/assembly/9416/
◯[平成30年6月議会]一般質問①-地域猫活動につい
https://konnomomoko.com/activity-report/assembly/16941/

愛護団体が熱心に活動していないということでしたが、私の知る限りではとても熱心に活動なさっているため、こちらと連携をとれないか、あるいは個人を対象とする補助金についても考えたいと思います。