〈ご意見対応〉美女木6丁目(北)交差点に歩行者用信号機を付けてほしい

浅生市議から「美女木6丁目(北)交差点に歩行者用信号機を付けてほしい」とご要望を頂きました。
「信号機はあるもの、信号機が上にあり、横断歩道からずれたところにあるため、信号機を確認しづらい」とのことで、私も県庁に行く際に通る道なので、確かご指摘の通り、T字路ということもあり、子どもたちにとっては見づらいですね。
地域で子どもの通学の見守り活動等に取り組んでいらっしゃるからのご意見だと思いました。
さっそく警察に歩行者用信号の要望をしました。

私が市政から県政に転出したことで、志を同じくする市議会議員の皆さんとこのように日々連携ができることは嬉しく思うととともに、戸田市と埼玉県とのつなぎ役としてお役に立てるよう引き続き頑張る思いです。

〈ご意見対応〉レポートを読んだが、予算だけしか書いていなくてコロナ対策について書かないのはおかしい

事務所宛に「レポートを読んだが、予算だけしか書いていない。新型コロナウィルス対策について書かないのはおかしい。コロナで国民がこれだけ不安を抱えている中、県議としての適性を疑う」とお電話を頂きました。
予算特大号を作成した段階で、このようなご意見を頂くことは想定していましたので、改めてお知らせいたします。

現在、2020年4月に発行した令和2年2月議会報告号と、その後5月に発行した令和2年度埼玉県予算特大号をお配りしています。
おそらくご覧になったものは予算特大号かと思いますが、コロナ対策については第31号に記載しています。
あわせて、新型コロナウィルス感染症対策については、1500億円を超える多額の補正予算を現在開会中の6月定例会にて審議しています。
閉会日である7月3日に議決されますので、その後新型コロナウィルス感染症対策をまとめたレポートを発行予定しており、もう少々お待ちいただければ幸いです。

〇こんの桃子レポート
https://konnomomoko.com/report/

〈ご意見対応〉笹目2丁目地域が浸水する

地域の方より、「笹目2丁目地域が大雨時に浸水して大変だ」とご相談を頂いておりました。
浸水対策については、私も市議会議員の頃から何度も議会で取り上げている戸田市の抱える大きな行政課題です。

〇[平成30年12月議会]一般質問ー冠水・浸水対策を!
https://konnomomoko.com/activity-report/assembly/18318/

この中で具体的な箇所として取り上げていた笹目2丁目地域について、この度、浸水対策工事が始まりました。
道路にマンホールを設け、その底に排水ポンプを2台設置して、笹目川に通じる管きょに水を吐き出すものです。
排水ポンプ1台の排水能力は1分間に5トンですので、2台で10トンの水を吐き出すことができます。
予算総額は約6300万円です。

地域の方にとっては非常に困っていた浸水被害について、少しでも改善されるよう切に願っています。

〈ご意見対応〉東京都のベビーシッター利用支援事業を埼玉県でも導入してほしいー公費負担分を「雑所得」とみなされる仕組み

市内の子育て世代と共働き世帯の女性から、「新型コロナウィルス感染症対策で保育園が休園となり、夫婦交互で通勤・テレワークをしたが、仕事をしながら子供を見るのは難しい。東京都で行われているベビーシッター利用支援事業を埼玉県でも導入してほしい」とメールを頂きました。
ベビーシッターについては、私自身が産後8週で仕事復帰し、赤ちゃんと一緒に議会に登庁した際に利用したことがあります。
その際、東京都ではベビーシッター利用支援事業というものがあり、150円/1時間で利用できるため、いいなと思っていました。

〇東京都福祉保健局ーベビーシッター利用支援事業(令和2年度)
https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/…/…/bs2nendo.html

今回、新型コロナウィルス感染症対策の一環として、東京都ではベビーシッターの利用支援を進め、保育園が休園となっている家庭等も利用できるよう拡大したそうです。
埼玉県でも同様のサービスがあるか県担当課に確認したところ、やはり現状では同様のサービスはなく、今後実施の予定もないようです。

それならばと県でも導入を提案していきたいと考えたのですが、調べていくと、このベビーシッター利用支援事業にはカラクリがあることがわかりました。

東京都のヒアリングによれば、平成30年度の利用者は事業開始が12月だったこともあり数人程度、平成31年度は約290人で予算が約2億円だったそうです。
思っていたより少ないなという印象です。
令和2年度は約8億円の予算を計上しているとのことです。
そもそも同サービスは、待機児童対策の一環として、保育園に入れなかった子どもに平日朝から夜までベビーシッターに保育をしてもらうという事業です。
こんなに便利なサービスが150円/1時間という安価な料金にもかかわず、あまり使われていないのはなぜか。
それはその料金の仕組みに理由があります。

つまり、ベビーシッターは通常2000円~3000円程度/1時間しますが、その差額分(上限2250円/1時間)を公費負担しているのですが、それを「雑所得」としてみなされ、所得税や住民税あるいは扶養の査定にカウントされるからです。
公費で負担してもらった金額[(上限2250円/時間×8時間=18000円/1日)×利用日数]を「雑所得」とみなされ、その分所得税や住民税が高くなるという仕組みです。
このことはホームページ等でも周知されています。
〇事業の利用に伴い、確定申告により課税されることとなる税額の目安
https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/…/zeigakumoderu.…

実は保育園で子どもを預かってもらう場合も同様に公費負担はあり、もっとも費用のかかる0歳児の場合、戸田市では1か月約26万4000円がかかるものの、国県市が大部分(75%)を公費負担する結果、保護者は7600円から66000円(収入によります)で済んでいるのです。
しかし、保育園で子どもを預かってもらう場合は、この公費負担について「雑所得」とみなされ、所得税や住民税が高くなったり扶養から外れることはありません。
その理由は、「子ども子育て支援法」で保育サービス(施設型給付)は「給付」と定めだれているからです。つまり、「給付=あげる」ということです。
ベビーシッターは同法で「給付」となっていないため、「雑所得」としてみなされるというわけです。
ちなみにこれを「給付」にしてほしいと東京都に訴えたとしても、法律で決まっているため国の法律を変える必要があるため、東京都ではどうしようもできません。

このようなカラクリが分かると、なぜ東京都で広がっていないか、また導入を推進する際考慮しなければなりませんね。
と、ここまで考え埼玉県や戸田市で何か第対策となる行政サービスはないかを考えており、そちらのルートも提案していきたいと思います。

〈ご意見対応〉新型コロナウィルス感染症の影響で打撃を受けているNPO法人にも支援をしてほしい

市内でNPO法人を運営している方から、「新型コロナウィルス感染症の影響で打撃を受けているのは企業だけではなくNPO法人も同様であるが、現在の支援対象からは除外されている。NPO法人にも支援対象に含めて欲しい」とのご意見を伺いました。
会派「無所属県民会議」でも、他市町村において同様の声が上がっていると耳にし、井上航県議(和光市選出)を中心に会派として、支援対象にNPO法人も含めてほしいと要望をして参りました。
その後、25日に埼玉県としてもNPO活動サポート事業(緊急応援枠)として10万円が助成される事が決定されました。

県としても大きな決断だったと思いますが、迅速な対応を嬉しく思います。

〈ご意見対応〉戸田公園西口ロータリーのバス停留所が雨漏りをしている

市内の方から「戸田公園西口ロータリーのバスの待合所が雨漏りをしているので、修繕してほしい」とのご意見をいただきました。
私もよく使うバスの待合所ですが、確かに雨漏りしていて雨の日はバスを待つ人の行列に直撃しています。

数年前にも同様のご意見があり、雨のつたい部分に枯葉が詰まっていたため清掃していただいた経緯がありますが、また詰まってしまったのか今も雨漏りしているようです。

私から担当課に点検をお願いし、今度雨漏りの様子を確認してくださることとなりました。

〈ご意見対応〉根木橋交差点に歩行者用信号をつけてほしい

レポートやFacebook等で信号機等の設置を求めた件をお知らせすると、「ここにも設置してほしい」と新たな要望いただくことが多いです。
新たに氷川町の根木橋交差点に歩行者用信号をつけてほしいとのご意見をいただきました。

現地を確認したところ、近くにスーパーマーケットがありご家族連れの往来も多い場所ですが、東西南北いずれにも歩行者用信号がありません。

信号機等の設置は警察の所管で、県内の緊急性の高いところから設置をするとのことで、すぐに設置していただける見込みは高くはないのですが(これまで約7年間多くの要望を上げましたが、信号機については残念ながら一件も設置していただいた事はありません)、私から警察に対し歩行者用信号機等の設置を要望しました。

信号機の設置が難しいのはわかりますが、せめて検討状況等が公表されればいいのではないかと思います。

〈ご意見対応〉アベノマスクが届かない。戸田市にいつ届くのか。

市内の方から「アベノマスクが届かない。いつ届くのか」とのメールを頂きました。政府が配布する布マスクについては、私も詳細を把握しておらず、厚生労働省によれば、埼玉県は現在配布中で、感染者数が多い都道府県から順に配布するので、地域によって配布の時期が異なるとのことです。

〇厚生労働省ー布製マスクの都道府県別全戸配布状況
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/mask.html
ーーー
布マスクの全戸配布に関する電話相談窓口
0120-551-299 (9~18時:土日・祝日も実施)

〈ご意見対応〉埼玉県・戸田市の学校再開に向けた指針等を示すのが遅い

市内の子育て中の女性から「他県や他市では学校再開に向けた指針等が示されているが、埼玉県・戸田市では示されていない。知事や市長は何をしているのだ」とメールを頂きました。
埼玉県教育委員会と戸田市教育委員会に確認したところ、埼玉県では、22日に学校再開に向けた対応を公表しています。

〇埼玉県教育委員会
https://www.pref.saitama.lg.jp/e2201/coronavirus/index.html…
〈参考〉
〇文部科学省
https://www.mext.go.jp/a_menu/coronavirus/mext_00020.html

また、戸田市教育委員会についても、現在検討中とのことです。
〇戸田市役所ー新型コロナウイルスの対応について
https://www.city.toda.saitama.jp/…/…/hisyo-coronavirus.html…

ご意見の本筋とは異なりますが、今回のコロナウィルス感染症対策について政治家の力量(特にトップ)が支援の早さや対応に大きく表れたと思います。
中には批判するもの多く、例えば地元の飲食店でテイクアウトをした投稿などについて「贅沢だ」「緊急時に能天気だ」「税金で給与を得ているのに不愉快」といったような批判もあると聞いています。
実際、私宛にもそのようなご意見を頂いています。

確かにそのように感じるのもわかりますが、テイクアウトをすることで誰かの支援につながっていること、つまり政治家はたくさんの方からの要望に多面的に応えていることが多いので、自分との関係で支援にならなくても、誰かとの関係で支援につながっているということを想像していただけたらいいなと思っています。