〈ご意見対応〉上下水道の料金未払い案件が多く起きているのなら、広く公開してほしい

以前、ご意見対応の一つとして「下水道課の職員が料金未払いのため自宅に来て署名を求めたが、詐欺ではないか」という案件に対応しました。
その後、更に調査をしてみると、下水道料金の未払いは、市や居住者の不備ではなく、事業者側の不備によるものがわかりました。
ご意見をくださった方は、このような案件があったことを広く公開してほしいとおっしゃっていましたが、個別の案件であることやご意見をくださった方がそもそも匿名希望で連絡先も不明であるため、代わりにこちらにて対応をお知らせいたします。

下水道料金の未払い等はデリケートな問題でもありますので、事業者の方には不備のないよう対応していただきたいと思います。

〇〈ご意見対応〉下水道課の職員が料金未払いのため自宅に来て署名を求めたが、詐欺ではないか
https://konnomomoko.com/petition/17898/

〈ご意見対応〉建築中のマンションの「建築計画のお知らせ」看板がルールを守っていない

市内の方から「近隣に建築中のマンションの『建築計画のお知らせ』看板は本来地面から約1メートル上に掲示しなければならないが、地面のすぐ上に掲示してあり、是正すべき」というご意見を頂きました。
このマンションについてはその他色々と課題を聞いているなかの1つです。

確かに市の規約等ルールを調べてみると、「建築計画のお知らせ」看板は、可能な限り地面から約1メートル上に掲示することが求められていますが、現場を確認すると、特段支障がなさそうに見えるにもかかわらず、地面のすぐ上に掲示してありました。
些細なことではありますが、地元住民の皆さんとの信頼関係を築くためには大切なことと考え、担当課を通してルール通り、地面から約1メートル上に掲示していただけないかお願いしました。

その後現場を確認したところ、ルール通り、地面から約1メートル上に掲示し直されていました。
同じ構図で撮っていないのでわかりづらいですが、看板が上の方に上がっています。

担当課の方、事業者の方、迅速なご対応をありがとうございます。

〈ご意見対応〉新曽の排水溝から悪臭がして、蚊が発生している

新曽の方より「排水溝から悪臭がして、蚊が発生している」とご相談を頂きました。
戸田市では、時々暗渠や排水溝等から悪臭がして、蚊が発生していると聞いています。
私もよく行く場所で、確かに悪臭や蚊が発生してもおかしくない場所です。

さっそく担当課にお願いし、現地確認後、清掃していただくことになりました。
担当課の皆さん、どうもありがとうございます。

〈ご意見対応〉風疹ワクチンの助成をしてほしい

最近報道にあるように、風疹が流行の兆しを見せており、市内の方から「風疹ワクチンの抗体検査は無料でも、1万円近いワクチンの負担は厳しい。助成金をお願いしたい」とご意見をいただきました。

風疹ワクチンの助成については、平成25年に風疹が大流行した際、戸田市としてもワクチン代を助成した経緯があります。
その際は、単体接種で3000円、麻疹・風疹接種で5000円の助成を行い、合計849人に総額約390万円の助成を行ったとのことです。
今年も風疹が流行の兆しを見せており、その予防対策が求められていると感じています。
担当課に確認したところ、「風疹の流行状況と近隣自治体の助成状況を注視し、検討する」とのことでした。
私たちとしても引き続き、状況を把握し、対応を求めて参りたいと思います。

〈ご意見対応〉戸田東小中学校通学路での事故について情報がなく不安だ

戸田東小中学校の通学路に「『車と子どもが衝突する事故が発生した。目撃者を探している』という看板があるが、その詳細を学校から聞いておらず不安だ」とご意見を頂きました。

ご意見をくださった方から頂いた看板の写真を見ると、確かに「車と子どもの事故が発生しました。目撃者を探しています」と書いてあり、これだけを見ると、通学路の場所に、通学時間帯であることもあり、ひき逃げ事案なのか、子どもは軽傷なのか重傷なのかと不安が募ります。
教育委員会に確認したところ、事故自体は、子どもの体の一部に自動車が触れたもので重症事案ではないとのことでしたので、PTA等で機会をとらえて保護者の皆さんにお知らせいただくようお願いしました。

〈ご意見対応〉市内の浸水・冠水対策をどうにかしてほしい

市内の多くの方から「市内の浸水・冠水対策をどうにかしてほしい」とご意見をいただいています。
ご意見をいただいた箇所をまとめて、今日担当課にヒアリングと要望に行ってきました。

・新曽消防署交差点周辺
・新曽小学校バスケットコート周辺
・戸田駅周辺
・戸田公園駅周辺
・笹目2丁目周辺
・芦原交差点周辺
などです。

担当課に詳しく聞くと、一ヶ所一ヶ所浸水の原因も違うようで、その原因を解消する必要があり、排水溝の清掃などでできる場合から、場合によっては多額の費用が必要な場合もあるようです。
市だけではできずに、県や国に要望しないといけないものもあったり、満潮干潮にも影響を受けたりするそうです。

市も問題意識は持っており、一つ一つ取り組んでいることもわかりました。
「いつも道路を掘っている」なんて言われたりしていますが、治水のための工事であることも多いのですね。

もう少し調査・検討を深めて、引き続き対策をお願いしたいと思います。

担当課の皆さん、どうもありがとうございます。

戸田市のマンホールカードもありますし、ぜひ皆さん新曽南庁舎にご注目を!

〈ご意見対応〉戸田東小・中学校建て替え説明会での問い合わせ先がわからない

先日、会派駅頭活動中に、戸田東小・中学校にお子さんを通わせている保護者の方から、「戸田東小・中学校建て替え説明会での問い合わせ先がわからない。明記するべきだ。」とご意見を頂きました。
確かに、説明会には教育委員会、学校、工事関係者等が出席され、それぞれ説明できることが異なりますし、説明会資料等には問い合わせ先等が明記されていません。
以前の私の一般質問で、ご意見・ご不明点等の問い合わせ先は教育委員会(総務課)となることを確認しており、先日の説明会でも口頭で、問い合わせ先は教育委員会(総務課)となることを参加者の皆さんにご説明されたようです

今後、資料等についても、問い合わせ先が教育委員会(総務課)であることを明記していただくよう、私から教育委員会にお願いしました。
今後は明記していただけるものと思います。

〈ご意見対応〉中央図書館の閉館に伴い、芦原小内に配本所を作ってほしい

先日の北戸田駅での駅頭活動中に、芦原小にお子さんを通わせている保護者の方から「中央と図書館の閉館に伴い、芦原小の子どもたちは本を借りるために新曽福祉センターまでいかなければならないが、学区外のため一人ではいけない。芦原小に配本所を作ってほしい」とご意見を頂きました。
ご連絡先が分からないため、こちらにてその後の対応をお知らせいたします。

確かに、中央図書館の長期休館に伴い、代わりに新曽配本所で本の貸し出しを行っており、芦原小学校から新曽配本所までは学区外になります。
以前議会で中央図書館の休館に伴い臨時自習室を作ってほしいと要望し、新曽福祉センター等とあわせて、芦原小の生涯学習施設にも臨時自習室を開設していただいています
そこに配本所を併設できないか、担当課に聞いてみたところ、配本所を設置する際に、芦原小内にも検討をしたが、常設の場所や人員確保が難しく開設に至らなかったとのことです。
また、気になって調べてみたのですが、市内12校すべての小学校で学区内に図書館があるわけではないようです。

小学生にとって学区というのは大切なものですし、すべての小学校学区内に図書館があるのがベストですが、現実的には難しいのかもしれないと感じました。

 

 

〈ご意見対応〉戸田市は県内でも一番若い市だが、もっとお年寄りの要望を聞き安価なサービスを提供してほしい

市内の方から、「戸田市は県内でも一番若い市で子育て支援等に積極的だが、もっとお年寄りの要望を聞き安価なサービスを提供してほしい」とメールをいただきました。
確かに戸田市は市民の平均年齢が約40歳と県内で一番若く、保育所増園を始め、積極的に子育て支援を行っています。
他方で、ご意見の通り、今は相対的な高齢化率は低くても、裏を返せば今度急速な高齢化が進むことが予想されています。

私が子供の頃は、人口は約7,8万人程度で約300億円の予算(かつ約40億円の競艇配分金もあった時代)で行政サービスを行っていたものを、急速な人口増加のもと、今では人口が約14万人で、約500億円の予算で行政サービスを行う必要があります。
子育て支援、教育、社会保障、高齢者福祉、障がい福祉、防犯防災、インフラ整備と基礎自治体が担う行政サービスは多岐にわたり、そのなかで未来を見据えて「選択と集中」をしていかなければならないと考えています。

〈ご意見対応〉広報誌が重たい

町会で班長をしている方から「今月号(10月1日号)がページ数が重くて配るのが大変だった。30軒分で約8kgあり、高齢の班長には大変な労力だ。配る側の苦労も考えて編集してほしい」とメールを頂きました。

これは実に心の痛むご意見でした。
戸田市では、現状月2回の広報誌を基本的に町会に依頼して配布していただいています。
その分様々な町会へのフォローもしていますが、やはり町会のご負担の中でよく話題にあがるのが広報誌の配布です
他市では民間業者やシルバー人材センター等に委託していることもあるようですが、戸田市は町会側の意見でいまだ町会配布を希望する町会が多いようで、このままの状態です。

議会や市へのご意見でも、よく「周知徹底を」「広報に載せてはどうか」と聞きます。
反対に「我が家に・自分のマンションに広報が入っていない」とお叱りの声も聞きます。
また、広報のページ割り振りも各部課でそれぞれ載せたいものがあり、調整に非常に苦労しているとも聞いたことがあります。
今月号はゴミの出し方や商工祭等各種お祭り、公共施設の冊子等、重要なものが多く、確かに1冊だけでも結構重たいです。

個人的には、すべて外部委託をしてしまうのが公平かつ町会の方の負担軽減につながるように思いますが、長年この状況であることを見ると、そんなに簡単な問題ではないのでしょう。

ご意見をくださった方のご返信で、「苦労して配った広報が捨てられているのを見ると切なくなる」と添えられていました。
その一言は身につまされる思いがしました。

広報について皆さんにもぜひ関心を持っていただきたい、そんな思いで記事を投稿します。