〈ご意見対応〉視覚障がいがあるが、白線が消えて見えにくい


酒井市議から「地元の上戸田地域の視覚障がいのある方から、『白線を頼りに道を歩いているが、白線が消えて見えにくい』とご相談があった。改善できないか」とご相談をいただきました。
現地を確認してみると、県道と市道が交差する交差点で、横断歩道もあります。
市民の目線で見るとどれも「同じ白線」ですが、行政の目線で見ると、県道に引いてある白線は「埼玉県」の所管、市道に引いてある白線は「戸田市」の所管、交差点内にある横断歩道は「警察」の所管になるそうです。
このあたりが縦割り行政と言われる所以ですね。
そのため、三者にそれぞれ修繕をお願いし、一部塗り直しをしていただきました。