〈ご意見対応〉残された地域猫に虐待行為が行われている


さいたま市在住で地域猫ボランティア活動をしている方より、「町会間で地域猫活動に対する理解が得られず、嫌がらせも受け引っ越した。残された地域猫たちが心配。」というメールをいただきました。
元々野良猫が多くいた地域にお住まいという事で、他の町会の住民の方による猫除け対策が、虐待行為として日常化しているということです。
毒餌を撒く人もいる等、過激な内容も伺いました。
もし、おっしゃっていることが事実であれば、動物除けの為に毒餌を撒くという行為は犯罪です。
警察にはすでに通報済みという事で、種々ご相談に乗りました。
動物愛護政策や地域猫活動は私が力を入れている政策の一つですが、私自身も、私が応援している動物愛護団体も保護施設を持ってはおらず、猫たちの保護・引き取りは行っていません。
皆さんももし身の回りの動物虐待、または虐待のおそれのあるものにお気づきの際は、ご連絡ください。
何かお力になれないか、一緒に考えていきたいと思います。