[平成28年6月議会]一般質問-人口について②保育所について


[平成28年6月議会]一般質問-人口について②保育所について

保育所についてはこれまで複数回取り上げました。特に、今回は今年初めての3ケタとなった待機児童問題対策と、保育所新設だけではなく一時保育の充実や幼稚園の預かり保育の拡充などを求めました。

◆保育所
こんの 待機児童の現状は。2013年に市長が「2014年に向けて待機児童をなくす」旨の待機児童ゼロ宣言をしているが、実際にはゼロになっていない。今改めてゼロ宣言を。また、待機児童対策には一時保育の充実や幼稚園との連携を進めてほしい。

こども青少年部長 待機児童は106人。待機児童緊急対策本部・対策室を設置し市独自の具体的計画を早急に策定し、受け入れ拡大を順次実施する。一時保育は就労等を「週3日」から「平均週3日(月12日以内)」へ緩和、裁判員裁判、自治体審議会等への参加を対象として新たに追加、リーフレットも利用項目を整理し刷新した。今後利用別の一覧表・データを活用し、制度改善に活かす。幼稚園の連携は、預かり保育の拡充を図るほか、幼稚園に積極的に働きかけて参る。

[こんのコメント]
戸田市は一気に若い世代が増え、市は毎年保育園を何園も新設しても追いついていません。一時保育の拡充も3月議会で提案し6月中には実施してくださいました。受け皿を増やせばその分希望者も増え、市の努力もわかるゆえに難しい問題です。特に若い世代の流入と共働き希望世帯の増加が要因のようですが、今回の緊急対策本部も含め、今後の市の対応をきちんと確認して参ります。