6月1日から、市内小中学校で分散登校が始まります。

午前11時台など、これまで登下校していなかった時間帯に子どもたちが市内を登下校することになります。
自動車を運転する方はもちろん、子どもを学校に通わせていない皆さんにも広く知っていただくことは大切だと思います。
このような投稿を市全体としてお知らせしてほしいと思います。

県庁ー新事業ヒアリング

今日は県庁で県事業についてヒアリングを行いました。
戸田市議会では基本的に年4回の議会で希望者全員が一般質問をできましたが、埼玉県議会では会派割り振りのため一般質問をできる回数が限られています。
私は9月議会での登壇を予定しており、少しずつ準備を始めています。

今日は、プッシュ型中小企業支援などの創業支援についてヒアリングを行いました。
新たな知識を得て、皆さんからのご意見を届け、改善が必要なところはないか意見交換をし、とても勉強になりました。
議員の仕事には、本会議での上程された議案調査はもちろんのこと、ご意見対応や行事への出席など様々ありますが、日頃の主体的な県事業の勉強はやはり大切ですね。

引き続き、勉強を続けて参ります。

〈お知らせ〉NPO活動サポート事業【緊急応援枠】の詳細が発表されました。

先日お伝えしたNPO活動サポート事業【緊急応援枠】ですが、下記の通り詳細が発表されました。

◆応募受付は、2020年6月1日(月曜日)に開始します。
◆募集締切は、2020年6月22日(月曜日)です。

期間が短いので、どうぞお気をつけください。

〇NPOコバトンびん
http://www.saitamaken-npo.net/…/…/R2katsudo_kinkyuouen.html…

〇NHK-NPO法人なども「支援金」対象に 埼玉県に要望書提出(2020年5月20日 18時34分)
https://www3.nhk.or.jp/n…/html/20200520/k10012437791000.html

〈お知らせ〉新型コロナウィルス感染症対策の「地方創生臨時給付交付金」陳情活動

戸田市長が、県内の地方交付税不交付団体(戸田市、和光市、八潮市、三芳町)として県内選出国会議員の方々に陳情活動を行ったとのことです。
記事によると、臨時交付金は財政力によって交付額が決定するところ、戸田市のように財政力が高い自治体では交付金が低く算定されてしまうようです(戸田市は1,081円と県内最低額)。
平時であれば、財政力による配分差がある程度傾斜配分されるのは許容できるものの、新型コロナウィルス感染症については、人の密集する県南部で感染拡大が懸念され、財源の必要性が高い都市部にこそ配分を厚くする必要があるというものです。

この視点にはハッと気づかされました。
平時の合理性が必ずしも緊急時(感染症対策)では当てはまらないのですね。
どうか国会議員の方々からもお力添えを頂き、見直されるよう願っています。

〈お知らせ〉第2弾、総額4億5千万円の緊急支援パッケージが発表されました

新型コロナウィルス感染症対策として、戸田市では第2弾総額総額4億5千万円の緊急支援パッケージを行うことが発表されました。

私のもとにも「もっと支援を」「もっと早く」をいうお声は頂いていますが、戸田市レベルの規模の自治体でできる限りのことをしていると感じています。
もちろん、まだ足りないことはあるかと思いますし、気づいていない点や制度不備等あるかと思いますので、引き続き皆さんの率直なご意見をお聞かせください。

〈お知らせ〉戸田市で待機児童0を達成!

戸田市では2016年に待機児童が100人を超えて県内ワースト1位となってから、前市長の頃からの取組みを菅原市長が更に加速させ、今年4月時点で待機児童0となったそうです。

口で言うのは簡単ですが、実際に0人にするのはどれほど大変なことでしょう。
そして、待機児童0という数字に背景には多くの保育従事者や関係者の皆さんのご尽力があります。
関係者の皆さんに心からの感謝を申し上げます。

県庁へーアマビエちゃんマスク

今日は県庁へ。
新型コロナウィルス感染症対策のため、私もリモート会議等でこなしていますが、やはり直接話し合いが必要なものもあります。
この日は、いつもお世話になっている方からいただいたマスクで県庁へ。
今話題のアマビエちゃんマスク@手作りです。
佐藤市議が付けているのを見て、「可愛い!」と私もいただきました。
ありがとうございます

〈無所属県民会議〉新型コロナウィルス感染症対策についての執行部との意見交換

本日行われた無所属県民会議(役員のみ)が新型コロナウィルス感染症対策について執行部と意見交換を行いました。
石川幹事長(久喜市選出)の投稿をシェアします。

会派では、各地域から挙がった固有の課題や、全県を通しての共有課題等を県政で議論しています。

〈おしらせ〉戸田市議会議員選挙は令和3年1月31日に決定

新型コロナウィルス感染症対策で日本中が緊迫した雰囲気ですが、そのような中でも選挙はやってきます。
私は戸田市議会を2期6年間で県政へと転出しましたが、市議会の任期は残り1年を切りました。
戸田市議会銀選挙は1月31日となったこと、私の県議転出に伴い現在25人(定数26人)であることが埼玉新聞に掲載されていますが、次期選挙は現職・新人含めて何人の方が立候補するのでしょうか。

今回の新型コロナウィルス感染症に関する政治の在り方においても、どのような政治家を選ぶかによって自分たちの生活が変わるということを身をもって感じた方も多いと思います。
皆さんお一人お一人の目で、見極めていただきたいと思います。

さあ、カウントダウンが始まります。

〈お知らせ〉令和2年度予算特大号レポートができました

活動レポートを市議会議員の頃より年4回の議会ごとに発行してきましたが、県議会議員となったことで、改めて県の取組みを皆さんに知っていただこうと予算特大号を作成しました。
戸田市の予算が約600億円(全会計合計約900億円)であるのに比べて、埼玉県の予算は約1兆9,600万円(全会計合計約3兆4,500億円)と何倍も違います。
市の予算ではだいたい市内のどんな予算かわかるものが多かったですが、県の予算は他市の事業の場合は特に知らないものも多いです。
もちろん、保育所や教育等のように市議会同様身近なものも多いですが、市町村ではできない事業等を広域かつ大規模に行っている印象です。

少しでも分かりやすくと思い、いつもイラストを描いてくださっている方にお願いして、イラスト付きで作成しました。

順次お手元に届くと思います。
ぜひご覧ください。

〇活動報告レポート
https://konnomomoko.com/report/