戸田の会ー会派ヒアリング

今日は戸田の会のヒアリングに同席させていただきました。
 
別居中の子どもとの面会交流や学区の問題等、私のところにくるご相談は実は市の所轄であることも多く、また反対に県議会での動きが市に関係することも多く、日頃から連携を密にして活動しています。
 
同じ問題でも人によって受け止め方や考え方も異なり、皆で話し合う中で会派としてどのように取り組んでいくのかを煮詰めていきます。
 
話し合い終了後には、サプライズで浅生市議のお誕生日をお祝いしました。
 
お誕生日、おめでとうございます。
 
3人、座っている人、室内の画像のようです
 
 
 

〈お知らせ〉予算特大号レポートを発行しました!

埼玉県令和3年度予算及び予算特別委員会での審議をまとめた予算特大号レポートが完成しました!
 
2兆円を超える予算及び約3週間の予算特別委員会での審議をまとめるのは大変でしたが、デザイナーさん方のサポートも頂き、なんとか完成できました。
できる限りわかりやすく、親しみやすいものになるよう紙面づくりを工夫しました。
 
現在、市内全戸配布をしていますので、ぜひご覧ください。
 
〇こんの桃子レポート一覧
 
 
 

〈お知らせ〉まん延防止等重点措置区域「彩の国『新しい生活様式』安心宣言」飲食店+(プラス)認証の受付が始まっています

戸田市を含め13市町がまん延防止等重点措置区域に指定されることに伴い、県の営業時間短縮や感染防止対策の要請にご協力いただいた飲食事業者の方々に「埼玉県感染防止対策協力金(第9期)」の支給をします。
 
支給にあたっては、「彩の国『新しい生活様式』安心宣言」飲食店+(プラス)認証を受けることが要件になります。
 
認証を受けるためには、事前予約の上、職員が店舗を訪問し、チェックリストに基づき現地確認をする必要があります。
 
お手続きをお忘れないようご注意ください。
 
【確認期間】
戸田市 4/28、4/30、5/3、5/8、5/10、5/11
 
【予約受付】
4月26日(月)午前9時から
電話 0570-550-811
 
 
 
 
 
 
 
 

〈お知らせ〉令和3年度指定難病出張受付の休止・原則郵送受付となります

指定難病の申請等について、今年度は県全体として原則郵送受付となりました。
難病の方々からも声が上がっていたものです。
また、出張受付(戸田市では戸田市文化会館)は密になりやすいことから、休止することとなりました。
本来1年毎の継続申請が必要であり、例年6月下旬から8月初旬が受付推奨期間になっていますが、令和2年度は新型コロナウィルス感染症の感染拡大により自動延長になっています。
 
写真の説明はありません。
 
 
 
 

[令和3年4月臨時会]

今日は、10時から臨時会です。
 
戸田市を含め13市町にまん延防止等措置区域が拡大されたことに伴い、同区内の飲食店等の事業者に対して更なる営業時間短縮等が要請されます。
その際に、感染防止対策協力金等を措置するための補正予算、総額約24億6,903万円です。
財源は全額国庫支出金です。
 
〇 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止
・ まん延防止等重点措置区域の追加に伴う「埼玉県感染防止対策協力金」等の措置   23億3,272万2千円
【追加区域】川越市、所沢市、草加市、越谷市、蕨市、戸田市、朝霞市、志木市、 和光市、新座市、富士見市、ふじみ野市、三芳町(13市町)
【要請期間】令和3年4月28日から令和3年5月11日まで(14日間)
【対 象】追加区域において、期間中、営業時間の短縮及び酒類の提供自粛等に協力した飲食店(バー、カラオケボックス等を含む。)・喫茶店を運営する事業者
【営業時間等】午前5時から午後8時まで(酒類の提供自粛等は終日)
【支給額】飲食店等の売上高に応じ、1店舗当たり日額4万円から10万円又は飲食店等の売上高減少額に応じ、1店舗当たり日額最大20万円
・ 営業時間短縮要請等に係る働きかけ活動の推進 1億3、630万9千円
10時に開会し、すべて終了したのは20時半近くでした。
 
会派内で席替えをし、お隣になった平松だいすけ県議(新座市)と写真を撮りました(撮影:八子ともひろ議員(富士見市))。
 
 
 
 
 

埼玉県におけるまん延防止等重点措置等に基づく協力要請について

既に報道されている通り、特に東京都区部と接する県南部において新規陽性者の増加が続いている状況を受けて、まん延防止等重点措置を講じるべき区域について、新たに戸田市を含む13市町が指定されることとなりました。
27日(火)に臨時会が予定されています。

 

川岸地区の生活環境を守る会

今日は戸田の会のメンバー(酒井市議、浅生市議、佐藤市議、矢澤市議、野澤市議)と、川岸に新たにできる物流施設について、「川口の生活環境を守る会」の皆さんから現状をお伺いしました。
 
川岸にあった田辺三菱製薬が移転し、その跡地に物流施設の建築が予定されており、大型車両の通行をはじめ住民の皆さんから不安の声も多く届いています。
戸田市議会でも、今年3月議会において安全対策等を求める請願が全会一致で可決されています。
 
実際にお話を伺い、現場を確認させていただく中で住民の皆さん不安なお気持ちがよく理解できました。
戸田の会とも連携をして、住民の皆さんの不安が少しでも解消できるように努めていきたいと思います。
 
※注 このような地域活動には手話通訳は派遣できないため、私が手話通訳をすることがあるのですが、口の形で伝える際などはマスクを外しています。
 
 
 
 
 

福祉保健医療常任委員会ー顔合わせ・事業概要説明

今日は10時から常任委員会、午後からは会派会議です。
 
私は、松坂よしひろ議員(東松山市・川島町・吉見町)福祉医療常任委員会に所属することになりました。
福祉部と保健医療部ですので、現在の新型コロナウィルス感染症対策はもちろんのこと、子育てや介護、福祉など市議の頃から力を入れてきた分野の委員会です。
 
予算規模でみても、福祉部は約2,677億円、保健医療部は約2,982億円と県予算全体でも大きい割合を占める需要な部署です。
今日は初顔合わせのほか、福祉部と保健医療部それぞれの所管事業について説明を受けました。
 
概要の説明を受け、やはり市では直接市民の皆さんへの給付予算が多いですが、県は制度全体ののための予算が多い印象です。
全県で医療・福祉の地域差を出さないための予算、市の子育て支援の後方支援など、直接目に見える形ではない予算の使い方だと感じました。
さて、念願の福祉保健医療部ですので、1年間しっかりと審議に臨みたいと思います。
 
 
 

書道ー卒業制作

本来なら昨年3月に書道の卒業式等が予定されていましたが、新型コロナウィルス感染症の影響で、すべて延期・中止になってしまいました。
子どもの頃に少しだけ書道を習っていたものの長くは続かず、大人になって「書道を習いたいな」と思い切って通った2年間の師範コースです。
週1回神保町に通い、2回の合宿も経て書き上げた卒業制作作品『九成宮醴泉銘』です。
この度1年延期してやっと卒業作品の開催されることとなりました。
私は都合がつかず見に行けなかったのですが、お友達が写真を撮ってきてくれました。
今は小さな子どもがいて、なかなか筆に触れていませんが、ペン習字だけは毎月こつこつ続けています。
もう少し落ち着いたらまた筆に触れたいなと思います。
受講生の皆さんの素敵な作品ばかりですので、ぜひご覧になってみてください。
 
テキストの画像のようです

[令和3年4月臨時会]本会議

今日は10時から本会議でした。
埼玉県に対して「まん延防止等重点措置」の適用が決定されることにより、同措置に基づく協力要請、適用の地域、区域について決まりました。
飲食店等における感染防止対策の推進等、総額約385億円の補正予算が計上され、委員会付託の後、すべて原案通り可決されました。
大阪や東京では緊急事態宣言の要請の動きもあります。
埼玉県でも危機感を強めていかなければなりません。