無所属県民会議ー団体ヒアリング

今日も無所属県民会議で団体ヒアリングです。
子育てや福祉など、現場の声を伺いました。
当事者ならではの声、県内全域を見ているからこその視点など勉強になりました。
予算要望というのはいわゆるパイの取り合いであり、その配分を決めるのが政治の役割です。
パイは市民・県民の皆さんの大切な税金であり、市民・県民の皆さんの声を聞きながら、全体のバランスや未来の街の姿を考えて、どこにどう予算を配分していくかはとても難しい作業です。
毎年こうして予算要望を受けていくと、きちんと声をあげる大切さ、政治に働きかけることの意味を痛感します。
だからこそ、「政治は自分に関係ない」と切り捨てるのでは無く、ともに考える姿勢が広がるといいなと思っています。

オンライン会議ー夫の海外赴任に同行した女性(駐在妻)の生き方を考える

今日は、市内在住で今は夫の海外赴任に同行して海外に在住の方からお声掛けをいただき、夫の海外赴任に同行した女性の生き方を考える会のオンライン会議に参加させていただきました。
私は戸田市から参加ですが、ニューヨークやコロンビア、インドネシアやジャカルタなど世界各国で皆さんの時差に合わせた時間帯の日本時間午前中に開催されました。
夫の海外赴任に同行した女性はいわゆる「駐在妻」と言われ、一般的には華やかなイメージがありますが、実際にはご自身のキャリアを断念して海外赴任に同行したり、赴任先で勉強や仕事を見つけたくてもハードルが高かったりして、自分自身の存在意義や生き方に悩みを持つ方が少なくないそうです。
私自身も「駐在妻」は華やかなイメージがあったので、最初にお話を伺った時は意外に思いました。
けれども皆さんのお話を伺うと、子供の頃からの夢であった仕事を夫の海外赴任により泣く泣く中断させて海外に同行したり、赴任先で自分のキャリアや学びを得ようとしても理解が得られず諦めたりと、それぞれが無力感や孤独を感じていることがわかりました。
「駐在妻」という言葉でひとくくりにしてはいけない問題がここにあると思いました。

国や企業のルールや考え方が変わらないと、環境も変わっていかない面もありますが、他の皆さんが少しずつ声を上げていくことが環境改善の第一歩だと思います。
私も応援させていただきたいと思います。
最後は世界各国のご自身が住む国の国旗を掲げての写真撮影でした。

無所属県民会議ー団体ヒアリング

今日は無所属県民会議で団体ヒアリングです。
毎年この時期に、県内各団体からご意見やご要望を伺い意見交換を行っています。
団体ヒアリングは市議会議員の頃はなかったことのひとつで、市の事業は個人を対象とするものが多いのに対し、県の事業が個人はもちろん団体を対象とするものが多いからこそだと感じています。
これから複数回にわたり、教育、子育て、福祉、土木、医療など様々な分野の皆さんと意見交換を重ねて、お声を県政へと届けて参ります

一般質問準備ー産後ケア

今日は午後から、市役所にて矢沢市議と一緒に、県内で助産院を運営されている方から産後ケアの現状についてお伺いしました。

「産後ケア」という概念ができてまだ日が浅く、何をもって産後ケアなのか、そのケアの目的を明確にする必要があること、自治体の枠組みにとらわれずに民間の立場で母親に寄り添ったきめ細やかな柔軟なケアができることなど、2時間あまり熱い思い伺いました。

私の調査によれば、県も市も「産後ケア」という名の事業はありますが、毎年予算が使われずに不要額になっていることがままあります。
切実なニーズはあるものの、いずれも制度に柔軟性がなく、事業実施が進んでいないように感じています。

産後ケアは県というより市町村が主体となって進めることでもあるため、矢澤市議と連携して、母親たちの切実な声に寄り添えるよう、制度の見直しを訴えていきたいと思います。

新型コロナウィルス感染症対策特別委員会ー教育、雇用、経済

今日は、新型コロナウィルス感染症対策特別委員会でした。
この日も10時開会で17時過ぎまで集中審議です。
教育、雇用、経済がテーマということで、各委員から、学校休校中の授業やオンライン授業について、雇い止めや休業補償についてなどの指摘が上がりました。
私からは特に、
・県立高校での退学者について
・雇い止めや雇用について
・幼稚園での感染防止対策及び休園判断について
・中小企業等への支援金第一弾について
を取り上げました。
今後、必要に応じて一般質問等でも対策を求めていきたいと思っています。
また、同じ特別委員の平松だいすけ委員(新座市)は、コロナが不安で学校に行けていない子どもたちの現状を取り上げたところ、翌3日読売新聞で記事になっていました。
名前こそ出ていないものの、平松委員が特別委員会で取り上げていた問題ですが、県の取り組みを指摘するだけではなく、このように埋もれている課題を浮き上がらせるのも議員の仕事だと大変勉強になりました。

無所属県民会議ー会派会議

今日は会派会議です。
定期的に集まり、議会対応や各自の情報共有などをしていますが、「準公務」と言われるのが納得できる会議です。
私たちは政党には属さない無所属の議員ですが、議会の中では「会派」を組んで活動しています。
きちんと会派として合意形成をし、会派としての活動を発信して組織化していく大切さを感じます。

一般質問準備ー手話、産後ケア、警察行政、治水対策、県立戸田公園アオコ問題等

今日は一般質問の準備やご意見対応のヒアリングのため、県庁に缶詰でした。
県議会では、市議会と異なり一般質問の際に議会事務局の職員や部局の調整官がヒアリングをセッティングしてくださったりフォローをしてくださるので、とても助かります。

この日は分刻みで、手話、産後ケア、警察行政、治水対策、県立戸田公園アオコ問題等についてヒアリングや意見交換を行いました。
課題山積のなかで県庁と考え方が異なる時も多々ありますが、「私はこれはこう思う」と自分の価値判断をしっかり持つことで話し合いを深まることができると感じます。
その一方で、県の政策は戸田市だけではなく県全域にまたがるので、独りよがりではなく多くの方のご意見や広い視野を持たなければならないなという戒めのようなものも感じます。

それでもやはり、政策を考えるというのは楽しく、県議会としての仕事の楽しさ感じた1日でした。
また持ち帰って考えを深めていきたいと思います。

写真は埼玉県産の梨「秋の豊水」で、今年は蜜症の被害が出ているそうですが、おいしくいただきました!

戸田中央産院ー産後ケアについてヒアリング

今日は、矢澤市議と2人で戸田中央産院に産後ケアについてお話をお伺いに行きました。
産後ケアについては、私自身が出産を経験し、周囲のママ達と話す中で、各家族や共働き世帯の増加、出産年齢の高齢化などに伴い、戸田市のような都心部ではより行政によるケアが必要だと痛感している分野です。
産後ケアは基本的には市町村の所管であり、今回は矢澤市議と連携し、埼玉県に対しては私が、戸田市に対しては矢澤市議が政策を訴える予定です。
この日もしないで唯一の産院である戸田中央産院の現場の皆さんと戸田市の産後ケアの現場等について意見交換をさせていただきました。
思いの強い分野でもありますので、私も思わず「そうですよね!」と何度も共感しました。
戸田市を含め、産後健診に公的補助がなく全額自己負担の自治体はまだ多く残っています。
出産が女性の身体に与える影響や補助金の制度趣旨、全国的な流れを考えれば、一つでも多くの自治体で産後ケアが進むよう議会でしっかりと訴えたいと思います。

一般質問準備ー荒川水循環センター

今日も県庁にて一般質問の準備です。
美女木にある荒川水循環センターは県の施設ですので、県議会の所轄です。
昨年秋の台風19号の時に荒川水循環センターに入るべき水が入りきらずに逆流し、戸田中通りを中心にマンホールから溢れ出た経緯があり、その改善策についてヒアリングを行いました。
台風19号で市内隠し所が冠水・浸水した件については、今回しっかりと議会で対策を求めたいと思います。

新型コロナウィルス感染症対策特別委員会ー分野別審査〈財政・組織・情報発信〉

今日は終日新型コロナウィルス感染症対策特別委員会でした。
無所属県民会議からは、並木まさとし議員(鴻巣市)、平松だいすけ議員(新座市)、私の3人が委員になっており、部局別に審査することからこの日は財政、組織、情報発信について審議しました。

委員会では今後の財政運営について、部局内の応援体制について、情報発信のあり方について等の質疑が出ました。

私からは、主に下記2点の質疑をしました。
①市町村への情報提供・連携について
消防救急搬送、避難所運営、自宅療養者のケア(食事の配達)などで市町村に対し積極的に情報提供して連携を図るべきではないか。
②情報発信のわかりやすさついて
他都道府県に比べて埼玉県の情報発信がわかりにくいという声がある。視認性を高めたり、わかりやすい言葉を使うなど工夫ができないか。

一定程度の前進・改善も見られそうなので、引き続き審議を続けて参ります。
次回は31日で医療、福祉について審議する予定です。