意見交換会ー駒崎美紀北区区議・宮内そうこ戸田市議

今日は宮内そうこ戸田市議と一緒に、元戸田市役所職員で現在北区区議(1期目)を務めている駒崎美紀区議と意見交換をさせていただきました。
前回は私たちが北区(赤羽)にお伺いしましたが、今回は駒崎美紀区議が戸田にお越し下さいました。
駒崎美紀区議は市職員というご経験を存分に活かし、鋭く実効性のある政策提言を続けて、1期目ながら数々の実践を重ねていらっしゃいます。
周囲のパパママからの支援も大きく、駒崎区議の活動から学ばせていただいています。
宮内そうこ市議も同じママ議員として、きっと多くの刺激を受けられたことと思います。
これからも連携して、女性の声やママの声を政治活動へ届けていきたいと思います。
ミッキー、ありがとうございました!
 
3人、立っている人、アウトドアの画像のようです

無所属県民会議ー議会活性化に係る要望を議長に提出しました

私たち無所属県民会議は議会改革を進めており、会派内で意見を集約し、議長に提出しました。
一つ一つ改革を訴えて参ります。
<議会活性化に係る要望項目(分野別)>
【IT化】
○更なるペーパーレス化の推進(特に議会運営委員会における推進・現金出納検査など分量の多い資料の転換を進める) 
○クラウド利用によるプッシュ型の資料データの提供
○議場・委員会室へのPC・タブレットの持ち込み
【一般質問(一問一答方式の改善)】
〇議席列と離れた場所に質問者席を設置すること(予算特別委員会で使用している質問者席を設置する方法も検討すること)
〇簡潔明瞭な答弁を求め、答弁時間を短縮すること
〇執行部の自席マイクの設置及び自席答弁を可とすること
〇答弁の際、残り時間表示を消灯すること
〇特に「地元問題」で同一答弁者(例:県土整備部長)が続く場合、質疑・答弁を一括で行えるようにするなどの柔軟な対応を採用すること
〇一問一答方式の場合、再質問の有無を確認する必要がないため、議運副委員長も一般質問を実施できるようにすること
【議案審議】
〇議員提案政策条例を提案する際、一般質問最終日に条例案文を示してから審査を行う常任委員会までの期日が短いことから、審査時間を確保できるよう議運での手続き・日程等を再考すること
○議案の「分割付託」の中止(補正予算等)
○各会派が提案した意見書(柱・案文)の県議会HP掲載
【委員会】
○委員会会議録の逐語化、全ての審議内容の記録・公開
○常任・特別委員会のインターネット中継
○特別委員会の設置数の精査・縮小
【議場】
○資料掲示用大型モニターの設置
○速記の廃止
〇動議及び議長発議の際の起立採決時の会派別採決区分を記録
【視察】
○視察の効率化
○視察費用の削減(日当)
【情報発信】
○議会だよりに「一般質問の質問議員名」を記載
○議会だよりに「議案別会派別表決状況」の掲載
○議会案内冊子の擦り直しの廃止
○提出された請願(賛否を問わず)を県議会HP「定例会概要」に掲載
【政務活動費】
○定例会開会中の給油禁止ルールの見直し
○会期中の議事堂から視察へ向かう際の交通費支給のルール見直し
【議員の報酬・定数・身分】
〇現下の厳しい社会経済情勢に鑑み、議員報酬等の削減に向け議長のリーダーシップを発揮すること
○費用弁償の実費支給
○区割・定数検討会の令和3年度中の設置、検討の開始
以上
〇無所属県民会議
 
2人、立っている人の画像のようです

[令和3年4月臨時会]本会議

4月1日は、臨時会です。今日1日の会期です。
主に、地方独立行政法人埼玉県立病院機構の中期計画の認可についてを審議しました。
これは、埼玉県立4病院(循環器・呼吸器病センター、がんセンター、小児医療センター、精神医療センター)を地方独立行政法人に経営形態を移行するもので、これにより給与を改善し医師不足解消を目指すものです。
高度専門・政策医療の提供、人材の確保と組織づくり、財務内容の改善を柱とし、具体的には新たに45人の医師確保を目指すとのことです。
今年から私が所属する保健医療委員会に付託され、審議され原案通り可決されました。
松坂よしひろ議員(東松山市、川島町、吉見町)と一緒です。
その他の議案もすべて原案通り可決されました。
会議の間の時間を使って会派会議をし、また『青天を衝け』のポスターを頂きました。
また、本日より、議場に手話通訳者が配置されるようになりました。
 
 
 
 
 

菅原市長表敬訪問ー宮内そうこ市議

今日は宮内そうこ市議とともに、菅原市長に表敬訪問に伺いました。
当選後初の議会となる3月議会を終えての感想や今後の活動など色々と意見交換させていただきました。
 
市政へのチャレンジを決心してから、様々な地域活動、一週間の選挙戦、3月議会とまさに人生が変わるジェットコースターのような数ヶ月間だったと思います。
 
エネルギーをチャージして、引き続き力を合わせて頑張っていきましょう!
 
2人、立っている人、室内、、「戸田市 Toda City FOZA 戸田市 とだし 田市 aCy የOEA 戸田市 TodaC City 戸田市 とだし FOZA 戸田市 とだし EA 戸田市 Toda City 戸田市 とだし FOSA 戸田市 とだし 三田市 oda City 田市 戸 戸田市 Toda City 戸田市 とだし 戸 戸田市 Toda City 戸田市 Toda City Tod 三田市 oda City YOZA FOBA 戸田市 日市 City OSA 戸田市 田市 田市 戸田市 Toda City A 戸田市 TodaC City 三田市 ada City TORA 田市 戸田市 F FODA OEa 戸田市 三田市 FOSA 戸田市」というテキストの画像のようです

[令和3年3月定例会]閉会日

今日は10時から本会議、長かった2月定例会もいよいよ閉会となりました。
 
一般会計2兆1,198億4,300万円、全会計合計3兆5,026億9,833万9千円の当初予算を始め、すべての議案が原案通り可決されました。
エレベーター条例に関しては、同条例案はエレベーターを立ち止まって利用しないものを「義務」違反とするものですが、私たちは実情を鑑み、「努力義務」にするべきだという趣旨の修正案を提出しましたが、江原久美子議員(深谷市、寄居町、美里町)が反対討論に立ちましたが、賛成多数により原案通り可決されました。
 
また、意見書に関しては,鈴木正人議員(志木市)より「ウイグル人などの少数民族への人権弾圧に強く抗議し、日本版マグニツキー法の成立を求める意見書」を提出する動議を提出しましたが、賛成少数により否決されました。
また、私は福祉医療委員会と、公社特別委員会の所属となりました。
いずれも初めての委員会ですので、しっかり勉強したいと思います。
さて、気が付いたら県庁の桜も満開です。
卒業式や入学式も控えめで、いつもと異なった春の季節ですが、また頑張りましょう!
 
 
 
 

[令和3年2月定例会]委員長報告・予算特別委員会

今日は10時から本会議、これまでの委員会審議をまとめた委員長報告がされました。
その後、予算特別委員会に補正予算が付託されて審議しました。
私は会派を代表して福祉部について質疑に登壇しました。
◆生活福祉資金貸付制度における緊急小口資金等の特例貸付
これまで本県の同制度の貸付件数は、12万8,000件を超えているとのことだが、特例貸付を受けた方々は、新型コロナウィルス感染症の影響による失業や休業等により収入が減収された方々が多く、状況によっては返済開始時期や償還免除等の対応が必要な世帯も多いと思うが、返済開始時期、償還免除要件及び償還免除の見込み件数は。
委員会では原案通り可決されました。
残すは明日の閉会日です。
 
 
 
 
 

[令和3年2月定例会]予算特別委員会 討論・採決

今日は午後から予算特別委員会、今日は討論・採決です。
すべての議案は原案通り可決されましたが、自民党より附帯決議が提出されました。
私たち無所属県民会議は基本的にすでに委員会審議の中で附帯決議で求める内容に沿う答弁を得ている項目について更に附帯決議をすることに理由はないとし、全員が質疑の上、反対しましたが、自民党・公明党の賛成により可決されました。
石川忠義議員(久喜市)の反対討論もぜひご覧ください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

[令和3年2月定例会]埼玉県議会街路樹を考える議員連盟

今日は埼玉県議会街路樹を考える議員連盟です。
石川忠義議員(久喜市)を発起人・会長として立ち上り、街路樹の現状や課題を学ぶ会です。
今日は勉強会として、埼玉県の街路樹の現状について学びました。
街路樹は街並みや景観を良くする一方で、落葉や伸びた枝がゴミが増えたり事故に繋がったりする一面もあります。
適正な維持管理をするのがベストですが、予算にも限りがあります(埼玉県では約5.6億円の予算がかかっています)。
引き続き街路樹の現状を学び、政策提言へ繋げていきたいと思います。