〈ご報告〉妊娠のご報告と産休規定の見直し

日頃より私の議員活動に対し、あたたかいご支援を賜り、誠にありがとうございます。
また、台風19号の被害に遭われた皆様に心からのお見舞いを申し上げます。

このような中、私事で誠に恐縮ですが、この度新しい命を授かりました。
出産予定日は12月で、おそらく12月定例会はお休みさせていただくことになるかと思います。
私の妊娠に伴い、11日の本会議において産休規定が見直されることとなり、翌12日の各新聞報道に掲載されました。
お問い合わせもいただいておりましたが、台風の接近や、まだ協議中だったこと等から、このタイミングでのご報告となったことをお詫び申し上げます。

埼玉県議会においては、これまで「出産」による欠席は認めてられておりましたが(会議規則第7条)、実際にこの規定が使われたことはなく、おそらく私が初の事例になるとのことです。

妊娠が分かってから、会派の方々にはご相談しており、岡代表、井上県議(議会運営委員会副委員長)、石川県議(議会運営委員会委員)、松坂県議(議会運営委員会委員)を始め、皆さんのお力添えをいただき、9月定例会において規則の確認・見直しを含めた協議を進めていただきました。

その結果、無所属県民会議からの提案に対し、他会派のご意見・ご了承をいただき、全会一致で下記の通り見直されることとなりました。

★本会議等を欠席することのできる「出産」という文言には、出産日当日だけではなく、母体保護の観点から産前6週間・産後8週間も含むこと。
★議員本人が「出産」する場合だけではなく、「出産補助」つまり配偶者の出産立ち会いも含むこと。
★さらには、「出産」だけではなく、「育児」「家族の介護・看護」を新たに追加すること。

これらは都道府県議会レベルでは、全国でも先進的な改正と言えると思います。
改正に向けてご尽力やご理解をくださった方々に、深く感謝申し上げます。

今後は、体調を見ながら活動を続けていきたいと思いますが、すぐには対応できないこともあるかと思いますので、ご理解を賜れれば幸いです。
選挙で付託を受けた議員が任期中に妊娠・出産することには様々なご意見があるかと思いますが、他会派の方々や何より有権者の皆さんのご理解をいただきながら、これからの女性議員が活動できる議会となるよう、また賜った一票のご期待に沿えるよう取り組んで参ります。

埼玉新聞社75周年記念式典

11日は本会議終了後、大宮で開かれた埼玉新聞社75周年記念式典に出席させていただきました。
埼玉新聞は地元に密着した地元紙で、私も市議会議員に初当選してからずっと拝読し、勉強しています。
今年で75周年ということで、会場には数百人の方が集まり、盛大な式典でした。

これからも地元に密着した鋭いメディアとして、期待しています。
誠におめでとうございます。

〇埼玉新聞
https://www.saitama-np.co.jp/75th/

〈無所属県民会議〉令和2年度予算要望を提出しました

本会議閉会日の11日、無所属県民会議として大野知事に令和2年度予算要望を提出しました。
県政全般にかかわるものにあわせて、それぞれの地元市区町村から要望を受けたもの、各種団体のヒアリングを通していただいた要望等を会派内で議論を重ね、まとめたものです。
特に、井上政策調査会会長を中心として、岡村県議、八子県議とともにまとめました。

私も戸田市選出の県議として、地元案件(信号機の設置等)を要望しました。
このような要望を提出すると県からきちんと書面等で回答を頂けるとのことで、先輩議員の予算要望項目には道路整備や地元の陳情等も多く含まれており、私も来年の予算要望に向けてしっかり地元の声を届けていきたいと思います。

[令和元年9月定例会]閉会日

11日は10時から本会議、閉会日です。
豚コレラ対策のための補正予算等が可決されました。

その中で、「12月23日を『平成の日』と定め、国民の祝日とすることを求める意見書」については、無所属県民会議は反対の立場をとり、岡村県議が討論に立ちました。
その主な理由は、①明治以降の近代国家において前天皇が上皇として存在することがなかったこともあり、退位の際に象徴と権威の二重構造が議論に出ていたことを踏まえ、平成の日と定めることは象徴と権威の二重構造が助長される懸念があることや、②管官房長官が「皇位継承後の12月23日を平日とするか国民の祝日とするかは国民各層の幅広い議論が必要だ」と指摘しているところ、まずは議論をすることが重要と考えていること等から、現時点で「12月23日を『平成の日』と定め、国民の祝日とすること」は時期尚早と考え、反対をしました。

1期生で初の討論に立ち、議場の大きなヤジに臆することなく、堂々とご自身の主張を訴える姿が同期生として、また同じ女性としてとてもかっこよかったです。

岡村県議、お疲れ様でした。

[令和元年9月定例会]経済・雇用対策特別委員会

9日は10時から経済・雇用対策特別委員会です。
中小企業の振興について説明を受けました。

1 企業・事業所の現状
2 経営力向上支援の主な取組み
3 技術力向上支援の主な取組み
4 販路開拓支援の主な取組み
5 事業承継支援の主な取組み
6 商店街支援の主な取組み
7 資金調達の円滑化支援の主な取組み

等について説明を受け、質疑応答でした。

〈無所属県民会議〉団体ヒアリング

8日は午後から、会派として団体ヒアリングでした。
県内の各分野の団体から県政への要望をお受けし、会派としての協議を経て県へ予算要望を提出します。

県議になると、市議に比べてより団体との接点が増えた印象です。
政治は税金をどう使うかを話し合う場でもあります。

政治に積極的にアプローチをする団体も多い一方、駅頭活動等での一般の方の政治への無関心ぶりの温度差を感じます。

私も会派内政策調査会の一員として、政策調査会会長の井上県議の支持を仰ぎながら予算要望の取りまとめ作業を頑張ります。

〈無所属県民会議〉会派会議

各常任委員会終了後、会派会議です。
それぞれの委員会での審議状況等を会派で共有したり、議会対応を会派で協議したりしています。

無所属県民会議の皆さんは大激戦の一人区を始め厳しい選挙を勝ち抜いた猛者のような方ばかりですが、控え室はとても明るい雰囲気です。

私も委員会での発言や議会活動等、些細なことも先輩議員に相談しています。

[令和元年9月定例会]企画財政常任委員会

7日は10時から企画財政常任委員会です。
主な議案は、豚コレラ対策の補正予算等です。

第84号議案 一般会計補正予算(第2号)
第93号議案 一般会計補正予算(第3号)

第84号議案の一般会計補正予算は、社会資本整備等の諸経費についての補正予算です。
第93号議案の一般会計補正予算は、豚コレラ対策についての補正予算(約10億6400万円)です。

豚コレラ対策については、「豚コレラ緊急対策に向けた万全の備えを求める附帯決議」を全会一致で決まりました。

佐藤太信市議 市政報告会

5日は続いて、笹目5丁目で開かれた佐藤太信市議の市政報告会に出席させていただきました。

佐藤議員から「市政に挑戦したい」とお話をいただいたのが約3年前、それからともに選挙を戦い、当選後同じ会派として約2年間活動を続けてきました。

佐藤議員は全国3人目の聴覚障がいのある地方議員として、市内はもちろん全国で活躍をされています。
障がい当事者としての福祉政策はもちろん、財政や上下水道、地元案件など様々な政策を進めていらっしゃいます。
私が手話を勉強するきっかけも佐藤議員で、手話の先生でもあります。

相談を受けた方の痛みや悲しみに寄り添いつつ、議員としてみんなのためになる提案をするところが素晴らしいところだと思います。
この日も地元笹目の皆さんがお越しになっていて、地元選出の議員として大きな期待を背負っているところがすごいなと思うと同時に羨ましくもありました。

佐藤議員、ご盛会誠におめでとうございます。

戸田中央リハビリテーション病院 内覧会・竣工会

5日は続いて、新曽南に新しくオープンした戸田中央リハビリテーション病院の内覧会・竣工会に出席させていただきました。
地元の国会議員議員、県議会議員、市議会議長、医療関係者の方々など、とても盛大な式典でした。
写真は戸田中央総合病院の中村毅先生と、埼玉県選出の古川俊治先生です。
古川俊治先生は私の大学院時代の恩師でいらっしゃいます。
お二人にお願いしてお写真を撮っていただきました。

戸田中央リハビリテーション病院は、地上6階建て、病床数が200床、職員約300人(医師6人他)と
手厚い体制で、回復期医療を強化した病気だそうです。
在宅復帰後にスムーズに生活できるよう自宅を想定した設備や、砂利道や段差など段階的な訓練ができるような屋上などが特徴とのことでした。

戸田市にも迫る高齢化のなかで、地域の安心につながることを期待しています。

◯戸田リハビリテーション病院
https://www.toda-reha.jp/transfer/