[令和2年12月定例会]一般質問4日目

今日は10時から本会議、一般質問4日目です。
今日取り上げられたテーマは「県単独補助事業における指定都市と一般市との格差」、「PCR検査の社会的検査」、「コロナ禍における授業時数の確保」などです。
登壇する議員の仕事や、ご自身の背景や考え方、関心のあるテーマなどが本当に人それぞれなので、聞いていてとても勉強になります。
また、本会議終了後はオリンピック・パラリンピック議連が開催されました。
オリンピック・パラリンピックは延期となりましたが、感染対策もしっかりとして議会としても応援していきたいと思います。
また、今日は、都内で4人のお子さんを育てながら働く女性が現場の見学に来てくださり、一緒にランチをしました。
1人でも大変なのに、4人なんて本当に頭が下がります。
困ったときには行政や政治に頼ろうとは思いつかず、自分でなんとかするか、ママ友にお願いするとおっしゃっていました。
政治は私たちの生活そのものです。
もっと働く女性や子育て中の母親が政治を身近に感じて、「この制度をこう変えたらもっと使いやすいのに」「こんなサービスがあったらいいな」という思いを、私も当事者の一人として政治の場で発言をしていきたいと思います。
※写真を撮り忘れたので、前回の使い回しです。

[令和2年12月定例会]一般質問3日目

今日は10時から本会議、一般質問3日目です。
無所属県民会議からは、松坂よしひろ議員(東松山市・川島町・吉見町)が登壇されました。
私も9月定例会で取り上げた高校への支援について、松坂議員も同じ問題意識を持たれ取り挙げられています。
その他、昨年の台風19号の復興復旧への支援、看護師・准看護師への支援、移住促進、米の新品種開発等、多岐にわたるテーマを取り上げられています。
この他、石川ただよし議員(久喜市)のお声がけにより、「埼玉県議会街路樹を考える議員連盟」の設立総会も開かれました。
無所属の会派の発案による議員連盟は初めてとのことで、記念写真を撮りました。
街路樹の良さや課題などを勉強し、考えを深めていきたいと思います。

[令和2年12月定例会]一般質問2日目

今日は10時から本会議、一般質問2日目です。
「県立高校のトイレを洋式に」「新生活支援、積極的役割を」「コロナで困窮の学生支援を」といったテーマが取り上げられました。
県議会ではどのような議論がなされているかよくわかりにくいというお声もありますが、ぜひ発言通告をご覧ください。
意外と身近なテーマも多いです。

〇埼玉県議会
https://www.pref.saitama.lg.jp/…/gikai…/r0212-a.html… 

[令和2年12月定例会]一般質問1日目

今日は10時から本会議、一般質問1日目です。
私たち無所属県民会議からは、井上航議員(和光市県議)が登壇されました。
新型コロナウィルス感染症対策に関する県条例の制定や、今話題の公用車に関する集中管理車更新基準の見直しや、私たちが提案し否決された議員報酬削減条例について「議員が条例で報酬を削減し、それを基金に充てて、新型コロナウィルス感染症対策に用いることが公職選挙法等に違反するか」など、時機をとらえた大変濃いものでした。
その中でも、今話題の「鬼滅の刃」と連携し秩父観光を盛り上げることができないかという提案は、翌日の読売新聞に取り上げられていました。
県議会は何をやっているかよくわからないという声も聞きますが、このようなテーマも取り扱っていることでより身近に感じていただけるのではないかと思います。
井上議員、大変勉強になりました。
※写真はいつかの会派会議のものです。

無所属県民会議ー会派視察(3)埼玉県立熊谷点字図書館

続いて訪れたのは、埼玉県立熊谷県立点字図書館です。
埼玉県立熊谷点字図書館は目の不自由な方のための情報提供施設です。
点字・録音(デイジー)の制作や貸出、点字・テープ雑誌の制作、貸出などを行っています。
実際に点字作成をしている現場を見学させていただきましたが、流れるテープの音は非常に速く踊ってました。
また、これまで一般の書籍が点字になった本は見たことがありましたが、聴覚障害者の方のための本は真っ白で点字だけが印字してあることに驚きました。
また、子ども向けの絵本は、絵の部分にも点字が施されて楽しめるようになっていました。
私も自分の名前を点字でどう書くかを勉強することができて嬉しかったです。

無所属県民会議ー会派視察(2)障害者支援施設「嵐山郷」

(2)嵐山郷
続いて訪れたのは、障害者支援施設「嵐山郷」です。
「嵐山郷」は、知的障害児・者及び重症心身障害児・者の方々が利用されている施設です。
敷地面積が20万平方メートルを超え、障害者支援施設(定員329人)、福祉型障害児入所施設(定員25人)、医療型障害児入所施設・療養介護事業所(定員60人)の指定管理施設として定員合計414人という非常に大きな施設です。
5歳から87歳まで(平均年齢52歳)、平均在所年数28年とのことです。
強いこだわりや自傷行為等があり行動上の支援が必要な方や、機能低下や疾病状況から医療との連携が欠かせない方等の支援状況を見学させていただきました。
職員の方々が非常に献身的にサポートされていました。
重症心身障害があったり医療行為が必要であったりする場合は、やはり家族だけでの介護は難しく、このような公の施設の必要性を感じました。

無所属県民会議ー会派視察(1)児童養護施設「上里学園」

今日は会派で、(1)埼玉県児玉郡にある児童養護施設「上里学園」と、(2)比企郡嵐山町にある障害者支援施設「嵐山郷」と、(3)熊谷市にある「熊谷点字図書館」を視察させていただきました。

(1)上里学園
児童福祉法に基づき、保護者のいない児童、虐待されている児童等を入所させて擁護する施設で、定員は140人と県内最大規模です。
子供たちは6つの寮に分かれて、幼児から高校生まで男女別に分かれ生活をしています。
施設内を拝見させていただきましたが、畳が擦り切れていたりタンスの引き出しがなかったりと老朽化も目立ちました。
虐待を受けていたり、障害があったりする子ども多いようで、その境遇を聞くと胸が痛みましたが、子どもたちは職員の皆さんに支えてもらいながら安全で安らぎのある生活を遅れているようで、笑顔の子供たちも会えて、安心しました。
このような施設にはしっかり公的なサポートをしないといけないと思いました。

[令和2年12月定例会]本会議ー埼玉県感染防止対策協力金

今日は10時から本会議です。
当初予定されていませんでしたが、新型コロナウィルス感染症の感染拡大を受け、埼玉県が一部地域に対し時短営業を要請し協力金を支給することに伴い、その予算を議決するため急遽開かれました。
議案は原案通り可決されました。


期間:12月4日午前0時から17日午後12時までの全ての期間
対象:埼玉県による営業時間短縮の要請に全面的にご協力いただいた「酒類の提供を行う飲食店」「カラオケ店」を運営する事業者皆さま
支給金額:1店舗あたり28万円
〇埼玉県感染防止対策協力金について
https://www.pref.saitama.lg.jp/a0801/kyoryokukin.html

[令和2年12月定例会]議案勉強会

今日は、会派で議案勉強会です。
12月定例会に上程される議案等について会派で説明を受けました。
また、地元案件として、県営戸田公園(ボートコース)の指定管理のなかで水草対策を行うことについても、地元県議として説明を頂きました。
これからも県議として得た情報を皆さんに適宜お知らせして参ります。

[令和2年12月定例会]開会日

今日は10時から本会議、いよいよ12月定例会が開会しました。
新型コロナウィルス感染症対策予算や指定管理者の選定等、しっかり審議して参ります。

初日の今日は、特別職の職員の給与及び旅費に関する条例及び埼玉県教育委員会教育長の給与等に関する条例の一部を改正する条例と職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例を先議とし、原案可決となりました。
これは、知事・副知事等特別職と県職員の期末手当を0.05か月分削減するものです。
我々無所属県民会議としては、前回自分たち議員報酬及び期末手当の20%削減条例を提出し、否決されていただけに、苦しい気持ちがあります。
その他、指定管理者の選定、訴えの提起等諸議案についてもしっかり審議して参ります。

〇埼玉県議会12月定例会
https://www.pref.saitama.lg.jp/…/gikai-gaiyou/r0212-2.html