一般質問準備ー手話

今日は一般質問の準備です。
手話について取り上げるので、佐藤議員と話し合いました。
手話による動画メッセージの撮影したので、ぜひご覧ください。
ーーー
佐藤・こんの「皆さん、こんにちは」
こんの「埼玉県議会議員のこんの桃子と言います」
佐藤「戸田市議会議員の佐藤たかのぶと言います」
こんの「今度、埼玉県議会9月議会の中で、私は手話について一般質問を行う予定です」
佐藤「今日はその内容について話し合いました。3点あり、1点目は手話の普及について、2点目は私が通訳者の養成について、3点目は手話言語条例のさらなる推進についてです」
こんの「埼玉県と」
佐藤「戸田市で」
佐藤・こんの「一緒に連携して、取り組みます。がんばります!」

一般質問準備ー手話 18日は一般質問の準備です。 手話について取り上げるので、佐藤議員と話し合いました。 手話による動画メッセージの撮影したので、ぜひご覧ください。 ーーー 佐藤・こんの「皆さん、こんにちは」 こんの「埼玉県議会議員の…

こんの桃子(埼玉県議会議員・無所属)さんの投稿 2020年8月19日水曜日

[無所属県民会議]会派会議他

今日は会派会議です。
お盆明けということもあり、話し合う案件は盛りだくさんです。
迷惑行為防止条例の改正、令和3年度予算要望などについて話し合いました。

令和3年度予算要望については、それぞれの地元市町村に照会をし、取りまとめて県に提出する予定です。
私もすでに戸田市役所に照会をし、ご回答をいただきましたので、今後県に提出したいと思います。

一般質問準備

今日は県庁にて一般質問準備です。
市議会議員の頃は3ヶ月おきの年4回一般質問の登壇の機会があり、希望者は全員登壇できましたが、県議会議員になってからは会派の人数で割り当てられるため、4年間の任期で登壇の機会は数回程度になります。
私も県議会議員になって初めて、今年の9月議会で一般質問に登壇する予定です。
登壇の機会が少ない分、時間をかけてしっかり準備をしているところです。

日頃いただくご意見や、当事者の方からのメールやお話等を自分なりに調べて考えをまとめ、県のやり方や考え方について話し合いを進めています。
表には見えないながらもこれぞ議員の醍醐味とも言える作業ですが、市とはまた違う県とのやりとりに仕事の面白さも感じているところです。

一般質問準備ー手話通訳者の働きやすい環境整備

今日は県庁にて一般質問の準備です。
今回の一般質問では、手話について取り上げようと考えており、実際に手話通訳者として働いている方々からお話を聞かせていただきました。

お話を伺う中で、特に手話通訳はボランティアとして受け止められ、「職業」としての認識がされていない事に起因する諸課題があると感じました。
もちろん手話通訳をボランティアで行うことを否定しませんが、「職業」として認められるべきだと考えています。
特に手話通訳者のなり手不足が訴えられる中、若い世代や女性など新たに手話通訳者を目指す方を増やすと同時に、手話通訳者が働きやすい環境整備を求めていきたいと思います。

一般質問準備ー戸田市の水害対策

今日も一般質問準備です。
戸田市役所にて、戸田市の水害対策についてヒアリングをしてきました。

戸田市にとって治水対策は喫緊の課題です。
昨年10月の台風19号による水害だけではなく、浸水・冠水は頻発しており、市民の皆さんからも多くのご意見をいただいています。
私自身も市議会議員の頃に何度も議会で対策を求めてきましたが、治水対策は国や県も交えた広域で取り組むべき課題です。
例えば笹目川排水機場の水門の管理等は県の管轄であり、水門の開閉などの情報は迅速かつ適切に市に情報すべきだと考えています。

今回の県議会での一般質問においても、地元問題として戸田市の水害対策について取り上げる予定です。
治水対策は非常に複雑で専門性も高いため、多面的に様々な立場の方からお話を伺い、考えをまとめています。

県庁ヒアリングー障がい児支援

今日は、浅生市議と県庁にてヒアリングを行いました。
市内で障がい児支援事業についてご相談があり、市だけではなく、県にも関連する事業であるため、県にヒアリングをしました。
市だけではなく県も関連する行政サービスも多いので、このように市議と県議で連携できるのは私たちの強みです。
私にとっても、県政で知り得た情報などを地元につなげられるので、市議会に同志の議員がいることは心強いです。
コバトンカフェで、コバトンマスクを買いました。
とっても可愛いです。

[新型コロナウィルス感染症対策特別委員会]第1回ーこれまでの県の対策について

今日は新型コロナウィルス感染症対策特別委員会です。
無所属県民会議からは並木議員(鴻巣市)、平松議員(新座市)、私の3人が委員になっています。
10時から始まり、終わったのは17時半頃の長丁場の会議でした。

初日のこの日は、これまでの間の対策について説明を受け、課題の洗い出しを行いました。
委員からは自宅待機者がお亡くなりになった件、検査・医療体制、中小企業支援、学校休業などのこれまでの対策全般について質疑が行われました。

私からは特に、下記3点の質疑をしました。
①広域連携や国への要望について
外出自粛等、広域連携や国との連携強化をする必要があるが、その具体策は。
②中小企業支援
外出自粛等により経営難になった医療機関等への支援は。
③教育
県が把握している課題は「学習の遅れ」だが、退学に追い込まれている程深刻な状況もあるため、支援を。

次回以降は、分野別の審査として、①財政、組織、情報発信、②医療、福祉、③教育、雇用、経済等に分かれて議論を深めていきます。

〈無所属県民会議〉新型コロナウィルス感染症対策特別委員会勉強会

今日は、会派で新型コロナウィルス感染症対策特別委員会に向けた勉強会でした。
埼玉県のこれまでの感染者の状況、埼玉県の取り組み、今後の課題等について部局を横断して確認しました。
私は新型コロナウィルス感染症対策特別委員会の委員になっており、第1回目は29日を予定しています。
しっかりと勉強し、委員会に臨みたいと思います。
皆さんもご意見やご要望等があればぜひお聞かせください。

〈無所属県民会議〉迷惑行為防止条例

今日は午後から迷惑行為防止条例の勉強会でした。
県内の実態を調査し、現状の埼玉県の条例に足りないところを明らかにして、法律との関係や全国の条例を調べながら改正案を練っていきます。
条例の改正案を練るというのは私にとっても初めてで、立法に携われる良い学びの機会です。