一般質問


一般質問とは、市政全般について議員が政策を提案したり市政を正したりするために執行者に直接質すことです。戸田市議会では、年4回(3月、6月、9月、12月)の議会で一般質問を行うことができます。
私、こんの桃子は、これまですべての議会で一般質問に登壇しています。


平成30年2-3月議会

 (1)保育所等の各種申し込み手続について。
 (2)子育てワンストップサービスについて。
 (1)現状について。
 (2)適正化に向けた取り組みについて。

平成29年12月議会

1.上尾市の事業入札に係る贈収賄事件について
(1)上尾市で起きた贈収賄事件について、戸田市での対応は。
2.図書館及び郷土博物館について
(1)図書館及び郷土博物館の設備改修工事に伴う長期閉館について。
(2)閉館中の図書館サービスについて。
(3)閉館中の博物館サービスについて

平成29年9月議会

1.成年後見制度について
(1)現状について。
(2)市町村による「成年後見制度利用促進基本計画(市町村計画)」の策定について。
(3)「地域連携ネットワーク(協議会等)」の設立と円滑な運用について。
(4)審議会等合議制機関の設置について。
2.特別支援教育について
(1)現状について。
(2)授業のユニバーサルデザイン化について。
(3)家庭と学校との連携について。
(4)発達障害等への理解について。
(5)人材について。
3.こどもの国について
(1)プールについて。
(2)学習室について。

平成29年6月議会

1.高次脳機能障害について
(1)現状について。
(2)支援について。
2.民間活力の活用について
(1)協定について。
①現状について。
②今後の活用について。
(2)ネーミングライツについて。
①現状について。
②今後の活用について。
(3)CSR(企業の社会的責任)について。

平成29年3月議会

1.女性活躍支援について
(1)公共施設や空き家等を活用したチャレンジショップ・シェアードショップについて。
(2)座談会等の開催について。
2.子供のための政策について
(1)「子ども食堂」について。
(2)子どもの学習支援事業、「子どもサポートプロジェクト」等について。
3.医療・介護について
(1)2018年の診療報酬・介護報酬の同時改定への対応について。
(2)在宅医療・介護連携の推進について。

平成28年12月議会

1.広報について
 (1)「ふれあい戸田」の見直しについて。
 (2)「広報戸田市」について。
 (3)PR大使等、広報について。
2.戸田東小学校・戸田東中学校の建てかえと小中一貫校化について
 (1)建てかえと小中一貫校化の位置づけについて。
 (2)保護者や地域に対する説明について。
 (3)今後の進め方について。特に「小中一貫校設立準備委員会」について。


平成28年6月議会

1.たばこについて
(1)喫煙制限区域指定、巡回啓発員について。
(2)罰則化について。
(3)喫煙所の整備について。
2.投票所について
(1)期日前投票について。
(2)駅や商業施設等での「共通投票所」について。
(3)不在者投票について。
(4)子供連れ投票について。
3.人口について
(1)人口について。
①「少子化」「高齢化」の認識。
②人口推計。
〈ポイント〉高齢者の実数は市の推計より少なく、子どもの実数は市の推計より多い
〈ポイント〉戸田市の人口増加数は大都市レベル、増加割合は離島レベル
③市長の考え及び今後の政策。
(2)保育所について。
①待機児童の現状。
②待機児童ゼロ宣言。
③一時保育の拡大及び幼稚園との連携。
(3)学童保育室について。
①待機児童の現状。
②待機児童ゼロ宣言及び全児童対策。
③小学4年生以上の受け入れ。
④民間学童保育室との連携。
(4)小学校及び中学校について。
①児童生徒数の推移。
②校舎の状況及び今後の整備計画。
③ファシリティマネジメントとの関係。
④学区割。


平成28年3月議会

1.動物愛護について
(1)動物愛護及び適正管理条例の制定について。
2.防災について
(1)関東・東北豪雨により発生した水害の検証について。
(2)在宅避難について
(3)出前講座等、周知方法について
(4)災害時のペット対策について。
3.子育て政策について
(1)児童福祉審議会(戸田市版子ども・子育て会議)について。
(2)トワイライト事業、ショートステイ事業、利用者相談支援事業について。
(3)一時保育事業について。
➀現状について、提供体制、利用状況は。また、子供全体や通常保育との比較は。
➁受け入れ枠の拡大・改善。
(ア)受け入れ枠の拡大を。特に、ゼロ歳児の受け入れ、保育時間の延長、土曜日の受け入れ拡大、当日の受け付け枠を。
(イ)利用条件の整理を。特に、求職活動の明記、就労条件の緩和、兄弟行事利用の緩和、リフレッシュ枠の拡大、知的・発達障害のある場合の利用、社会参加利用を。
➂申し込み方法。
(ア)予約システムの導入、電話申し込みの導入を。
(イ)連絡手帳の導入を。
⓸周知方法。
(ア)ホームページやパンフレットの充実を。
(イ)市広報で子育てサービスの周知を。
⓹保育士確保策について、処遇改善、家賃補助等の市独自の取り組みを。
★議会レポートはこちらから






平成26年12月議会

1.聴覚障がい者のための窓口対応を!
2.子どもに自転車保険等の加入を!
★ 議会レポートはこちらから




平成26年3月議会

1.街灯の情報・窓口の一元化を!
2.オープンデータの利活用を!
3.子ども・子育て会議の充実を!
★議会レポートはこちらから



平成25年9月議会

1.監査報告などの公開を!
→<実績>監査結果等が公開されました!
2.福祉施設への補助に公平性・透明性確保を!
★議会レポートはこちらから