人間ドック

今日は朝から人間ドックでした。
市議会議員の頃は議会で健康診断を準備していただいていましたが、県議会ではそのようなものがなく各自が受けてきて一部助成される形式のようです。

去年は妊娠中できちんと健康診断を受けられなかったので、今回は脳ドックやレディースドックなど全身チェックをしてきました。
乳がん検査(授乳中のためエコーのみ)、子宮頸がん検査もしてきました。
スタッフの方がテキパキしていて、とてもホスピタリティ溢れるサービスでした。

ただ、久しぶりの胃カメラは、鼻からを予約していましたが、鼻の穴が小さすぎて口からに変更されました。
本当に苦しかったです、、、

次回は麻酔で寝ている間にできるクリニックにしようかな、、、

皆さんも、健康診断をきちんと受けてくださいね!

仕事復帰のご報告

この度の出産に際し、ご理解とご協力を頂き、誠にありがとうございます。
お陰様で無事で1か月健診やこんにちは赤ちゃん訪問を終え、少しずつ仕事に復帰していこうと思っています。

12月定例会を始め、お声掛けいただいた行事等に出席することができず、大変申し訳ありません。
生後1か月余りでは預け先がなく、まだご迷惑をおかけすることがあるかと思いますが、ひとつひとつ調整しながら一生懸命取り組んでいきたいと思います。

お休みさせていただいた期間は、3時間おきの授乳やおむつ替えなど、慌ただしくも幸せな時間を過ごすことができました。
妊娠・出産を経て得た思いや経験をこれからの活動に活かして参ります。

[令和元年12月定例会 経済・雇用対策特別委員会]

こんにちは、事務所スタッフの松田です。
18日は10時から委員会のを傍聴して参りました。
金野が所属する経済・雇用対策特別委員会です。

雇用対策については、何度も何度も質問が繰り返されて、
非常に白熱した議論が展開されておりました。
また、保育園待機児童の問題で、企業内保育園の推進が進まない話が
出ておりました。県内事業所が参入しやすい告知方法や、窓口など、色々と工夫をされていました。

少しでも待機児童が減り、働きやすい環境が早く整えばいいなと思いました。

(事務所:松田)

[令和元年12月定例会 企画財政委員会]

こんにちは、事務所スタッフの松田です。
16日は10時から委員会のを傍聴して参りました。
金野が所属する企画財政委員会です。


第103号議案 令和元年度埼玉県一般会計補正予算
第108号議案 埼玉県知事の在任期間に関する条例を廃止する条例
第109号議案 埼玉県手数料条例の一部を改正する条例
第110号議案 知事の権限に属する事務処理の特例に関する条例の一部を改正する条例
第114号議案 当せん金付証票の販売について

<行政報告>
八ッ場ダムの整備状況等について

議会の傍聴もさることながら、委員会まで傍聴できるとは知りませんでした。
非常に多くの職員さんが廊下まで待機しており、一見すると物々しい雰囲気でした。
挙手をする時の手が、グー(握りこぶし)になっていたのも印象的です。

(事務所:松田)

[令和元年12月定例会]一般質問ー石川忠義議員

こんにちは、事務所スタッフの松田です。
10日は10時から本会議を傍聴して参りました。
この日の登壇者は3人、金野が所属する無所属県民会議の石川忠義議員の一般質問を傍聴しました。
取り上げたテーマは下記の通りです。


1 台風第19号被害の教訓から市町村と協力して避難所の運用改善を進めるべき(知事、教育長)
2 高齢者の豊富な知識や経験を生かす「人材バンク」を(知事)
3 生物多様性の視点を重視した「彩の国みどりの基金」の活用とすべき(知事、農林部長)
4 進路の定まらない高校生への支援について(教育長)
5 障害者と健常者がともに参加する障害者スポーツを充実すべき(知事、福祉部長)
6 中学生学力アップ教室事業の充実をすべき(教育長)
7 プッシュ型中小企業支援について(産業労働部長)
8 土木・建設現場の週休2日制の実施について(県土整備部長、産業労働部長)
9 地元問題について(県土整備部長)
(1)一級河川庄兵衛堀川の抜本的治水事業を早急に進めるべき
(2)県道川越・栗橋線の渋滞解消・安全対策を進めるべき—

今年の台風19号で得た避難所の運用改善や、初めて聞いた「彩の国みどりの基金」のお話も興味深かったのですが、中学生や高校生の支援についてのお話に胸が熱くなりました。
子どもを持つ身として、少しでも、明るい未来が描けるようになってほしいと、帰りの電車で思いました。

(事務所:松田)

[令和元年12月定例会]一般質問ー杉田茂実議員

こんにちは、事務所スタッフの松田です。
6日は10時から本会議を傍聴して参りました。
この日の登壇者は3人、金野が所属する無所属県民会議の杉田茂実議員の一般質問を傍聴しました。
取り上げたテーマは下記の通りです。


1 行政の分散等について(知事)
2 農業政策について(農林部長)
(1)農業政策の方向性について
(2)県北部地域の農業振興について
(3)農業技術研究センターと農業大学校の取組について
3 新公会計制度に取り組む意義について(企画財政部長)
4 「うどん王国・埼玉」を目指して(産業労働部長、農林部長)
5 地元問題について
(1)熊谷市内の河川について(県土整備部長)
(2)熊谷会館跡地について(企画財政部長)

2日の初日は、ほんの数名しかいなかった傍聴席が、今日は杉田議員の応援に、150名を超える支援者の方がお見えになっていました。
ですが、傍聴席からの拍手やお手振りは禁じられているので、皆様、少し残念そう。
埼玉県北部の農業政策や、香川のうどん県に負けない埼玉のうどん消費量のお話や、熊谷市役所の跡地についてなど、県南出身の私には知らなかったことばかりで、聞き入ってしまいました。

(事務所:松田)

[令和元年12月定例会]開会日

こんにちは、事務所スタッフの松田と申します。
12月に出産を控えている金野本人に代わり、FB等にて情報発信をして参りたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

2日は10時から本会議を傍聴して参りました。
いよいよ12月議会が始まります。
このような機会でもなければ行かない場所に、少し緊張しました。

12月議会で上程された議案等は、「埼玉県知事の在任期間に関する条例を廃止する条例」いわゆる多選自粛条例等です。
○埼玉県議会ー令和元年12月定例会付議議案件名(意見書・決議を除く議員提出分)
https://www.pref.saitama.lg.jp/e1…/gikai-gaiyou/r0112-2.html

今後も引き続き、議会の傍聴をし、皆さんにお知らせしていきたいと思います。

(事務所:松田)

[令和元年9月定例会]議案調査日

4日は議案調査日です。
本会議はありませんでしたが、月曜日から始まる委員会の準備や予算要望、ご意見対応等で県庁へ。

お昼はコバトンカフェに行きました。
ずっと欲しかったコバトンのぬいぐるみとキーホルダーを買いました。

ふわふわしていて、とても可愛いです。
控え室で使うマウスパッドもゲットしました。

少しずつコバトングッズも揃えていきたいなと思っています。

〈県政躍進地方議員の会〉大野もとひろ新知事を表敬訪問

3日は議会終了後、県政躍進地方議員の会で大野もとひろ新知事のもとに表敬訪問に伺いました。
初めて入る知事公館は重厚な造りと昔の合宿所のような匂いで、ドキドキしました。

県民が主役の県政を県民目線で進めていくと掲げた知事に、県民目線で県政を見られるようにとの思いを込めて、中島直樹代表より眼鏡をプレゼントしました。
とてもよくお似合いでした。

〈雑記〉「議員として成果を出せるのか?」とはどういうことか

今年は春の統一地方選から始まり、夏の参院選、埼玉県知事選、埼玉県参院選補選と12年に一度の選挙yearです。
全国では障がいのある議員が誕生したり、シングルイシューを掲げる政党が国政に進出したり、タレント出身あるいは政治経験の全くない人が当選したりと、これまでは政治から遠かったような人が政治の場に参画しているように思います。

そのときに、「お手並み拝見」とまではいかずとも「議員として成果を出せるのか?」という声をよく聞きます。
その言葉を聞くたびに、安心する、つまり多くの人が政治に無関心であり、政治は何も期待されていないわけではなく、政治家には成果を出して欲しいと期待されているんだとかすかな希望の灯りを感じると同時に、私も議員の一人として、キュッと心臓を掴まれるような思いになります。
「議員として成果を出すとはどういうことか」「果たして自分は、議員として成果を出しているのか」と身につまされるからです。

もし議員としての成果が議場における採決であれば、多くの議員は成果を出しているでしょうが、「議員として成果を出す」というのはそれだけではないでしょう。
あるいは、地域のお祭りやイベントに出ることが「議員として成果を出す」というのでは、やはり信託を受けた意義からすればそうではないと感じます。
あるいは、私はよくご意見対応で街灯をつけたり道路環境を整備したりしていますが、このようなものは議員でなくても一市民・一県民の立場でも出来ます。

政策を訴え実現するということが「議員としての成果を出す」ということに近いのかなと思いますが、市議会議員から県議会議員に転身した身としては市町村→都道府県→国と上がるにつれ、政策を実現することのハードルが高くなることを感じています。

実際これは、市議会議員を1期4年を経て、2期目に挑戦しようと思い実績をまとめたレポートを作る際に、あまりの自分の実績のなさに愕然としたことが思い起こされます。
確かに1期4年間一生懸命活動をしてきたけれど、実績として書けるものは何だろうと頭を抱えてしまったのです。

だからこそ、選挙yearの今年、「議員としての成果」が多く問われているのを聞くと、それは一体どういうことなんだろうと考えてしまいます。

皆さんが考える「議員としての成果」は何だと思いますか?