防災ゲームによる防災対応訓練


防災ゲームによる防災対応訓練

本会議終了後、午後から議会で防災ゲームによる防災対応訓練を行いました。
「戸田市議会における災害発生時の対応要領」において災害時の議員の責務等が記されており、防災ゲームを通じて被害の拡大防止・災害復旧に寄与する判断を行う練習です

チームに分かれた上で、災害時の状況の書かれたカードを見て、メンバーが「イエスorノー」を決めていくものです。
多数派であればポイントカードがつき(反対に少数派になった場合もカードがつきます)、その枚数を見るゲームです。

例えば・・・
「避難所に3000人いるものの、2000人分しか緊急食料を用意できない場合にそれでも配るか」など阪神淡路大震災の際に神戸市職員が実際に判断を迫られた難しい状況判断にイエス・ノーで答えていきます。

同期の議員、先輩議員、市の職員さんもまじえて、難しい状況での自分のイエス・ノーカードを出していくと、自分の思考が「リスクがあっても行動するタイプ」か「様々考えて慎重に対応するタイプ」かわかってくる感じがして、とても面白かったです。
緊急時での様々な立場になったと想像してイエス・ノーを下していくと、わずか1時間ではありましたが、判断力が鍛えられるように感じました。

○災害対応カードゲーム教材「クロスロード」【チームクロスロード】
http://www.bousai.go.jp/kyoiku/keigen/torikumi/kth19005.html

bousai