自治基本条例フォーラム「私たちのまち戸田はどんなまち?〜戸田の未来を語り合おう〜」


今日は一日予定が立て込んでいて、午後に少しだけ自治基本条例フォーラムに出席させていただきました。
自治基本条例は市民・議会・行政が協力して戸田市のより良いまちづくりを目指すもので平成26年に制定されました。
制定する過程でも市民・議会・行政の三者が関わってきましたが、制定後も自治基本条例で目指すまちづくりを進めていくため様々な取り組みがなされています。
その一つが今日開かれたフォーラムです。
今年は特に若い世代のまちについて思っていることを発表するというテーマでした。
高校生や大学生が、戸田をもっとアートなまちにしたい!持続可能なまちにしたい!たくさんの人がスポーツを楽しむまちにしたい!と熱く語っていました。
このようなテーマを選んだり、手話通訳や託児を付けたりするところに、主催者の皆さんの思いがあるのがわかりますね。

日頃活動していても、まちづくりや市政に関心のある方はとても熱心で、そのほとんどの方が「一人でも多くの人にまちづくりや市政に関心を持ってほしい!」と思って活動されています。
ただ実際にはまちづくりや市政に関心のある方は少なく、関心のない人たちに関心を持ってもらい、かつ活動に参画してもらうのはとても大変です。
かく言う私自身も、市議会議員になる前はあまり戸田市のまちづくりや市政に関心があったわけではありませんから、いわば「関心のない人たち」でした。
ですが、市議会議員になってみると市政で話し合っていることは自分たちの日々の暮らしに直結していると痛感しますし、市長や市議会議員、町会や地域の皆さん、市役所職員の皆さんと話ができる関係にいることは決して悪いことではなく、むしろ良いことが多いと思っています。

まちづくりに携わっている皆さんは、まちづくりに関心を持ってもらうことは嬉しく感じる方が多いと思います。
意外にハードルも低いですから、ぜひお気軽にまちづくりに参加してみていただきたいなと思います(ちょっと偉そうな書き方ですが)。

自治基本条例推進委員会の皆さん、ご参加の皆さん、どうもありがとうございます。