戸田競艇企業団議会ー平成29年度決算認定


今日は10時から、戸田競艇企業団議会の総務常任委員会でした。
戸田競艇企業議会には戸田市議会、川口市議会、蕨市議会から委員が選出されており、戸田の会からは佐藤議員、矢沢議員、金野の3人が出ています。
総務常任委員会は事業全般について(業務常任委員会所管事項以外)、業務常任委員会は主に開催事業等を担当しています。
比較的年配議員が総務常任委員会に所属する傾向もあるようで、今回は私と佐藤議員が総務常任委員会に、矢澤議員が業務常任委員会に所属しています。
今日は平成29年度決算(競走事業収益が約329億9000万円、競走事業費用が約325億9300万円)について審議をしました。
議論の一部を私の視点でピックアップしてみました。
Q 今回、初めて明らかになった埼玉県都市競艇との確認書(戸田市にとって不利なものという見方もある)について。
A 戸田市が外向け発売所を設置するにあたり、都市競艇からの要望により初めて確認書を交わした。今後も協議をしていく。
Q 売上アップに向けた取り組みについて。
A 戸田競艇の来場者が赤羽で飲食をすることが多いことに着目し、赤羽の商店街での周知PRを行う。
Q 三市への配当金について。
A 戸田市へ5億円、川口市へ2.5億円、蕨市へ2.5億円。
競艇事業も興味深いテーマがたくさんあります。
しっかりを勉強をしていきたいと思います。