[平成30年9月議会]一般質問4日目


今日は10時から一般質問4日目です。

9時からレガッタ部説明会(9月15-16日の全国交流レガッタ大会について)、9時半から代表者会議(県南都市問題協議会の今後について)を経て、10時から本会議です。
3人が登壇しました。
この日取り上げられたテーマは以下の通りです。

◆奨学金制度の見直しについて
◆市民消費生活センターの充実について
◆市役所業務の効率化について
◆広報誌について
◆ろうけん戸田と民間活用について
◆図書館について
◆EBPM(エビデンス・ベースト・ポリシー・メイキング)証拠に基づく政策立案について

―――
この日は、戸田の会からは酒井議員、矢澤議員が登壇しました。特に酒井議員が取り上げたろうけん戸田の問題が議会で取り上げるにふさわしいテーマだったと思います。実は、今年4月から戸田市直営から民間事業者への指定管理になった介護老人保健施設ですが、引継ぎがうまくいかなったことや職員の皆さん(市直営時代から継続されている方や新規採用の方)とのコミュニケーション不足等様々な事情で、一定程度経営改善の兆しはある一方、職員の大量退職が起きています。この問題は私宛にも届いており、会派として担当課ヒアリングや老健の現地視察等を行い、今回酒井議員がモニタリング強化等を提案したものです。今回酒井議員が取り上げることで一定程度改善が見込めると期待しています。