[平成30年議会改革特別委員会]


今日は駅頭活動後、10時から議会改革特別委員会でした。議会のICT化について、政務活動費について話し合いました。

議会のICT化については、具体的にいつまでに、どの議会資料をペーパーレス化するか話し合いました。
特に意見がわかれたのが、予算書・決算書等の資料です。
毎年3月議会、9月議会で数日間資料に囲まれて長時間審議をしていますが、前年度と比較したり、同時に複数の資料を見比べたりする必要があるので、紙媒体の資料が欲しい方、紙媒体の資料は不要で完全ペーパーレス化を目指すべきだという方と様々です。
私は個人的には、予算書・決算書等は紙媒体が使いやすいので委員会内では慎重な立場でした。

政務活動費については、領収書のインターネット公開の方法、広報費(レポート代)の按分を認めるかどうかについて話し合いました。
領収書のインターネット公開は、公開すること自体は一致していますが、具体的な作業やどこまで全会派で共有にするかなど、細かい点を確認しました。
広報費の按分の是非については、相模原市議会での事例(市政報告的要素と宣伝的要素の強弱により3分の2、2分の1等で按分する)を参考にしましたが、私からもう少し事例を見てみたいと申し入れ、引き続き検討となりました

議会改革特別委員会は、酒井委員長のもと毎回2時間近くみっちり話し合っています。