[平成26年9月議会]一般質問ー2日目


DSC_1718
今日は一般質問2日目、5名の議員が登壇しました。
今日のテーマで興味深かったのは以下のテーマです。◆AEDの公共施設屋外設置・コンビニ設置
心肺停止となった方に対して、一般市民がAEDを使用し社会復帰した例が市内で4症例。一般市民のAED使用が認められてから年々増えている。平日夜間の発生が6割を超えるが、公共施設などは開館時間以外では使えないため、平日夜間AEDを使えるよう、公共施設の屋外設置やコンビニの設置の提案に対して、屋外設置については設置場所等考慮しながら順次設置。コンビニについても「街角救急ステーション事業」の中で検討するというご答弁。

◆市民活動サポート補助金
補助金審査委員会の委員は現在行政の部長級職員により構成されているが、市民活動や非営利活動に明るい人材を外部委員や公募委員として加えてはどうかという提案に対して、幅広い知識を持った人材を確保するよう考慮しながら、来年度からでも実施できるよう前向きに検討するというご答弁。

◆開票作業における不正行為の防止
香川県高松市で発覚した開票作業の不正行為防止にならい、戸田市でも開票参観席に作業説明図を貼付したり、記録用ビデオカメラを設置してはどうかという提案に対して、作業説明図を机上配布したり、記録用ビデオカメラは高松市の今後の状況や近隣自治体の状況を注視しながら研究し、選挙管理委員会に諮りたいというご答弁。

◆性犯罪・性暴力被害者のためのワンストップ支援センター設置
性犯罪・性暴力被害者のためのワンストップ支援センターを様々な機関と連携して設置できないかという提案に対して、戸田市での性犯罪は平成24年強姦1件・強制わいせつ6件、平成25年同4件・同11件、平成26年現在まで同1件・1件という状況、市への相談は過去3年間なく、もし市民医療センターで24時間体制で対応すると初期費用で約1億円と試算、なかなか難しいが、被害者に寄り添った支援をしていくというご答弁。

◆戸田公園駅競艇場送迎バス発着場移設
競艇場送迎バスが旧西口ロータリーに移転され、様々な対応は戸田競艇組合が行うが、ロータリー管理者は戸田市であり、誘導員の配置、自転車駐輪場、喫煙・ゴミ対策など情報共有・協力をという提案に対し、誘導委員は5名配置、自転車はは近隣駐輪場へ誘導、ゴミは清掃員が掃除し喫煙は誘導員が声かけするというご答弁。

写真は一般質問の座席です。
戸田市では、議員の一般質問は行政と向き合う形で行います。
写真奥の一番手前が市長の座席です。
皆さんも、この座席に立って一般質問をしてみるということをぜひ想像なさってみてくださいね(^^)