戸田市小・中学校児童生徒プレゼンテーション大会


今日は午後から、戸田市小・中学校児童生徒プレゼンテーション大会に出席しました。
小学生の部と中学生の部に分かれ、市内全小・中学校の代表となる児童生徒の皆さんが、日々の学びや生活の中で得た考えやアイディアをプレゼンテーションを交えながら発表します。
時間の都合上、小学生の部しか拝見できませんでしたが、とても楽しく面白かったです。

校内の学童保育室が午前中に親子の広場になっていることに気づき、クラス全体として赤ちゃんと一緒に遊ぶ企画をしてみた話や、2020オリンピックに向けて外国の人とコミュニケーションを図れるようにアプリを作った話など、子どもならではの視点で、大人顔負けのアイディア(もはや政治家の政策のようなものです)を訴えていました。

プレゼンテーションのパワーポイントも充実していて、発表の振り付け等も面白く、発表するまでにたくさん考え練習したんだろうなと感じました。
偶然にもつい先日「教育フェスティバル」で、「これからの時代に必要な力」について文科省・経産省の方のお話を聞いたばかりでしたから、今日のプレゼンテーション大会を拝見し、日々の暮らしの中での疑問点や課題といったAIが「解なし」とするような問題について、自分の頭で考え、行動し、周囲の人と協力して取り組むといったことが体現されていると感じました。

発表した児童生徒の皆さん、関係者の皆さん、とても面白い発表をどうもありがとうございます。