[令和2年6月定例会]議員勉強会


今日は10時から、会派で6月定例会に向けた議員勉強会でした。
市議会でいうところの議案等事前説明会を、会派ごとに行う感じですね。

今回は新型コロナウィルス感染症対策として、総額約1,591億円という大規模な補正予算が組まれており、各部局から様々な対策をヒアリングしました。

今回の補正予算では、在宅学習の支援、家賃支援、テレワーク支援、ひとり親家庭支援、医療機関支援と様々な施策がありますので、今後適宜お知らせして参ります。
何もしなくても給付されるものもあれば、申請しないと給付されないものなどもありますので、必要な方に適切に届くように皆で互いにサポートできればいいなと思っています。


市議会での議案は地域や人に密着した個別の政策が多い印象ですが、県議会での議案は国の方針と県の方針をすり合わせ、それをどのように市町村や関係機関を通して実施するかというスキーム(政策の枠組み)を議論するという印象です。
今ある社会課題をどのように全県下であまねく解決に導けるか、という頭の使い方です。
そういう意味では、県議会の議案審議は政策論の実例として勉強になります。

(※写真は先日の会派会議の様子です。)

ー 場所: 埼玉県庁