[令和2年6月定例会]環境農林委員会ー給食に県産和牛が出る!


今日は10時から環境農林委員会です。
新型コロナウィルス感染症対策の補正予算、埼玉県手数料条例の一部改正する条例、指定管理者(埼玉県農林公園、埼玉県農民の森、埼玉県みどりの村、埼玉県森林科学館、埼玉県種苗センター等)に係る事業報告書及び事業計画書等について審議しました。
 
新型コロナウィルス感染症対策の補正予算の1つとして、学校給食で県産和牛が提供する事業があります(6億4244万円(国庫負担10分の10)。
1人1回100g以内で年間3回を上限に食育教材とともに提供されます。
 
ただ、この事業はこれまで牛肉を扱ったことがないなどの理由で県内全約1270校の希望した569校のみが参加します。
 
戸田市は手上げをしているということで、戸田市の子供たちは給食で牛肉を食べることができます。
 
半分以上の学校が手挙げをしていないということで予算額に余裕がある場合は第二弾で募集する考えがあるか、またこの事業の目的が新型コロナウィルス感染症による消費の落ち込みを支援する旨であることを周知しないのかと質問をし、「改めて市町村を通じて希望の受付をしており、希望校には調整を進めること、また、農家の支援である旨を食育の教材に盛り込みたい」との事でした。
とだっ子のみなさん、和牛の給食を楽しみにしていてくださいね!
 
写真は、石川県議からいただきました。
自分の委員会出席中の写真を撮っていただいたのは初めてなので、嬉しいです。