新型コロナウィルス感染症対策特別委員会ー分野別審査〈財政・組織・情報発信〉


今日は終日新型コロナウィルス感染症対策特別委員会でした。
無所属県民会議からは、並木まさとし議員(鴻巣市)、平松だいすけ議員(新座市)、私の3人が委員になっており、部局別に審査することからこの日は財政、組織、情報発信について審議しました。

委員会では今後の財政運営について、部局内の応援体制について、情報発信のあり方について等の質疑が出ました。

私からは、主に下記2点の質疑をしました。
①市町村への情報提供・連携について
消防救急搬送、避難所運営、自宅療養者のケア(食事の配達)などで市町村に対し積極的に情報提供して連携を図るべきではないか。
②情報発信のわかりやすさついて
他都道府県に比べて埼玉県の情報発信がわかりにくいという声がある。視認性を高めたり、わかりやすい言葉を使うなど工夫ができないか。

一定程度の前進・改善も見られそうなので、引き続き審議を続けて参ります。
次回は31日で医療、福祉について審議する予定です。