[令和2年9月定例会]地方創生・行財政改革特別委員会


今日は10時から常任会です。
私は地方創生・行財政改革特別委員会に所属しており、平松だいすけ議員(新座市)と一緒です。

今日は、地方財源の確保対策、地方創生、まち・ひと・しごと創生総合戦略、SDGsの推進についてを主な議題として審査を行いました。

地方財政は、社会保障関係費の自然増などにより歳出総額が増加傾向にあること、また、新型コロナウィルス感染症拡大による景気の急速な悪化に伴う税収の落ち込みにより、巨額の財源不足額が生じる見通しであることなどの説明を受けました。
また埼玉県まち・ひと・しごと創生総合戦略では、総合戦略の達成状況について説明を受けました。
私からは特に、県民の結婚・出産・子育ての希望を叶えるという基本項目において、不妊治療女性件数が目標8500件に対し達成率が69.3%と低い点を課題に取り上げ、年齢・回数制限、男性不妊、不育症、国の動向に対する県の対応などについて質疑応答を行いました。
この点について、私は「国の動向や制度改正を注視する中で、財源やエビデンスの有無、不妊治療助成により実際に出産に至った件数などを考慮しながら、県主体的な取り組みを強化すること」を提言として求めました。

※写真は、今日撮り忘れてしまったので、前回の委員会の時に平松議員と撮った写真です。