児童発達支援の教室


DSC_2353

午後から、市内の児童発達支援の教室のクリスマス会にお邪魔させていただきました。
「言葉が出ない」「こだわりが強い」「コミュニケーションが取りづらい」といった個性を持つ子どもたちを教育しながら教えているそうです。

今までも、応用行動分析の教室、喜沢小学校通級教室、都内の民間発達指導教室、県立和光南特別支援学校などを見学させていただきましたが、見学させていただく度に新しい学びがあります。
どこの教室も子どもたちが明るいのが印象的で、本当に一人一人個性を感じます。

今日のクリスマス会も、踊ったり歌ったりサンタクロースが現れたりと、賑やかで楽しそうでした。
保護者の皆さんともお話しさせていただくこともでき、大変なこと、これから期待したいことなど色々と思いを聞かせていただきました。