[健康福祉常任委員会]敬老祝金贈呈事業見直し他


DSC_2296

今日は当初は10時から交通対策特別委員会でしたが、昨日の審査で敬老祝い金見直し条例等の議論が長引き、交通対策特別委員会を午後に延期し、9時から健康福祉常任委員会でした。

共産党から修正案が出た他、各会派で、支給年齢の数(現行10区分→4区分)、70歳以上に支給される2000円分のコイン型商品券(総額約2500万円)、高齢者の方々への説明、削減された分の活用方法など、様々な意見が出ました。
結果、賛成多数で原案(約4300人総額約8400万円→約1000人約1600万円)が委員会で可決されました。