[令和3年9月定例会]福祉保健医療委員会・動物と共生する社会を推進する議員連盟


皆さん、昨日の地震は大丈夫でしたでしょうか。
朝の出勤では、市内の駅が大変な混雑だっと聞いています。
私も家族も早めに出ましたが、それでも大混雑で大変でした。
改めて日頃の備えが大切ですね。
今日は10時から福祉保健医療委員会です。
主に、新型コロナウィルス感染症対策に関する補正予算(総額約1,219億円)の審議です。
私からは、
Q新型コロナウィルス感染症県民サポートセンターの運営(約2億5,608万円)及び受診・相談センターの運営(約3億4,255万円)の運営状況
Q「LINEコロナお知らせシステム」(約273万円)の利用実績と濃厚接触の可能性のある利用者への通知実績
Q民間検査機関等へのPCR検査機器の整備への助成(約26億1,482万円)の実績と実態確認
Q入院医療機関の病床確保等への支援(約899億6,213万円)に際し、いわゆる「幽霊病床」の実態と対策
Q自宅療養者への適切な療養体制の確保(約39億6,492万円)に際し、新規契約先との契約関係(適切に業務委託を行えるか)の確認
等を質疑しました。
そのほか、
◆備蓄用抗インフルエンザウイルス薬の取得(21万7,000人分/約4億411万円)
◆福祉3医療の県内現物給付化ー未就学児の医療費(乳幼児医療費・重度心身障害者医療費・ひとり親家庭医療費)が令和4年度から全県現物給付(=窓口払いなし)になります
◆ケアラー・ヤングケアラー支援に関する取り組み
等について協議しました。