2015-02-24 22.09.25
【喫煙制限区域指定、看板設置、啓発員配置等】

以前からお伝えしていた「喫煙制限区域指定」ですが、今日の質疑で詳細がわかりました。

ざっくりいうと・・・
★平成27年6月1日付けで戸田公園駅、戸田駅、北戸田駅の駅周辺が「喫煙制限区域」に指定され、路上喫煙が禁止される。
★朝6時~夜9時の間で通勤時間帯を中心に1日6時間、啓発員が声掛け+啓発グッズ配布。専用帽子・ベスト・身分証あり。シルバー人材センターに委託。
★大型看板・路面シート作成、周知チラシを全戸配布。
★罰則は今回見送り、今後も効果検証して検討。
合計約916万円(約330万円は基金より支出)

まだ議決されていませんが、これから戸田市のタバコ対策が大きく変わる予感です。

<やりとり詳細>
◆平成27年度当初予算(約916万円)
こんのQ:
①予算の内訳は。
②喫煙制限区域は、いつ、どこを指定するのか。
③「美化推進重点地区」を指定しない理由。今後の検討は。
④「指導員」ではなく「啓発員」とした理由は。業務詳細は。
⑤看板設置業務とは。
⑥罰則化を見送った経緯は。今後の検討は。
環境経済部長A:
➀啓発看板・路面シート作成委託料が予算の大半を占める。その他周知用チラシ印刷製本費を含む。
②平成27年6月1日付で、戸田公園駅、戸田駅、北戸田駅駅前を指定区域として指定。効果検証により見直しを検討する。指定にあたっては戸田市環境審議会に諮り承認を得ている。区域指定により、制限区域で路上喫煙が禁止される。駅前の喫煙場所は変更なし。
③駅前は既に業者委託により清掃しているため指定する必要はないと判断。駅前以外は、関係住民等の意見聴取をする必要があり、今回は指定を見送った。今後情報収集し検討する。
④平成20年の条例施行後初めて喫煙制限区域を指定するため、まずは区域指定の周知徹底のため「啓発員」とした。啓発業務は、シルバー人材センターに委託し、朝6時~夜9時の通勤時間を中心に1日6時間、2人1組、周辺区域も巡回し、違反者に啓発グッズ配布とあわせて声掛けを実施。罰則規定がないが、専用帽子・ベストを着用し、市発行の身分証を携帯させ、トラブルを未然に防ぐよう支援する。
⑤各駅前に大型看板や路面シートを設置。チラシは全戸配布する。
⑥罰則化も検討したが、条例趣旨より粘り強く啓発することが重要で、罰則化はなじまない。他市でもほとんど罰則適用をしていないため慎重に検討する必要がある。今後は効果検証をしながら、戸田市環境審議会に諮り、罰則化を引き続き検討する。

〇こんの桃子レポート第6号
https://konnomomoko.com/wp-content/uploads/…/08/report_09.pdf