[平成27年3月議会]総括質問ー地域猫活動


【野良猫対策】
平成27年度から始まる埼玉県の地域猫活動について、今日の総括質問でも取り上げ、市長から下記の通り答弁をいただきました。

——-
市長:本市は、平成27年度から野良猫対策として、地域猫活動の支援を実施してまいります。その取り組みとして、まずは、今以上に野良猫の数を増やさないため、不妊・去勢手術を実施し、その猫を地域の理解を得て一生を全うさせることで、人と猫との共存を図るものです。その他の取り組みとしては、野良猫の里親探しや、飼い主への啓発活動などが考えられます。
これらの取り組みは、動物愛護の観点からみれば、殺処分ゼロを目指すことと同様のものでございます。
本市としましては、こうした状況を踏まえ、今後の野良猫対策について、補助金交付団体とともに地域猫活動の現状や問題点を精査し、検討してまいります。
——
野良猫問題は、可愛がる人もいる一方で、迷惑に思う人もいるとても複雑な問題です。
私は動物が好きなこともあり、野良猫を可愛いと思うし、殺処分を減らしたいと思い、かねてより取り組みをしていました。
他の先輩議員のお力もあり、今回こうして県の補助金を活用して、戸田市でも地域猫活動が始まる予定です。
補助金はイオングループからの寄付で、40万円/年×3年=計120万円が交付される予定です。
〇埼玉県地域猫活動
http://www.pref.saitama.lg.jp/a…/doubutu/tiikinekoguide.html

過去に戸田市で、野良猫について、「地域の理解を得て一生を全うさせることで、人と猫との共存を図る」「動物愛護の観点からみれば殺処分ゼロを目指すことと同様」というような答弁が出たことがあったでしょうか。
今回の施政方針では、野良猫対策は「地域環境への影響を低減する」とあり、それを見て私は野良猫は迷惑で駆除する対象だけではなく、動物愛護の観点も入れてほしいと思い、総括質問で取り上げました。
市長答弁では、私の想像以上に動物愛護や地域猫への理解があり、議場で聞いていて本当に嬉しく思いました。

今回の取り組みは本当に大きい第一歩だと思います。
写真は道満で捕獲した野良猫@今は岩手の祖母宅で生んだ子猫です。
11050705_747811251993345_54692732282075597_n