[総務常任委員会]市政50周年記念事業他、報告事項


その後13時半から、総務常任委員会。
戸田市議会は、閉会中も月1回ペースで常任委員会を開いており、執行部(行政)から報告を受けたりします。
今日も報告を受けたり、年間活動テーマについて話し合ったり。報告が8件もあり、3時間近くかかりました。

〇戸田市市政50周年記念事業実施計画
平成28年度に市政50周年を迎えるにあたっての記念事業について。特にゆるキャラの一本化、トコちゃんの着ぐるみ(←トコちゃんは知名度は一番に高いのに着ぐるみがありません)についてなどを質疑。

〇第1回総合教育会議
地方教育行政の抜本改革のひとつで、市長部局が主体となって教育について議論する会議の開催(4/16)について。

〇戸田市税条例等の一部改正条例
法改正(2015年3月31日)に伴い、税条例の改正(2015年4月1日施行)を専決処分ですることについて。法改正が3月31日で施行が4月1日では議会の議決を経ることができない点について質疑。

〇平成27年度戸田市一般会計補正予算
スポーツセンターで起きた利用者との訴訟費用について。

〇軽費老人ホーム白寿荘跡地売却
物流倉庫業を行う事業者が買受候補者に。

〇「受益者負担の見直し方針」における「算定根拠の明確化」
私も平成27年3月議会で取り上げたもの。見直し方針内の算定根拠が明確化されたもの。公費負担と受益者負担とする項目についての議論状況と、今後全市的に施設を調査し算定し直すスケジュールについて質疑。

〇(仮称)戸田市まち・ひと・しごと創生総合戦略検討会議
国が示す地方創生のための新たな計画策定の概要について。人口ビジョンをもとに、「まち・ひと・しごと」の視点からどのように地域を活性化させるかという計画。総合振興計画との兼ね合いや公募市民(特に若者、女性)の参加について質疑。

〇戸田市第2次情報化推進計画(後期)
10か年で行っている計画の後期計画の予定について。行政分野でも情報化を進めていこうという取組み。

議会は年4回のみですが、行政は年中仕事が進んでいます。
議会がないときでも、こうして定期的に報告を受けることで、行政の業務内容を把握することができます。

[追記]
戸田市議会では、本会議場だけではなく、委員会室にもパソコン持ち込みOKです。ただ、インターネット環境がないので、インターネットにはつながりませんが(今年度に議会として予算要求しましたが、予算がつきませんでした)。
委員会では本会議より活発な議論もでき、他自治体の例などをすぐに調べることもできるので、パソコンを持ち込めると議論の幅が広がります。

 

2015-04-17 16.06.45