[平成27年6月議会]一般質問2日目


今日は一般質問2日目。
今日取り上げられたテーマでは以下のテーマが興味深ったです。

◆要介護等認定者の住宅改修について
Q 申請件数は。住宅改修の事前申請について今年2月より2社以上の相見積もりを要するよう変更があったが、経緯と課題について。
A 上限20万円を助成(9割が介護保険)するもので、平成24年度189件、平成25年度147件、平成26年度137件。二社見積りを要求することで手間もかかるが、市の財政面や本人負担分を考えると二社見積りも必要。丁寧に説明する。

◆新曽小学校の単独校調理場建設
Q 戸田市では単独校調理場を掲げていたが、新曽小他3校が一時凍結している。平成24年に約3億8500万円で購入した土地を単独校調理場にすることを検討すべき。
A 購入土地は、将来的な学校の建て替えを検討して購入した。新曽小敷地では日照時間や建築基準法等の関係から全面改修を市ない限り、単独校調理場を建設することは不可能。

◆ センター給食のアレルギー対策
Q 給食センターではアレルギー除去食の対応をできず、弁当を持参している上、給食費を全額負担しなければならない。弁当持参の家庭は給食費の減額を。また、他校の単独校調理場で作っているアレルギー除去食をセンター給食の学校に届けられないか。
A 給食センターでアレルギー除去食を対応するのは小中学校で約150人で、その全員に対応するのは難しい。給食は一部でも食べるときは全額負担する。他校で作っているアレルギー除去食をセンター給食の学校に届けることは即答はできないが、対応を調査して参る。給食費については、一部食べたかどうか判断も難しいが(牛乳の場合は減額可能)、現状を把握したい。
こんのコメント:この問題は、私も聞いていて驚き、指摘する内容はもっともだと感じました。単独校調理場ではアレルギー除去食を作ることが可能で、他方、給食センターでアレルギー除去食を作ることはできず、お弁当を持参していること、その場合であっても一部でも給食を食べる場合は全額給食費を支払わないといけないは気の毒だと思いました。牛乳の場合は全く飲まないということで減額可能だそうで、給食についても相応の対応ができないかと思いました。

◆tocoバス
Q 75歳以上の功利者や障がい者等は運賃無料化、小学生は半額の50年円に。クーポン券付回数券の発行を。
A tocoバスの財政負担や事業者からの値上げ要望もあり、ワンコイン100円という現状を維持したい。クーポン券付回数券は今後検討する。

以上は、私のメモ・感想です。
正確・詳細なものは下記をご覧ください。

615