最後にお邪魔したのは、わかくさです。


最後にお邪魔したのは、わかくさです。
こちらは生活介護、就労継続支援B型といって、比較的障がいの程度が重く個別のケアもしながら就労にあたっています。
こちらは、「どんなに障がいが重くても働くことを大切にする」という理念のもと、取り組みを行っているそうです。
当初は「障がいがあるのに働かせるのはかわいそう」という保護者の声も多かったようですが、「働くことで人間として成長できる」ということを丁寧に説明し、今では作業効率も上がり、工賃(お給料)も1000円/月→7200円~25000円/月まで上がったそうです。

どんな作業をしているかというと・・・

①駅前清掃作業―北戸田駅をお掃除しています。

②ボール洗浄―子どものボールプールのボールをひとつひとつ丁寧に色分けし、洗っているそうです。これはイオン(ジャスコ)が発注しているそうです。北戸田のジャスコのボールプールのボールはこちらで洗っているそうですよ!

③表現活動
館内には通所者の描いた作品が飾ってあり、どれも個性的ではっとするような作品ばかり。

また、障がいのある方も避難場所にもなっているそうです。
障がいのある方に配慮した非常食なども備蓄されていました。

1025a1 1025a2 1025a3 1025a4