お盆+土日を使ってもまだ仕上がらず、今日もレポート作業です。


お盆+土日を使ってもまだ仕上がらず、今日もレポート作業です。
地方議員にとって、年4回の議会で与えられる一般質問の場が、いわば自分の政策を提案できる大きなチャンスです(就任する前は一般質問のことをほとんどわかっていませんでした)。
「一般〝質問”」といっても、「~とはどういうことですか?」と単に聞くのではなく、「~がいいと思うが、やってみたらどうか?」と提案する形で市政全般について提言できます。
戸田市の場合、持ち時間は一人40分間です(市役所の答弁時間は含まれません。他自治体では市役所が過度に丁寧な答弁をして質問時間を浪費することもあるようで、その点は戸田市は恵まれていますね)。
また、戸田市では「反問権」(市役所側からの逆質問。「そうは言っても、予算はどうするんですか?」とか。)はないので、いわば一方的に議員が好きなことを話せます。市役所側からすれば一方的に言われるだけなのでやりづらいだろうなと思います。

今回は皆さんからいただいたご意見や自分で考えたことなど4つのテーマを選んで質問しました。
実際には、7分+7分+13分+13分くらいの時間配分で考えましたが、実際に議場でやり取りしているときも、レポートにまとめている今も「詰め込みすぎたかな・・・」と反省。

レポートを作って周囲の方に見てもらっていますが、やはり40分の内容(事前準備を含めれば何十時間か)をA4の紙にまとめること、写真や画像も入れ文字も大きくすると、書ける文字数は本当に少なく100字や200字程度で一文字一行を削って文章を書いています。

皆さんは、どんなレポートが読みたいですか?
「文字が多くて正確で詳しいもの」
「写真や画像がたくさんあって、ぱっとみてすぐわかるもの」
「一般質問の内容より、普段の活動が知りたい!」
などなど、ぜひご意見を聞かせてください(^^)

0819-2