東大H-PACはフリーディスカッションでした


今日の東大H-PACはフリーディスカッションでした。
私は地域医療のグループにいましたが、「地域医療」と一口に言っても内容は本当に幅広い。
「地域包括ケア」「在宅医療」「終末期医療」「診療→介護へのシームレスな連携」など、議論すればするほど深くなるのを感じました。
特に、今日知ったのが「QOD」という言葉。DというのはDeath(死)。
「Quality of Death」つまり、死に向かう時の満足度のこと。
つい先日の国民会議でも話題に挙がったそうです。
このような言葉が公の場で議論できるようになったのもここ最近の傾向のようです。

<参考>
〇第14回国民会議(H25,6,10)28ページ

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kokuminkaigi/dai14/gijiroku14.pdf#search=’QOD+国民会議

0808todai