〈会派視察〉すまいるスクール@品川区を視察


駅頭でのレポートを終え、市役所との打ち合わせをして、「戸田にもこんな学童が欲しい!」とご相談をいただいた品川区のすまいるスクールを視察に行ってまいりました。

品川区では平成13年から学童保育に力を入れて、今では区内すべての小学校にすまいるスクールがあり、9000名を超える児童が利用しているそうです。
校舎の中に学童保育があり、子どもたちは授業が終わると教室からすまいるスクールに移動して、勉強会やらスポーツやら折り紙教室やらをして過ごすそうです。

運営は人材派遣会社のスタッフを使い、いわば公設民営です。
利用料は年間1200円(約半分は保険料)、月額わずか100円です。

保護者からとても評判がいいようですが、年間予算は12億円で東京都や国からの補助もあるものの、多くは区の持ち出し(自腹)だそうです。
これだけの事業を継続できるのは、やはり区の財力も大きいと思いました。

品川区では、好きな小学校を選べる選択制にしたり、公立小中一貫校を作ったり(校舎自体も)、先進的な教育政策に取り組んでいるようで、柔軟な教育政策を目の当たりにして、「すごい!」の連続でした。

0530-2

折り紙教室やビーズ教室、キッズヨガなどもあるそうです
安全上子どもたちの顔を写らないように撮ったのでわかりづらいですが、それこそ100人を超える子どもたちがとても楽しそうに過ごしていました。

お金がたくさんあればより充実した行政サービスができますが、行政は保育をどのようにとらえているか、行政と民間の役割分担、保護者(受益者)負担の適正価格など考えることがたくさんありました。

0530