政策研究所シンポジウム「政策開発の手法と実践2013」


今日は、戸田市政策研究所のシンポジウムに参加して参りました。
政策研究所とは、市長の下にある政策を研究する部署で、大学の研究者等が所属し、政策を市長へ提言しています。
今回のシンポジウムのテーマは「政策開発の手法と実践2013」です。

第一部では大学との共同研究報告を、第二部では研究プロジェクトチームによる報告を聞きました。
大学との今日研究報告では、市内の高齢者の生活と意識調査についてまとめてあり、特に、下記の点が印象的でした。
○市内高齢者の年収の中央値 男性225万円、女性75万円
○「今、幸せだと感じるか」につき、「あてはまる」「どちらかといえばあてはまる」という回答が86.6%
「総合的に見て人生に満足しているか」につき、同77.9%
ただ、この質問に対して、「あてはまらない」という回答も5、6%います。

また、シティセールスについても、戸田の全国知名度は「名前だけ知っている」も含めて58%で、「名前も知らない」は42%でした。
民間企業にあって自治体にない部署は“営業”で、まさにシティセールスがこの“営業”だそうです。

戸田の良さはたくさんあるので、もっと戸田の良さが全国に伝わるといいなと思いました。

130319