[平成27年9月議会]交通対策特別委員会


[平成27年9月議会]交通対策特別委員会

18日は10時から交通対策特別委員会です。特別委員会に出ると、「あぁ長かった議会も終盤だな~」と感じます

この日の委員会では、市から様々な報告がありました。

◆平成26年度tocoバス利用状況
東循環 14万9,900人
西循環 7万1,069人
南西循環 5万5,599人
美笹循環 3万8,581人
全循環 31万5,149人(前年度 29万5930人
全ての路線で平成25年度より微増しており、全体的にも増えています。
それでもやはりtocoバス事業は、年間約1億円近い税金が投入されています。
先の一般質問でも、利用者を増やすこととあわせて広告事業を行ってみてはと提案しましたが、「広告事業がコミュニティバスに有効かどうか慎重な検討が必要」とのことで、tocoバスへ広告を行うことにあまり積極的な印象は受けていません。
私はここまで赤字がであれば、やはり何らかの方策をと思いますが、コミュニティバスを一気に活性化させる秘策はないものでしょうか。

◆環境空間有効活用利用について
JR埼京線の高架下(川岸)の環境空間(現在は空き地)にバイクの安全講習場(宅配サービスを行う会社のバイクの運転手の練習)を作る案です。来年4月にオープン予定だそうです。

◆東京外かく環状道路整備に伴う彩湖・道満グリーンパーク付近でもダンプトラック島のUターンについて

東京外かく環状道路を整備するのに伴い、和光市内の敷地に工事で出た土の仮置き場にする計画があり、その土を運ぶ中で彩湖・道満グリーンパーク内でUターンをすることになったそうです。
最大600台/日のダンプトラックが通行することが予定されているとのことで、多くの議員の方から近隣住民の皆さんへの理解、道路の劣化、彩湖自然学習センターへの影響等様々なご意見が出ました。

koutuu