市民医療センター・介護老人保健施設増築棟内覧式@美女木


30日は15時から、市民医療センター・介護老人保健施設増築棟内覧式@美女木に出席させていただきました。
市民医療センターは市内唯一の公的医療機関の診療所(19床)で、介護老人保健施設(老健)は特別養護老人ホーム(特養)とは異なり、介護を必要とする高齢者の自立を支援し、家庭への復帰を目指して心身の機能回復訓練を行う施設で、同じ敷地内に医療と介護が一体となっています。
要するに、美女木に①有床の診療所と②リハビリ等を行う老健があって、それを戸田市は再整備をしているということです。
市民医療センターの方は昨年再整備(約14億円)され、今回は介護老人保健施設の再整備(約19億円)で、平成28年3月にすべて完成するそうです。
〇こんの桃子活動報告ー市民医療センター竣工式(2014年3月28日)
https://konnomomoko.com/activity-report/assembly/2697/

大変立派な施設ができました。ここが地域医療の拠点として、そして今後の超高齢社会の高齢者福祉の拠点となることを期待しています。

1市民医療センターと介護老人保健施設が併設されています

21部屋4床で、既存棟が60床、増築棟(32床)他で合計100床になるそうです。

3身体の硬直がある方などのベッドの乗り降りのためのリフトです。これで職員さんはとても助かるそうです。

4食堂です。入所者の皆さんがレクリエーションもされていました。

5
写真右側が既存棟、左側が増築棟です。きれいに一致しています。

6

奥が既存棟で、手前が増築棟です。廊下もきれいに一致しています。既存棟(60床)に増築棟(32床)他で合計100床になります。

7デッキです。桜が植えてあるそうです。季節感が感じられていいですね。

8老健が特養と大きく異なる点がリハビリを行い身体機能回復をさせるかどうか。施設内にはリハビリ用の器具があります。

9歩行訓練具です。

10お風呂①です。比較的身体が動く方用のものだそうです。

11お風呂②です。座るような形で入るそうです。

11お風呂③です。寝た状態で入るそうです。皆さんお風呂は大好きだそうです。

12調理室です。とても広く、オール電化です。

13オール電化です。

141枚のお盆に温かい食事と冷たい食事をそれぞれ温・冷で運ぶことができるそうです。とても高価なんだとか。

15市民医療センターと老健のつなぎ目です。

16
市民医療センターと介護老人保健施設が併設されています