埼玉県市議会第一区議長会議員研修会


埼玉県市議会第一区議長会議員研修会

今日は蕨市民会館にて、埼玉県市議会第一区議長会議員研修会でした。開催市の蕨市長のご挨拶ののち、ご講演です。
ご講演は大杉覚氏による「人口減少時代の地域づくり」です。

お話としては、今人口が増えている自治体もいずれ人口は減少していき、その際に地域の力で具体的に課題を解決していかないといけないというものでした。
特に印象的だったのは、地域の実情を具体的に把握する必要があるという点で、なかでも「人口構造と納税額」のグラフです。

東京都多摩市(2006年)では、働き盛りの33歳の納税者2237人の納税額が1億2370万円であり、他方、退職した方も含まれる64歳の納税者1614人の納税額が1億2500万円であるということです(ちなみに当時の団塊の世代は55歳前後)。
64歳の方が少ない納税者で33歳と同じくらい納税しているということは、一人当たりの納税額が多いということですね。

この算出を戸田市でも行ったらどうなるんだろうと興味津々です。
平均年齢39.9歳で若い世代が多く、世代間納税額の差を見てみるのはとても興味深いデータになると思います。
今度担当に聞いてみます!

12