[平成28年3月議会]総括質問


[平成28年3月議会]総括質問

今日は10時から本会議、総括質問です。
総括質問とは、市長の施政方針に対して、各会派が質問をすることで、国会で言う代表質問に似ているイメージです
基本的には市長の目指す政策に対して質問をするのですが、よーく聞いていると、各会派が自分たちの目指す政策をぶつける感じがわかります。
「市長は〇〇を進めるというが、その際私たちは△△の視点が大切だと思うが、どう考えているか」というような感じで質問し答弁を求めるもので、それを練り合わせる中で、<市長>対<議会>の政策議論が見られます。

今日の議論の中では、平成会さんは市長の施政方針で発表された新事業の詳細説明を求める印象で、志政クラブさんは地域コミュニティの活性化の際には旧住民と新住民の融合が大切という指摘に驚きました。公明党さんは女性・子ども・障がい者支援に注目をしている印象で、共産党さんは市の財政についての認識について市と議論といった印象でした。

そのような中で、私たち戸田の会は少しオリジナリティも出せたのではないかと思います。
1年目は総括質問をよくわかっていないところもあったのですが、2、3年目と試行錯誤をして、4年目の今年は会派の独自色も出せたように思います。

具体的には・・・
〇保育園だけではなく学童保育についても待機児童問題を取り上げ、学童保育のビジョンを求めたこと
〇新教育長以下の新しい教育改革について市長部局の支援体制を求めたこと
〇赤字の続く市民医療センターの経営改善を求めたこと
〇町会に加入していないマンション住民の防災対策を求めたこと
〇歩行者自転車道の整備で県道・国道との連携を求めたことなど、です。

総括質問が終了し、一つ山場を越えました。

soukatu