新曽地区合同コンサート


今日は13時から、新曽地区合同コンサートです。
新曽地区の小中学校や社会人吹奏楽団の皆さんがそれぞれ演奏されました。

niizo

新曽小学校は、おそろいの水色のチェックの衣裳が可愛く、「Sweet bay」という名前も可愛らしい金管クラブ。「銀河鉄道999」や「ヘビーローテション」を演奏しましたが、毎年ぐんぐん上手くなっているように感じました。他の学校に比べて6年生が少なかったり小人数だったりしますが、4年生を中心とする可愛らしさがありますね。母校だから、一押しです。

asihara

芦原小学校は、楽譜の背をお揃いにするなどさすが芦原!という感じです。演奏曲は「アンダー・ザ・シー」です。出だしの木琴(?)が一気に会場をアリエルの世界にいざないました。1曲だけでしたが、聴きごたえのある演奏でした。1曲の完成度が高かったので、アンコールでもう1回を聞きたかったな!

niizokita

新曽北小学校は、今年は一番大所帯で、緑色のベレー帽がグリーンダカラちゃんのようで可愛かったです。星を掲げたり、帽子を振ったり、見て楽しむ要素も盛りだくさん。「星に願いを」といった優しい曲から、「情熱大陸」「アメリカン・リバーサイド・メドレー」という情熱的な曲への切り替えも素晴らしく、小学生ながらも力強い演奏でした。

rune

戸田ルネッサ吹奏楽団は、ここからは一気に大人モード。パッと見ると、普通のお父さん・お母さんのような方々がきれいな音を奏でている姿は素敵です。曲目も「クリスマス・ドゥデー」「スーパーマリオブラザーズ」とみんながわかる曲目で、「あ、これは土管に潜ったときの音楽だ」「これは、水中に潜ってるときだな」と聞いていてとても楽しかったです。聞いている私たちを楽しませようという心意気が随所に伝えました。

niizochu

最後は新曽中学校です。生徒の中には、小学校時代に見かけた子どもたちもいて、「ああ、あの子は中学校に行っても吹奏楽部に入ったんだな」としみじみしたり。体育館全体に響き渡るようなソロパートは、まるで自分が保護者のような気分でドキドキしながら聞きました。流行りの「前前前世」を持ってくるなんて、急いで練習したのでしょうか。リアル「シングシングシング」も聞けてよかったです。アンコールの「パーフェクトヒューマン」は久しぶりにおなかを抱えて笑いました。顧問の先生がサンタクロースだったり、PTAや保護者の皆さんがトナカイの格好をしていたりと学校全体が子どもたちを支えているのが伝わりました。

zenin

最後は全員で演奏です。総勢200名弱くらいでしょうか。
大人から子どもまで全員で演奏するのは圧倒される雰囲気です。

ご参加の皆さん、素晴らしい演奏会をありがとうございました!