女性議員の産休&子ども連れ傍聴


【女性議員の産休&子ども連れ傍聴】

13時から議会運営委員会の傍聴です(戸田の会からは酒井議員が委員となっています)。
議運では色々重要事項を審議されますが、特にお伝えしたいのが女性議員の産休制度と子ども連れ傍聴です

◆女性議員の産休制度
女性議員の産休を認める標準会議規則の一部改正(正確に言うと、今まで休む際は「事故」扱いだったものが「出産」になるというもの)が提出されました。
各会派持ち帰りでしたが、戸田の会より戸田市の報酬削減規定との関係、他自治体では育休や介護を含める規定もある点など調査研究のため9月議会での検討を求めたところ、他会派の方々も賛同してくださり、9月議会で検討を進めることとなりました。
女性議員の産休制度へ戸田市議会も一歩前進です。

◆子ども連れ傍聴
戸田市議会では、児童・乳幼児の議場・委員会室への入室(傍聴)は禁止されています。議場の場合は議長の許可があれば認められますが、委員会室への傍聴は一切認められていません。
そのため先日、委員会傍聴を希望されていた赤ちゃん連れのお母さんは傍聴することができませんでした。
私は議会は原則公開されており、児童・乳幼児の入室(傍聴)もできる限り認めるべきだと考えています。委員長の許可で傍聴を認める、あるいは、原則許可し、例外的に議事進行に支障をきたす場合に退室を命じるような取り決めにできないかと考えています。
本日総務常任委員会委員長よりご発言があり、この点についても各会派持ち帰りで9月議会で検討が始まります。
子ども連れ傍聴も認められるよう進めていきたいと思います。