〈ご意見対応〉オリンピック通り(新曽南)で異臭がする

オリンピック通りを自転車で通勤しているという方から、「オリンピック通り(新曽南4丁目))の周辺が、29日の夜から30日朝にかけて異臭がする」とのご連絡がありました。
ご連絡を頂き、12時頃に私も現地に向かい周辺を確認してみましたが、特に異臭は感じられませんでしたが、ご意見者の方によると、時間帯によりこれまでの異臭がしたことがあるとのことでした。

私から市役所担当課に連絡し、現場確認をお願いしました。

皆さまも、不審なモノを見かけたり、普段と違う匂いなど感じたりすることがあれば、ご連絡ください。

〈ご意見対応〉感覚過敏でマスクがつけられない方のためのシールをワクチン接種会場に寄贈したい

県内の医療関係者の方から、口や耳周辺の触覚の過敏によりマスクの着用が困難な方々の意思表示として「マスクがつけられません」シールを全国のワクチン接種会場に配布できないか、というご相談がありました。

この件に関して、6月定例会でこちらを取り上げられた岡村ゆり子県議(川口市)を通して、県と協議致しました。
その結果、「県の接種会場での配布はできないが、障がい者交流センターや個々の障がい者施設、市町村への周知を行うことはできる」とのことですので、今後できることを連携していきたいと思います。

新型コロナウイルス感染症の拡大によりマスクを着けていることが当たり前の世の中となりましたが、病気や障がいなど様々な事情を抱え、マスクの着用ができない方々は多くいらっしゃいます。
このようなツールが必要な方に届くといいなと思います。

〈ご意見対応〉本町交差点の一方通行標識が掠れて見えにくい、また交差点に信号機が無く、危険だ

市内在住の方より、「戸田市本町の交差点にある一方通行の道路標識の色が薄く、奥まった場所に立っていて非常に見づらい。車が標識に気付かず侵入することが予想される。早急に対策を」というメッセージをいただきました。
現地を確認すると、確かに標識が掠れてほとんど見えなくなっています。
設置場所も一目では確認しにくいですね。
また、「上記の交差点には横断歩道があるも信号機が無い。道路交通法では『横断歩道がある信号機のない交差点では車両は必ず停車しなければならない』はずだが、走行車両がこちらの交差点で停車した様子を見たことがない。危険なため早急に警察のパトロール強化、もしくは歩行者用押しボタン信号の設置を」とのご意見もいただきました。
すぐに警察に連絡し、現場確認及び対応をお願いしました。
ただ、特に歩行者が渡ろうとしているときに車が停止しない点については、車を運転する側の意識の問題も大きく、難しいですね。
皆さんも、街中の危ない箇所等にお気づきの際は、どうぞご連絡ください。
その際は写真と現地の場所を教えていただけると助かります。

〈ご意見対応〉美女木の道路の白線が消えている

以前より市内の子育て中の女性から、「保育園に通う子どもに交通ルールを教えているが、美女木の道路は何か所も白線が消えている。保育園へ向かう道であり、美女木小学校の通学路でもあるので、引き直してほしい。誰に言ったらいいのかわからなかったが、以前facebookで金野の投稿を見たため、連絡した」とのメールをいただいており、私から市役所担当課へ現場確認と修繕をお願いしていました。
確かに、白線の引き直しは、市道であれば戸田市、県道であれば埼玉県、横断歩道等であれば埼玉県警と管轄が異なり、私も毎回管轄を確認して要望しています。
一般の方から見たら、わかりにくいですね。
その後、あけぼの保育園前の通りに新しく白線が引かれたという事で、早速現地を確認しに行きました。
以前はかすれてほとんど見えていなかった白線も、新たに引き直されています。
美女木地域は白線等が消えているところが多いので、地域を全体的に見直していただけるよう要望して参ります。

〈ご意見対応〉山宮橋の雑草が除草されました

以前より地元の方から「山宮橋が老朽化して、レンガが剥がれたり、雑草が生えていたり、街路灯が劣化したりしている」とのご相談をいただいており、私から市の担当課に対策をお願いしていました。
その後、山宮橋の雑草が除草されていたとご報告をいただきましたので、早速現地を確認しに行きました。橋一帯に生えていた雑草が取り除かれていました。
ただ、雑草は伐採していただけたものの、レンガや防犯灯の劣化については専門業者による現場確認により安全性に問題がないため経過観察となり心苦しい限りですが、引き続き要望して参ります。
皆さんもお気づきの際は、ご連絡ください。
その際は写真と現地の場所を教えていただけると助かります。

〈ご意見対応〉新曽沖内交差点の一方通行の標識が見えにくい

市内の方より「新曽沖内交差点の一方通行の標識が色あせていて、標識に気づかずに進入してきた車と交通トラブルに遭った。警察も交通ルールを守るよう市民に指導するなら、自ら見回り、色あせている交通標識があれば修繕するべきではないか」とメッセージを頂きました。
添付されていた写真を確認すると、確かに一方通行の標識が色あせていて、道路標識も雨のせいか分かりにくいです。
すぐに警察に連絡し、修繕をお願いしました。
警察も普段のパトロール中に交通標識等の確認はしており、色あせていたり壊れていたりする場合は修繕しているようですが、引き続き交通標識等の確認をするようお願いしました。
皆さんも、古くなった交通標識等にお気づきの際はご連絡ください。
その際は写真と現地の場所を教えていただけると助かります。

〈ご意見対応〉新曽小学校増築工事に伴う近隣建物補償について

市内の方より「新曽小学校の近くに住んでいる。新曽小学校の増築工事に伴い、工事による損害が出た場合、近隣建物等は補償の対象となるそうだが、我が家には何の説明もなく、納得がいかず困っている。」とご相談をいただきました。

すぐに教育委員会に確認したところ、
・増築工事にあたり、振動等、被害があった場合、補償はある。
・現在、近隣住宅の家屋調査を行っており、許可を頂いた場合は家屋に業者が立ち入り、写真撮影等行っている。事前・事後に分けて調査、確認していく。
・補償の対象は学区全体や周辺全体ではなく、現場から一定の範囲で被っている家屋に限られる。
・事前に撮った写真と事後の写真とを比較し、被害があった場合に補償(工事や金銭補償)がある。
ということでした。

おそらく今回の件は、実際の工事現場からの距離の関係等で、事前調査がなかったのかもしれません。
また、事前の説明・調査を受けた方が必ず補償対象になるというわけではなく、あくまで事前写真と事後写真を比較し、被害が出た場合に補償があるようです。
ご意見者の方の場合は確かに新曽小学校に近い場所ということですので、ご本人から直接教育委員会にご相談いただくようお伝えいたしました。

※地図画像は、OpenStreetMapから作成しています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: niizo-600x316.jpg

〈ご意見対応〉笹目川護岸に木が生えていて危ない

地元の方から「笹目川護岸にいつの間にか木が生えて大きくなっている。雨などで増水したときに根こそぎ流れるおそれがあり、危ない」とのご相談をいただいており、すぐに私から県を通じて県土整備事務所に対策をお願いしていました。
その後、7月6日に該当の木の伐採をしていただきましたので、早速現地を確認しに行きました。
写真の大木が一本きれいに伐採されていましたが、付近には雑草が多く生えている他、これから大きくなりそうな木も数本見られています。
草木が大きく育っていく季節です。
本格的に大きくなる前に、今後も様子を見ていきたいと思います。

〈ご意見対応〉新田公園付近の通学路が危険ではないか

市民の方より「美女木の新田公園付近は道が狭く車通りも多い。小学校も近く、子どもにとっては危険なのではないか。」とメッセージをいただきました。
早速現場を確認すると、周辺の道路の幅は狭く、道路標識のかすれや道路のひび割れも目立っていました。
公園の周囲には保育園や学童、小学校があります。以前にも付近の保育園を利用される方より「美女木の道路は何か所も白線が消えている。子どもと通うため困っている。」とメールをいただいておりました。
その際、市役所担当課に現場確認と修繕をお願いしていました。
今回ご意見をいただき、改めて戸田市の教育委員会と道路担当にお知らせし、修繕をお願いしました。
通学路の安全対策は一つ一つ取り組んで参ります。

〈ご意見対応〉訪問介護スタッフに新型コロナウイルスワクチンの優先接種をしてほしい

市内の訪問介護従事者の方より「訪問介護サービススタッフはワクチンの優先接種の対象となっていない。早期の改善を」とメールをいただきました。
国・県・市に確認したところ、まず厚生労働省の掲げるワクチンの接種順位の考え方として、重症化リスクの大きさや医療提供体制の確保等を踏まえ、
(1)まずは、医療従事者等
(2)次に、高齢者 (令和3年度(2021年度)中に65歳に達する、昭和32年4月1日以前に生まれた方)
(3)その次に、基礎疾患を有する者、高齢者施設等の従事者』
となっています。
〇参考
「接種はどのような優先順位で行われるのですか」-厚生労働省
また、厚生労働省のHPによると、一定の条件を満たした場合は、優先接種の対象とすることが可能になります。
「市町村は、以下の①から③のすべてに該当する場合、居宅サービス事業所等及び訪問サービス事業所等の従事者を『高齢者施設等の従事者』に含めて、優先接種の対象とすることが可能。
① 市町村が、必要に応じて都道府県に相談した上で、地域の感染状況、医療提供体制の状況等を踏まえ、感染が拡大した場合に、自宅療養中の高齢の患者等に対して介護サービス等や障害福祉サービス等の継続が必要となることが考えられると判断した場合
② 居宅サービス事業所等及び訪問サービス事業所等が、新型コロナウイルス感染症により自宅療養中の高齢の患者・濃厚接触者に直接接し、介護サービス・障害福祉サービスの提供等を行う意向を市町村に登録した場合
③ ②の事業所等の従事者が、新型コロナウイルス感染症により自宅療養中の高齢の患者等に直接接し、介護サービス・障害福祉サービスの提供等を行う意思を有する場合」とあります。
〇参考
「接種順位の考え方」-厚生労働省
つまり、①・②・③の要件を全て満たした場合、居宅・訪問サービス事業所等の従事者もワクチン優先接種の対象となります。
上記について戸田市に確認すると、戸田市では、①について、居宅サービス事業所等の従事者を「高齢者施設の従事者」の範囲に含めることとし、市内の居宅サービス事業所に意向登録の照会を実施している旨がわかりました。
事業所の意向等については、お勤め先の事業所に確認が必要です。
また、高齢者施設等の従事者に対しては、6月25日に接種券を送付する予定、とのことです。
エッセンシャルワーカーの方々にとってワクチン接種は特に重要です。
今回の件においては、最終的には各事業所の意向次第ではありますが、希望する方が安心安全に接種できる体制が必要だと考えます。