〈ご意見対応〉金森橋・前谷橋交差点に歩行者用信号機が設置されるのか、続報を教えてほしい

市内で子育て中の女性から、「金森橋・前谷橋交差点に歩行者用信号機を設置する話の進捗状況を教えてほしい」とメールを頂きました。
昨今立て続けに起きた子どもが犠牲になる事故を受け、とても心配されているご様子です。
「歩行者用信号機の設置を待っている間に何かできることを」と、先日安全ポールを設置していただいたことはお伝えしている通りです。
〇〈ご意見対応〉前谷橋、金森橋交差点に安全ポールがつきました!
https://konnomomoko.com/petition/19584/

歩行者用信号機については、2016年に地元小学校、地元保育園、地元マンション、戸田市、私からの要望書を集め、警察に提出していますが、3年経った今でも、いまだ返答はありません。
市役所を通して蕨警察及び埼玉県警の改めて対応状況を確認しましたが、2016年に蕨警察署を通して埼玉県警が要望書を受領しており、現在は県内の他に要望書が出ている箇所の一つとして「検討中」というのが最新情報です。
もう3年も「検討中」というのも、要望書の対応状況について一切梨のつぶてという対応に、正直義憤も覚えています。

市議会議員から県議会議員となり、警察も管轄となったことから、さらに警察行政についてもしっかり協議を求めていきたいと思います。
1日でも早い設置の決定を望んでいます。

〈ご意見対応〉スポーツセンターの線路下の猫を誰か助けてほしい

蓮田市在住の方から、「スポーツセンター線路下にいるヨレヨレの野良猫を助けてあげてほしい」とメールを頂きました。
お友達の方が戸田市に住んでいて、時々スポーツセンターにいらっしゃり、野良猫を目にするそうです。

このようなご依頼は非常に多く(月数回ペース)、おそらく私の議員としてのご意見対応で突出して多いのが「野良猫・子猫を保護してほしい」というものです。

ただ、毎回ご説明していますが、私自身あるいは私が応援している動物愛護団体は保護施設を持っているわけではないので、野良猫・子猫の保護/引き取りはしていません。
野良猫が可哀そうだというお気持ちは痛いほどわかりますが、ご理解いただければ幸いです。

(※写真の猫はご意見をいただいた猫ではありません)

〈ご意見対応〉歩道に大きなブロックが放置されて歩行に支障をきたしている

新曽南の子育て中の女性から、「新曽南の歩道に大きなブロックが放置されて歩行に支障をきたしている」とメールを頂きました。
添付されている写真を見ると、確かに歩道脇に大きなU字のブロックが放置されています。

すぐに担当課に現地確認と対応を依頼し、即日対応していただきました。
どうやら隣接地の駐車場内のブロックが看板等の設置に伴い脇に置かれていたようだったので、元あった場所に戻していただきました。

結果的にはすぐ近くに戻しただけでしたので、市職員さんの手を煩わせてしまい申し訳なく思いましたが、「道路の維持管理は市の仕事ですから」と快く対応してくださいました。

どうもありがとうございました。

〈ご意見対応〉戸田市スポーツセンターを『ちはやふる』の聖地にしたい

これはご意見対応というより、私の希望でもあるのですが、漫画・アニメ『ちやはふる』の中で、戸田市スポーツセンターが全国大会の会場となり、一部ファンの皆さんの中で戸田市スポーツセンターが聖地化されているのをご存知でしょうか?
気になる方は「ちはやふる 戸田市」で検索なさってみてください。

それなのに、この事実を知っている市内の方はとても少ない!
せっかく人気漫画・アニメに戸田市の施設が出てきているので、スポーツセンターの中に『ちはやふる』コーナーができたり、市民の皆さんが参加できる「ちやはふる杯」などができたらいいなと勝手に妄想しています。
権利等の関係で難しいのかな?
皆さん、いかがしょうか?

〇ちやはふる
https://www.ntv.co.jp/chihayafuru/

〈ご意見対応〉子猫を保護してほしい

市内南町の方から、「会社に行ったら子猫がいて、困っている。ネットで調べたら、金野さんが保護をしているということなので、保護してほしい」とご連絡がありました。
先日もお伝えした通り、私自身や私が応援している動物愛護団体が猫の保護施設を持っているわけではないので、保護や引き取りはしていません。
動物愛護活動に力を入れているのは事実ですし、子猫を保護したいというお気持ちは痛いほどわかりますが、保護施設を有しているわけではないので、お電話を頂いたとしても私や動物愛護団体が保護/引き取りをできないことをどうかご理解いただければ幸いです。

なお、この子猫は翌日どこかへ行ってしまったということです。
親猫と一緒に元気で過ごしていればいいのですが。。。

(※写真の猫はご意見を頂いた猫ではありません)

〈ご意見対応〉戸田公園駅頭にみずぼ銀行のATMを作ってほしい

市内の方から、「戸田公園駅にみずほ銀行のATMを作ってほしい」とご要望を頂きました。
日々多くのご意見ご要望を頂きますが、私は元市議会議員・現県議会議員ですので、一民間企業への要望をすることは難しいこともあります。

そんな折、先日戸田公園駅にみずほ銀行のATMが新たにできましたね。
私が設置に携わったわけではないのですが、設置されてよかったです。
お知らせも兼ねて、投稿します。

〈ご意見対応〉蕨市在住だが、戸田市の野良猫を保護してほしい。保護できないのであれば、蕨市に野良猫の補助金を作ってほしい

お隣蕨市の方から、「蕨市在住だが、戸田市内の野良猫の面倒を見ている。可哀そうなので保護してほしい」とお電話がありました。
野良猫を保護したいというお気持ちはよくわかりますが、これまで複数回お知らせしている通り、私自身や私が応援している動物愛護団体が野良猫の引き取り・保護をしているわけではないので、野良猫の保護はしていない旨をご説明しました。
あわせて「蕨市で野良猫の補助金を作ってほしい」とご要望を頂きましたが、私は戸田市選出の県議会議員なので蕨市で野良猫の補助金を作るように働きかけることは難しいこともお伝えしました。

野良猫・地域猫に関する投稿をすればするほど、「保護してほしい」というご相談を多くいただきますが、保護・引き取りはしていないことをご理解いただければ幸いです。

(※写真の猫はご意見を頂いた猫ではありません)

〈ご意見対応〉防災士の助成金について教えてほしい

市内の方より、「防災士に興味があり、こんのさんが防災士だと知った。市内には助成金制度があるかどうか教えてほしい」とメールを頂きました。

防災士は民間資格ではありますが、「“自助”“共助”“協働”を原則として、社会の様々な場で防災力を高める活動が期待され、そのための十分な意識と一定の知識・技能を修得したことを、日本防災士機構が認証した人」を言います。
【参考】日本防災士機構 http://bousaisi.jp/

2017年9月に私も2日間の講習を経て、防災士試験に合格しています。
〇防災士研修会
https://konnomomoko.com/activity-report/news/15002/
〇防災士研修会2日目
https://konnomomoko.com/activity-report/news/15006/
〇〈お知らせ〉防災士資格取得試験に合格しました!
https://konnomomoko.com/activity-report/news/15075/

前置きが長くなりましたが、戸田市では全国的にも珍しく、防災士の助成金制度があります。
ーーー
〇対象
自主防災会の推薦する者
〇実績
過去数年間、補助制度を実施し、現在46町会中32町会51人がこの制度を利用して防災士が誕生。
昨年度は定員10人の枠に10人の応募があり、すべて埋まり、今年度も同様に10人の枠があるもののまだ定員は空いている。
※補助制度を利用した場合は、資格取得後は地域の防災活動にご尽力いただくこととなります。
ーーー

私も調べてみたところ、日本防災士機構のホームページ等には戸田市には補助金制度がある旨が記載されていますが、戸田市のホームページには補助制度について一切記載がないため(一般向けの補助金でないため、ホームページには載せていないそうです)、一般の方も応募できるか、補助金の対象者が分かりにくいと感じました。
そのため、担当課に対し、戸田市で行っている防災士の補助金制度について明記するよう求めました。

今年度、まだ枠は空いているそうですので、防災士にご興味ご関心のある方、ぜひお住まいの自主防災会に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

〈ご意見対応〉外国人との共生について、戸田市の取組みを教えてほしい

市内で地域・福祉活動を行っている方から、「外国人との共生について、戸田市の取組みを教えてほしい」とご相談を頂きました。
私も市議時代から数年来お付き合いのある方で、地元に根差した地域・福祉活動に力を入れている方からのご相談です。
昨今、市内でも外国籍の方が増え、いかに市内で地元の方と共生できるかにご尽力されています。

調べたところ、平成31年3月に新たに「戸田市多文化共生推進計画」が策定され、市の取組み等がまとめられていることがわかりましたので、ご意見をくださった方に一部を差し上げました。
これらをもとに、今後ご自身で何ができるかを考え地域活動に活かしてくださるとのことでした。
多文化共生は、口で言うのは容易くも、実際に地元で活動される方がいらしてこそと感謝いたします。

〇戸田市多文化共生推進計画
https://www.city.toda.saitama.jp/uploaded/life/60701_118677_misc.PDF


〈ご意見対応〉市内の公共施設でドローンを使ったイベントを行いたい

市内の事業者の方から「夏休みに市内の公共施設でドローンを使ったイベントを行いたいが、市がドローンの利用基準を作っていないために許可をしてくれない。早急にドローンの利用許可を作ってほしい」とご相談を頂きました。

担当課に確認してみると、現状では戸田市でドローンの利用に関する利用基準等がなく、全国の自治体のルール化に向けた取り組みを調べてみても、自治体としてドローンの利用基準を設けているところはごく少数のようです。
また公共施設の現状を見ても、老朽化や天井の状況等から、天井等に引っかかってしまったり、壊れてしまったりする可能性も否定できないという担当課の説明も理解できます。
将来的にはドローンの利用基準は必要だと考えますが、一般的に市の基準作りは一定の時間は必要であるため、今年の夏休みに向けてすぐにドローンの利用基準を定めるのは難しいと考えました。

ただ、ご意見者の方がおっしゃる通り、ドローンは新たな可能性も有していると思いますので、引き続きルール作りを求めていきたいと思います。