〈ご意見対応〉戸田公園駅西口ロータリーの間接照明が切れている

市内の方より、ホームページより「戸田公園駅西口ロータリー中央の間接照明がほとんどついておらず、薄暗い。」というご意見をいただきました。
浅生市議のご協力もいただき夜間に現場を確認すると、確かに植え込み下部のライトがチラチラと明滅していたり、植え込み内のライトが消えているようです。
すぐに市の担当課にお伝えし、現場周辺の照明の確認と修繕を行っていただけることとなりました。
皆さんもお気づきの際は、現地の場所と可能であればお写真を添えて、お知らせいただければ幸いです。

〈ご意見対応〉PCR検査を濃厚接触者でなくても公費で検査できるようにしてほしい

市内保育園関係の方より、「学校や保育園で感染が拡大している。PCR検査を自費で払うとなると高額である(約2~3万円)。濃厚接触者でない人も公費でPCR検査できるよう、埼玉県で補助してほしい」というご意見をいただきました。
確かに学校や保育園等で陽性者が出た場合、マスクをしていると「濃厚接触者」にはあたらずPCR検査の対象外となる可能性があります。
この点については、私たち無所属県民会議も支援の必要性を感じており、9月6日に知事宛に提出した「新型コロナウイルス デルタ株感染拡大に関する緊急要望」の中で、「濃厚接触者の特定を停止している間、陽性者が出た保育園、幼稚園、学童保育施設等に対して独自にPCR検査を行う場合、市町村職員でも保健所に代わって実施できるよう基準や用法を分かりやすく示すと共に、PCR検査に関わる財政的支援を行うこと」を要望しています。
改めて、最新の埼玉県の対応を確認したところ、残念ながら現時点で補助の対象を拡大する動きはないようですが、まずは公費負担となる場合を活用していただきたいと思います。
[公費負担となる場合]
①保育所や学校が濃厚接触者等と認めてリストを提出し、それを保健所が承認をした場合。
②保育所や学校の嘱託医が検査が必要と認めた場合。
引き続き、県に要望するとともに、簡易なPCR検査への補助等代替策も提案していきたいと思います。
〈参考〉
〇文部科学省ー学校で児童生徒等や教職員の新型コロナウイルスの感染が確認された場合の対応ガイドラインの送付について(令和3年8月27日)https://www.mext.go.jp/content/000133781.pdf
〇厚生労働省ー学校で児童生徒等や教職員の新型コロナウイルスの感染が確認された場合の対応ガイドライン(第1版)について(令和3年8月27日) https://www.mhlw.go.jp/content/000824931.pdf

〈ご意見対応〉移動自粛を強いることは経済的・精神的損失であり、人権問題だ

ホームページ宛に「コロナ対策として移動自粛を強いることは経済的・精神的な損失であり、差別・偏見を生み出しかねない。人権問題だ。あり方を見直すべきだ」というメッセージをいただきました。
私以外にも会派の皆さんへ送られてきているようで、会派として下記の趣旨の回答をしました。
確かに、昨年より続くコロナ禍において、「移動自粛」「移動制限」は感染を拡大させない方法として推進されてきました。
しかしながら、ご指摘の通りウイルスに都県境はなく、県民の方の多くが実際には都県境を越えて通勤・通学をしている現状はあります。
陽性者集計や対策の及ぶ範囲が都道府県単位になっていること等から、極力県境を跨がないよう国や各行政によって推奨されてきましたが、これにより経済的な損失や在住地による偏見なども見受けられていることは、私ども会派も重々承知しております。
これまでも、知事や県庁に対して「エビデンス(科学的裏付け)に基づいた対策を」と求めて参りましたが、いただいたご意見を踏まえ改めて移動自粛ありきの対策について見直すべきであること、声を上げて参ります。

〈ご意見対応〉簡易給食に非常に憤りを感じている。元に戻すべきだ。

お子さんがいる市内の方より、戸田市の簡易給食の件について、「大人の世間体により子供たちが犠牲になっており、非常に憤りを感じている。インフルエンザ同等以下として指定感染症から外し、数々の愚策を見直し、元の生活に戻すべきだ」とご意見をいただきました。
学校のコロナ対策については私のもとにも連日多くの保護者の方から様々なご意見を頂いており、特に今回の給食については賛否様々なご意見を頂いております。
市教育委員会にも改めてヒアリングを行い、市教委の考え及び経過は以下の通りです。
・8月から市内の感染者急増を受け、学校内での感染リスクが高まる中、配膳の時間を短縮するために簡易給食という形になった(通常は、給食当番の生徒が配膳を行うが、感染防止対策のため教員が配膳を行う)。
・現在、生徒たちは午前中のみ校内で授業。その後は下校し、午後は自宅でオンライン授業を行う。
このような時間割りの中、当初は給食を提供しない案も出ていたが、「昼食を用意できないので困る」というご家庭の事情も受け、業者との兼ね合いからすぐに用意できる食事がパンしかなく、栄養バランスが足りないことも承知で、簡易給食を提供することになった。
・簡易給食の期間は9/10(金)まで。その後13(月)から通常献立から少し減らしたメニューを提供していく。(感染症対策により、手づかみで食べるような果物は提供しないなど、様子を見て元の献立に戻していく。)
ということです。
コロナ対策については、各家庭の家庭環境や新型コロナウィルス感染症対策への考え方により、本当に多くのご意見があります。
簡易給食は市の取り組みとして緊急の措置であり、子どもたちがいつも通りの給食を食べられるように、感染防止と学びが両立できる取り組みが今後も求められます。
今回の簡易給食についても当初はパンと牛乳だけでしたが、栄養が不十分という保護者の方の声を受け、私からも検討を求め、今後は副食を提供するよう変更していくとの回答もありました。
私自身は、市としても市教育委員会としても、様々な考え方の方がいる中で、子どもたちの学びと安全を守るために試行錯誤しながらも取り組んでいるものと受け止めております。
引き続き、市・市教育委員会と保護者の方々の橋渡し役として、共にコロナ禍を乗り越えていきたいと考えていますので、皆さんの率直な思いをお聞かせいただければ幸いです。

〈ご意見対応〉親が管理人をしているマンションで野良猫がいる。引き取ってもらえないか。

〈ご意見対応〉親が管理人をしているマンションで野良猫がいる。引き取ってもらえないか。
さいたま市の方から「親が管理人をしているマンションに野良猫と子猫がいる。引き取ってもらえないか」とメールがありました。
動物愛護政策や地域猫活動は私が力を入れている政策の一つで、多いときは1週間に複数回同じようなご相談をいただきます。
野良猫を引き取って欲しいというお気持ちは痛いほどわかるのですが、私自身も私が応援している動物愛護団体も保護施設を持っておらず、野良猫を引き取ることはできません。
お役に立てず申し訳ないのですが、何卒ご理解をいただければ幸いです。
ただ、ご自身で新しい飼い主を探す場合はそのお手伝いをすることができますので、お申し付けいただきたいと思います。

〈ご意見対応〉笹目の防犯灯が消えている

〈ご意見対応〉笹目の防犯灯が消えている
笹目地域の方から「笹目の天王さくら広場北側T字路の防犯灯が消えている」とご連絡がありました。
添付されている写真を見ると、確かに防犯灯が消えています。
すぐに担当課にお伝えし、修繕を要望しました。
皆さんもお気づきの際は、現地の場所と可能であればお写真を添えて、お知らせいただければ幸いです。

〈ご意見対応〉子どもの見守りサービスで子どもたちを守りたい

今日は、市内事業者の方から子ども見守りサービスについてお話を伺いました。
先日福岡県で保育園の送迎バスに園児が取り残された事故に心を痛め、自社の子ども見守りサービスを活用できないか、というご相談です。
子どもの見守りに関心のある宮内市議にも同席していただきました。

送迎バスでの取り残し事故は全国的にも複数起きており、様々なツールの子どもの見守りサービスが提案・導入されています。
ただ、現在市で導入が進められている見守りサービスは月額500円弱で加入率が10%程度とあまり普及していないようです。

今回お話しいただいたのは、子どもだけではなく、障がい者施設や高齢者施設等でも利用可能なものでした。
今回様々なアイディアをお聞かせ頂きましたので、今後行政や関係機関に情報提供して行きたいと思います。

〈ご意見対応〉学校再開後の感染拡大が心配。オンライン授業を行ってほしい。

小学生のお子様を育てる母子家庭の方より「戸田市では25日から学校が再開されるが、オンライン授業はまだ行われないのか」というご相談を頂き、市の教育委員会に確認しました。
教育委員会によると「授業のオンライン化は現在検討中である。『授業を全て一律でオンライン化』は難しいが、例えば必要に応じて『午前中だけ学校に通い、午後はオンラインで課題を』といったような細かなことも含めて検討を重ねている。」ということでした。
コロナ過において保護者の皆さまは不安な日々を過ごされていると思います。
戸田市においては、下記の通り8月31日までは午前授業・給食終了後下校としましたが、今後の感染状況によって変更する可能性があります。
保護者の方々にとってはご心配の日が続くと思いますが、適宜対策を求めて参ります。
ーーー
児童生徒、教職員のみならず、保護者の皆様のことも含め、総合的に判断し、8月25日からの学校再開について以下のとおり行うことといたしましたのでお知らせいたします。
 なお、この対応は令和3年8月20日(金曜)時点のものであり、状況によっては、変更することがありますので御了承ください。その場合には、改めてお知らせします。
1 令和3年8月25日(水曜)から令和3年8月31日(火曜)までは、午前授業とし、給食終了後下校します。
・令和3年9月1日(水曜)以降の授業については、改めて学校よりお知らせいたします。
2 部活動については、感染拡大防止の観点から令和3年8月25日(水曜)から令和3年8月31日(火曜)まで実施いたしません。
・令和3年9月1日(水曜)以降については、改めて学校よりお知らせいたします。
3 その他
・学童の児童については、学童開始時刻まで校内で待機となります。

〈ご意見対応〉オリンピック通り(新曽南)で異臭がする

オリンピック通りを自転車で通勤しているという方から、「オリンピック通り(新曽南4丁目))の周辺が、29日の夜から30日朝にかけて異臭がする」とのご連絡がありました。
ご連絡を頂き、12時頃に私も現地に向かい周辺を確認してみましたが、特に異臭は感じられませんでしたが、ご意見者の方によると、時間帯によりこれまでの異臭がしたことがあるとのことでした。

私から市役所担当課に連絡し、現場確認をお願いしました。

皆さまも、不審なモノを見かけたり、普段と違う匂いなど感じたりすることがあれば、ご連絡ください。

〈ご意見対応〉感覚過敏でマスクがつけられない方のためのシールをワクチン接種会場に寄贈したい

県内の医療関係者の方から、口や耳周辺の触覚の過敏によりマスクの着用が困難な方々の意思表示として「マスクがつけられません」シールを全国のワクチン接種会場に配布できないか、というご相談がありました。

この件に関して、6月定例会でこちらを取り上げられた岡村ゆり子県議(川口市)を通して、県と協議致しました。
その結果、「県の接種会場での配布はできないが、障がい者交流センターや個々の障がい者施設、市町村への周知を行うことはできる」とのことですので、今後できることを連携していきたいと思います。

新型コロナウイルス感染症の拡大によりマスクを着けていることが当たり前の世の中となりましたが、病気や障がいなど様々な事情を抱え、マスクの着用ができない方々は多くいらっしゃいます。
このようなツールが必要な方に届くといいなと思います。