〈ご意見対応〉子どもの視力低下と学校での眼科健診を強化してほしい

選挙のときに市内でお会いした子育て中の女性から、「今の子供たちは勉強の他に、タブレットやゲーム等、目を酷使する状況にあるが、学校の眼科健診では、年1回で眼科の専門医によるものでもなく、屈折率を図るものでもない。そのため、視力低下の始まりに気づくのが遅れ、気づく頃には真性近視になっていることがある。近視予防の啓発と眼科健診を強化してほしい」とご意見を頂きました。
このご意見はもっともだと思い、戸田の会(酒井議員)とも連携しながら、福祉保健センターや市教育委員会等にヒアリングをしました。

・戸田市では、3歳健診で目の異常などを細かに検診している(これ自体は屈折率検査という自治体健診としては先進的なもののようです)。
・現状、その3歳健診で視力低下が増えているわけではなく、視力は6歳までにほぼ完成されていると言われている。
・小学生ではC字検査で十分スクリーニングできる。
福祉保健センターも市教育委員会ともいまいち平行線のままでしたが、.戸田市ではタブレット教育の導入もしており、子どもの目を守ることは大切なことだと考えています。

特に、ご指摘の「視力検査は学校での年に1回のみ。その視力検査は眼科の専門医によるものではない上、屈折率(近視、乱視等の度数)を測定する器械も用いられていない点は、私も初めて知ったことで、今後の検討課題だと思います。
その他、学校健診についてはデータの利活用等検討課題は多いと感じています。
直接的には文科省の管轄、及び市区町村教育委員会が管轄ですが、もう少し調べてみたいと思います。

〇文部科学省「児童、生徒、学生、幼児及び職員の健康診断の方法及び技術的基準の補足的事項及び健康診断票の様式例の取扱いについて」
http://www.mext.go.jp/…/afieldfile/2017/05/01/1383847_02.pdf

〈ご意見対応〉市内小学校を少人数制にしてほしい

市内小学校に子どもを通わせている保護者の方から、「子どものクラスが40人学級になった。高学年になり繊細な時期なので、教職員の正規雇用を増やしたり働き方改革をしたりして、戸田市独自にクラスの定数を見直し、子どもたちに健やかな環境を与えてほしい」とメールを頂きました。

小学校の少人数制学級については、全国や各市区町村でも議論がなされており、今回改めて戸田市教育委員会にヒアリングをしてまいりました。

現状としては、国の法律で「小2から中3の場合、国の法律で1学級の人数は40人を標準とすることが定められている」とのことです。

戸田市の教育委員会に意見を伺ったところ、法律で定められた人数制限を超えていないこと、算数や国語等で単元ごとに少数加配をしていること、県の教員だけではなく市としても市費を使ってジャンプアップティーチャーやすこやかサポーター等を配備していること等の現状を伺いました。

また、戸田市の小学校の問題として児童数が非常に多くなっている現状や、建て替えなどの検討課題があることも伺いました。
他県では、確かに国の定めた40人学級制度を独自に変え、35人学級を推奨しているところもあるようですが、戸田市全小学校で35人学級を行うと教室数が物理的に足りなくなってしまう学校が多く出てしまうという課題もあるようです。

頂いたご意見について、私自身少人数制の方がよいのではないかという漠然とした思いはありますが、教育的効果の有無、学校校舎や教員確保の可能性等について更に勉強を重ねて、どういう形をとれば子どもたちを守っていけるかを引き続き考えて参りたいと思います。

〈ご意見対応〉市営・県営住宅等幼い子どもを育てるシングルマザーが住めるところを増やしてほしい

少し前になりますが、市内在住の女性から、「市営・県営住宅等幼い子を育てるシングルマザーが住めるところを増やしてほしい」とご相談を頂きました。
ご主人と離婚し、生活保護を受けながら小さな子どもを一人で育てながら働いているものの、子どもの急な発熱等で思うように就職活動も進まないようです。

私の周囲にも、子どもを育てながら大変な思いで就職活動をしている友人がおり、お気持ちは痛いほどわかります。
市営・県営住宅を増やすことも大切ですが、募集時期や募集件数も限られており、特にシングルマザー等女性に特化した支援も必要だと考えています。

戸田市では、社会福祉法人むつみ会が母子生活支援施設むつみ荘を運営しており、その相談窓口等をご案内しました

〇母子生活支援施設むつみ荘
https://mutumikai.jp/mutumisou/
(市役所での窓口は子ども家庭課です)

私の選挙のときに、お子さんと一緒に街頭演説を聞いて、初めて選挙に行こうと思ったとおっしゃっていました。
出来ることと出来ないことはありますが、お役に立てるように頑張りますので、これからもしっかりと女性の声に耳を傾けていきたいと思います。

(写真はHPより引用させていただきました)

〈ご意見対応〉子どもたちに悪影響を及しかねないネットゲームを市内小中学校で禁止してほしい

市内の保護者の方から「子どもに今流行りの『フォートナイト』というネットゲームをやらせたところ、酷い暴言を吐くようになり、ゲーム機を取り上げたが、友人がそのゲームで遊んでおり仲間に入れてもらえないのがつらい。他の家庭も困っているとのことで、行政からの通達でこのゲームを禁止にできないか」とご意見を頂きました。
確かに調べたところ、海外も含めとても流行っているゲームで、中毒性や課金システム等で一部ネガティブな指摘もあるゲームのようです。

さっそく教育委員会経由で市内の状況を確認したところ、本ゲームに関しての大きなトラブル等の報告はなかったものの、2年程前より中毒性等について話題に挙がっているとのことでした。

そこで、まずは市内全小中学校の校長先生が集まる「校長会」について、同ゲーム(暴力性、中毒性等も含めて)について共有し、適宜PTA懇談会等でも保護者の皆さんに周知してくださることとなりました。

また、もし保護者の方が相談したいという場合は、スクールカウンセラーにも情報共有をしてあるそうなので、適宜必要に応じて相談していただけることとなりました。

〇フォートナイト
https://www.epicgames.com/fortnite/ja/home

〈ご意見対応〉駅周辺だけではなく、子どもの通学路も喫煙制限区域にしてほしい

市内の方より「駅周辺だけではなく、子どもの通学路も喫煙制限区域にしてほしい」とご意見を頂きました。
タバコ対策については、私も市議時代から力を入れてきた政策の一つです。

〇[平成28年6月議会]一般質問ーたばこについて
https://konnomomoko.com/activity-report/assembly/10101/

この中でも、「今後学校周辺や公園、公共施設等に指定区域を広げられないか」と提案し、それに対しては「先進事例もあわせて研究する。」との市の見解が示されています。
私自身も通学路を含め学校周辺等も喫煙制限区域にした方がよいと考えていますが、市としては喫煙制限区域に指定することで巡回啓発員を新たに配置するなどの費用が掛かること等を理由に消極的なのかなと推測しています。

2020年東京オリンピックに向けて、全国的にタバコ対策・受動喫煙対策のく機運が高まっています。
喫煙制限区域の指定は直接的には市の管轄なので、戸田市議会戸田の会メンバーとも連携を取りながら、タバコ対策を進めていきたいと思います。


〈ご意見対応〉待機児童ばかりではなく、ヘルパー等働く母親へのサポートをもっと考えてほしい

レポートをご覧になったという働く女性から、「議員は待機児童!保育園を増やす!と定型文のように言うが、育休明けヘルパー等働く母親のサポートをもっと考えてほしい」とメールをいただきました。
確かに、私も子育て・教育政策は公約の一番に掲げており、その一つが待機児童対策です。

若い世代の女性からご意見を頂くことは非常に珍しいので、私も熱く返信をしてしまいましたが、危機感故に言葉を選ばずに言えば、「待機児童対策だけではないのは十分承知しているが、まずは議会のなかで自分たちの世代や女性の声を訴える議員を送り出さないといけない。議員を送り出してから、細かい子育て支援を訴えていくしかない」と考えています。
限られたパイの中で利害関係や考え方の違う人が集まって利害を調整するのが、現在社会において変容した政治の役割の一つであり、自分たちの世代、自分たちと同じ考え方の議員を政治の場に送り出さないと決して予算や政策の方向性は自分たちに向かないと強く感じています。
自分たちのために予算を持ってこないといけないということではなく、政治の場において、若い世代や女性も議論の席に座らなければならないということです。
 

ぜひ多くの方に、選挙で自分に近い考えを持つ議員を政治の場に送り出す大切さが広がれば嬉しいです。
若い世代や女性が投票に行くことで必ず政策が変わります

 

〈ご意見対応〉「子ども子育て支援事業計画ニーズ調査」について教えてほしい。

市内の子育て事業者の方から「9月議会の議会だよりに『戸田市子ども・子育て支援事業計画ニーズ調査』とあるが、これはどういったものか」とお問い合わせがありました
担当課に確認したところ、無作為抽出の小学生約1500世帯、中学生約2500世帯、合計4000世帯を対象に、子育てサービス等のニーズを調査したもののようです。
今後、年度末にかけて回答をまとめて、児童福祉審議会にはかり、次期子ども子育て支援事業計画に反映させていくとのことでした。

事業内容等については、私宛でも構いませんが、担当課に直接お問い合わせになった方が正確かつ詳細であることも多いので、直接お問い合わせください。

◯児童福祉審議会
https://www.city.toda.saitama.jp/soshiki/251/kodomokatei-singikai.html

〈ご意見対応〉子ども食堂を教えてほしい

市内の小学生のお子さんを育てている母子家庭のお母さんから、「子ども食堂を利用したいが、どこでやっているのか教えてほしい」とメールをいただきました。
子ども食堂は、以前市内で活動を始めたいという方からご相談をいただき、議会で取り上げたこともあります。
私自身は、各小学校区にあるのが理想で、ただ行政が主体となるのではなく、地域の方や民間の活動を行政がサポートするのが好ましいと考えています。 

〇[平成29年3月議会]一般質問②-子ども食堂
https://konnomomoko.com/activity-report/assembly/13474/

■日本財団子どもの居場所プロジェクト 
日本財団の取り組みであり、市の事業ではなく、またデリケートなテーマなので詳細は公表していません。
ご希望の方は個別にお問い合わせください。

■学習支援
日時:毎週土曜日、午後2時~4時
場所:むつみ学習支援センター内(戸田市大字新曽1375-2)
対象:ひとり親家庭等かつ一定の条件を満たす市内在住の小学・中学生、25人程度(注釈)費用無料。登録制。原則2年間
問い合わせ:こども家庭課

■ひなたぼっこ
日時:毎週土曜日、午後5時から午後7時まで
場所:川岸2-5-16(さつき通りふくだ内科前)
対象: 市内在住中学生。経験豊かなスタッフが英語・数学・国語・社会を丁寧に教えます。子ども食堂も開催します。
持ち物:教科書、ワークブックなど。1人100円(初回無料)
問い合わせ:武藤様 090-9157-6810

また、一人親家庭への支援は、こちらにまとまっていますので、合わせてご覧ください。
https://www.city.toda.saitama.jp/uploaded/attachment/26532.pdf

 

 

〈ご意見対応〉戸田東小・中学校建て替え説明会での問い合わせ先がわからない

先日、会派駅頭活動中に、戸田東小・中学校にお子さんを通わせている保護者の方から、「戸田東小・中学校建て替え説明会での問い合わせ先がわからない。明記するべきだ。」とご意見を頂きました。
確かに、説明会には教育委員会、学校、工事関係者等が出席され、それぞれ説明できることが異なりますし、説明会資料等には問い合わせ先等が明記されていません。
以前の私の一般質問で、ご意見・ご不明点等の問い合わせ先は教育委員会(総務課)となることを確認しており、先日の説明会でも口頭で、問い合わせ先は教育委員会(総務課)となることを参加者の皆さんにご説明されたようです

今後、資料等についても、問い合わせ先が教育委員会(総務課)であることを明記していただくよう、私から教育委員会にお願いしました。
今後は明記していただけるものと思います。

〈ご意見対応〉中央図書館の閉館に伴い、芦原小内に配本所を作ってほしい

先日の北戸田駅での駅頭活動中に、芦原小にお子さんを通わせている保護者の方から「中央と図書館の閉館に伴い、芦原小の子どもたちは本を借りるために新曽福祉センターまでいかなければならないが、学区外のため一人ではいけない。芦原小に配本所を作ってほしい」とご意見を頂きました。
ご連絡先が分からないため、こちらにてその後の対応をお知らせいたします。

確かに、中央図書館の長期休館に伴い、代わりに新曽配本所で本の貸し出しを行っており、芦原小学校から新曽配本所までは学区外になります。
以前議会で中央図書館の休館に伴い臨時自習室を作ってほしいと要望し、新曽福祉センター等とあわせて、芦原小の生涯学習施設にも臨時自習室を開設していただいています
そこに配本所を併設できないか、担当課に聞いてみたところ、配本所を設置する際に、芦原小内にも検討をしたが、常設の場所や人員確保が難しく開設に至らなかったとのことです。
また、気になって調べてみたのですが、市内12校すべての小学校で学区内に図書館があるわけではないようです。

小学生にとって学区というのは大切なものですし、すべての小学校学区内に図書館があるのがベストですが、現実的には難しいのかもしれないと感じました。