〈ご意見対応〉個人で野良猫の避妊去勢手術を行っているので、補助金を出してほしい

会派宛に、「個人で野良猫の避妊去勢手術をしている。現状の地域活動は団体を対象としており、その団体もあまり活動をしていない。個人を対象とした補助金を新設してほしい」とご意見が届きました。
お話を伺うと、市内で個人で数年前より熱心に野良猫の避妊去勢手術をなさっているようでした。

殺処分ゼロ、地域猫活動は私も熱心に取り組んでいる政策のひとつであり、何度も議会で取り上げ、その成果もあり、平成27年度から3か年県補助金を活用して活動が始まり、平成30年度から3か年市民活動サポート補助金を活用して活動を継続し、その後県補助金を活用して市独自の補助金を現在検討中です。
補助金という性格上、個人を対象とするか団体を対象とするか、また本来は飼い主が負担すべき飼い猫の手術費を野良猫と偽ることの防止策などを検討しているところです。

◯[平成28年3月議会]一般質問ー動物愛護条例 ”取り締まるもの”から”愛護し適正管理するもの”へ
https://konnomomoko.com/activity-report/assembly/9416/
◯[平成30年6月議会]一般質問①-地域猫活動につい
https://konnomomoko.com/activity-report/assembly/16941/

愛護団体が熱心に活動していないということでしたが、私の知る限りではとても熱心に活動なさっているため、こちらと連携をとれないか、あるいは個人を対象とする補助金についても考えたいと思います。

〈ご意見対応〉高齢者のゴミ出しが大変だ。ゴミ回収サービスを行ってほしい

地域で民生委員をしている方から「朝歩いているときに、高齢の女性がゴミ出しに苦労している様子を見た。他市で行われているまごころゴミ回収サービスなどを戸田市でも行ってほしい」とご連絡をいただきました。
高齢者のゴミ出し問題については、以前議会で取り上げたこともあります。
〇[平成27年12月議会]一般質問ー福祉事業
https://konnomomoko.com/activity-report/assembly/8670/

その際は、今後の課題の一つとして検討していただけることとなっていましたので、その進捗も踏まえて検討状況を確認したところ、現在「生活支援・介護予防の体制整備におけるコーディネーター・協議会の役割」の検討過程において、課題の一つとして出ており、どう対応できるかどのような地域資源があるかを検討中ということでした。
ただ、まだサービスとしては開始していないということなので、あわせて現状で利用できる民間サービスも含めてご意見者の方に情報提供をさせていただきました。

■シルバー人材センター
時間:1回 871円~
内容:掃除、買い物
電話:048-434-0411

■とだ・お~る助っ人隊
時間:1~2業務(30分程度)800円
内容:散歩、草むしり、子どもの送り迎え
電話:048-299-6105

■ASA戸田まごころサポート
時間:30分~ 購読者500円/未購読者1000円 60歳以上限定
内容:ゴミ出し、重い荷物の上げ下ろし、掃除、買い物代行党
電話:048-434-7466

■パルシステム埼玉
時間:30分~ 350円(基本時間、時間外あり)
対象:埼玉県全域、基本は組合員、組合員外も可
内容:高齢者ー掃除、買い物、病院付き添い、共働き世帯ー子供の送迎、託児、料理

高齢者をめぐる日常課題は多岐にわたります。
まさにこの問題は、福祉と環境、サービスの狭間にある課題だと感じています。
すべてを行政にお願いするのもできますが、行政でなくても民間の力や地域の力も活用していかないといけないと感じています。

〈ご意見対応〉レポートに「冠水被害に遭った人に消毒サポートを教えた」とあるが本末転倒だ

駅頭でレポートを受け取った方から、「レポートを読んだが、ご意見対応の中で『浸水した人に消毒サービスをお知らせした』と書いてあるが本末転倒だ。浸水は市の無策による人災だ」とメールをいただきました。
もともとのご意見者から、「浸水したため市から消毒や内装を変えるための補助金や義援金等がないかと」お問い合わせをいただいたため、私から消毒サービスがあることをお知らせした旨をお伝えしました。

あわせて、確かにこれまで市の冠水・浸水対策は「土地区画整理事業の進捗による」という説明に終始し、そこまで本腰が入っていなかったようにも感じています。
けれども、今回明らかになったように戸田市は地勢上、上戸田や新曽や笹目等地盤に差がある場所に被害が集中しており、新曽地区の土地区画整理事業の進捗と排水基盤整備は密接しており、土地区画整理事業には地権者の同意や転居等、多くの予算と時間がかかることも理解しています。
市の予算が総額約500億円で、子育て政策や生活保護等社会保障費が増える中で、数十億円、ときには数百億円にもなる治水・基盤整備にかける費用も限られています。

今回菅原市長のもとで、大きく冠水・浸水対策が前進することが明らかになりましたが、それでもやはり時間と予算が必要です。
市も決して無策ではなく、これからしっかり取り組んでいくことをご理解いただきたいと思います。

〇[平成30年12月議会]一般質問ー冠水・浸水対策を
https://konnomomoko.com/activity-report/assembly/18318/

〈ご意見対応〉建築中のマンションの「建築計画のお知らせ」看板がルールを守っていない

市内の方から「近隣に建築中のマンションの『建築計画のお知らせ』看板は本来地面から約1メートル上に掲示しなければならないが、地面のすぐ上に掲示してあり、是正すべき」というご意見を頂きました。
このマンションについてはその他色々と課題を聞いているなかの1つです。

確かに市の規約等ルールを調べてみると、「建築計画のお知らせ」看板は、可能な限り地面から約1メートル上に掲示することが求められていますが、現場を確認すると、特段支障がなさそうに見えるにもかかわらず、地面のすぐ上に掲示してありました。
些細なことではありますが、地元住民の皆さんとの信頼関係を築くためには大切なことと考え、担当課を通してルール通り、地面から約1メートル上に掲示していただけないかお願いしました。

その後現場を確認したところ、ルール通り、地面から約1メートル上に掲示し直されていました。
同じ構図で撮っていないのでわかりづらいですが、看板が上の方に上がっています。

担当課の方、事業者の方、迅速なご対応をありがとうございます。

〈ご意見対応〉新曽の排水溝から悪臭がして、蚊が発生している

新曽の方より「排水溝から悪臭がして、蚊が発生している」とご相談を頂きました。
戸田市では、時々暗渠や排水溝等から悪臭がして、蚊が発生していると聞いています。
私もよく行く場所で、確かに悪臭や蚊が発生してもおかしくない場所です。

さっそく担当課にお願いし、現地確認後、清掃していただくことになりました。
担当課の皆さん、どうもありがとうございます。

〈ご意見対応〉風疹ワクチンの助成をしてほしい

最近報道にあるように、風疹が流行の兆しを見せており、市内の方から「風疹ワクチンの抗体検査は無料でも、1万円近いワクチンの負担は厳しい。助成金をお願いしたい」とご意見をいただきました。

風疹ワクチンの助成については、平成25年に風疹が大流行した際、戸田市としてもワクチン代を助成した経緯があります。
その際は、単体接種で3000円、麻疹・風疹接種で5000円の助成を行い、合計849人に総額約390万円の助成を行ったとのことです。
今年も風疹が流行の兆しを見せており、その予防対策が求められていると感じています。
担当課に確認したところ、「風疹の流行状況と近隣自治体の助成状況を注視し、検討する」とのことでした。
私たちとしても引き続き、状況を把握し、対応を求めて参りたいと思います。

〈ご意見対応〉戸田東小中学校通学路での事故について情報がなく不安だ

戸田東小中学校の通学路に「『車と子どもが衝突する事故が発生した。目撃者を探している』という看板があるが、その詳細を学校から聞いておらず不安だ」とご意見を頂きました。

ご意見をくださった方から頂いた看板の写真を見ると、確かに「車と子どもの事故が発生しました。目撃者を探しています」と書いてあり、これだけを見ると、通学路の場所に、通学時間帯であることもあり、ひき逃げ事案なのか、子どもは軽傷なのか重傷なのかと不安が募ります。
教育委員会に確認したところ、事故自体は、子どもの体の一部に自動車が触れたもので重症事案ではないとのことでしたので、PTA等で機会をとらえて保護者の皆さんにお知らせいただくようお願いしました。

〈ご意見対応〉市内の浸水・冠水対策をどうにかしてほしい

市内の多くの方から「市内の浸水・冠水対策をどうにかしてほしい」とご意見をいただいています。
ご意見をいただいた箇所をまとめて、今日担当課にヒアリングと要望に行ってきました。

・新曽消防署交差点周辺
・新曽小学校バスケットコート周辺
・戸田駅周辺
・戸田公園駅周辺
・笹目2丁目周辺
・芦原交差点周辺
などです。

担当課に詳しく聞くと、一ヶ所一ヶ所浸水の原因も違うようで、その原因を解消する必要があり、排水溝の清掃などでできる場合から、場合によっては多額の費用が必要な場合もあるようです。
市だけではできずに、県や国に要望しないといけないものもあったり、満潮干潮にも影響を受けたりするそうです。

市も問題意識は持っており、一つ一つ取り組んでいることもわかりました。
「いつも道路を掘っている」なんて言われたりしていますが、治水のための工事であることも多いのですね。

もう少し調査・検討を深めて、引き続き対策をお願いしたいと思います。

担当課の皆さん、どうもありがとうございます。

戸田市のマンホールカードもありますし、ぜひ皆さん新曽南庁舎にご注目を!

〈ご意見対応〉戸田市は県内でも一番若い市だが、もっとお年寄りの要望を聞き安価なサービスを提供してほしい

市内の方から、「戸田市は県内でも一番若い市で子育て支援等に積極的だが、もっとお年寄りの要望を聞き安価なサービスを提供してほしい」とメールをいただきました。
確かに戸田市は市民の平均年齢が約40歳と県内で一番若く、保育所増園を始め、積極的に子育て支援を行っています。
他方で、ご意見の通り、今は相対的な高齢化率は低くても、裏を返せば今度急速な高齢化が進むことが予想されています。

私が子供の頃は、人口は約7,8万人程度で約300億円の予算(かつ約40億円の競艇配分金もあった時代)で行政サービスを行っていたものを、急速な人口増加のもと、今では人口が約14万人で、約500億円の予算で行政サービスを行う必要があります。
子育て支援、教育、社会保障、高齢者福祉、障がい福祉、防犯防災、インフラ整備と基礎自治体が担う行政サービスは多岐にわたり、そのなかで未来を見据えて「選択と集中」をしていかなければならないと考えています。

〈ご意見対応〉下水道課の職員が料金未払いのため自宅に来て署名を求めたが、詐欺ではないか

市内の方から「先日、下水道課の職員が、下水道料金の未払いのため自宅に来て署名を求められた。よくわからない妻が署名をしたが、これは詐欺ではないのか。このようなことをするなら、きちんと周知をするべきだ」と留守番電話を頂きました。
公衆電話からのお電話でしたので、私から折り返すことができないため、こちらにて対応をお知らせいたします。

担当課に確認したところ、下水道の利用状況確認や料金未払いの督促のため自宅に職員が行くことはあり、その場合は状況を説明してサインをしてもらっているとのことでした。
下水道が適切に利用されているかを確認し、利用されている場合は料金を支払うことは当然のことですので、職員の方が行って説明を行い、サインを求めることは問題ではないと考えます。
ただ、昨今、市職員になりすまして詐欺を行う行為も起きていますので、本当の市職員が行く場合はその旨の周知が必要だというご意見も理解できます。
そのため、今後市としてもこのような対応をしていることを広報等で周知をしていただくよう、お願いいたしました

※写真は自宅の水道メーター等であり、問題となった該当物ではありませんので、ご注意ください。