〈ご意見対応〉喫煙制限区域での喫煙が罰則化へ!

私が市議時代から特に力を入れてきた政策の一つがタバコ対策です。
特にこれまで長年手つかずだった喫煙制限区域の指定については、近隣自治体内の駅の指定状況を読み上げほぼ戸田市内3駅以外が指定されている状況を指摘し、市内3駅の区域指定や啓発員の配置を実現しました。

〇[平成26年6月議会]③ごみ・たばこ対策
https://konnomomoko.com/activity-report/assembly/1482/

その際に今後の検討課題として残っていたのが、「過料」つまり罰則です。
これまで市は「罰則は設けず、まずはマナー向上のための普及・啓発に努める」との姿勢でした。

それを今回、菅原市長のもとで公約の一つとして「歩きたばこ禁止区域での罰則化」が掲げられ、具体的な検討を経て、この度「原則として指導、勧告、命令を行ったうえで、命令に従わない者に対して過料(1万円以下、具体的な金額は未定)を科すこと」を改正する案が示され、パブリックコメントとして市民の皆さんのご意見を募集しています。

パブリックコメントの意見募集期間は、12月19日(木)までです。
ぜひ皆さんのご意見をお聞かせください。

〈ご意見対応〉彩湖・道満グリーンパークの復旧にクラウドファンディングを活用!

台風19号の大きな被害を受けた彩湖・道満グリーンパークですが、市内の方から「クラウドファンディングをしてはどうか」とコメントを頂いておりました。
さっそく菅原市長にお伝えたところ、それがあってかどうかわかりませんが、クラウドファンディングを実施することとなりました。

彩湖・道満グリーンパークにはボランティアの皆さんも復旧にお力を貸してくださったようで、今回の台風で戸田市や近隣市を救ってくれた彩湖・道満グリーンパークが一日も早く復旧することを願っています。

〇戸田市役所ークラウドファンディングで彩湖・道満グリーンパーク復旧を応援してください!
https://www.city.toda.saitama.jp/…/midori-koen-douman-crowd…

〈ご意見対応〉野良猫に避妊手術等をしている個人ボランティアの気持ちもわかってほしい

市内の方から「戸田市の地域猫活動は様々な団体・個人が行っているのに、一団体が補助金を取っていったように思えてしまう。そう思う個人ボランティアの気持ちもわかってほしい」とメールを頂きました。
地域猫活動は私宛に賛否様々なご意見を頂く政策で、特に同じ活動をしている方から批判的なご意見を頂くことが多い印象です。
今回のメールはそのような趣旨ではありませんが、その他多くのご意見と合わせてみると、「皆、同じような活動をしているのに、一団体だけ補助金をもらってずるい」というのが根底にあるのかなと推察します。
このようなご意見は他の政策分野ではあまりないので、それだけ個人の思い入れや活動の大変さがあるのだと思います。
動物愛護活動は団体・個人関係なく、皆さん手弁当で熱心に活動されており、その活動に頭が下がる思いです。

今回の団体への補助金制度の新設については、私宛にご相談があったものを、私自ら県や市に働きかけて、他の議員の方や行政関係者のお力添えをいただいて制度新設まで至ったもので、一団体が補助金を取っていったというものではないと考えています。
私宛にご相談があり、調べたら県の補助金があることがわかり、市に働きかけて市が手上げをして補助金を取り、公募をかけて受かった団体に交付されたということです。
ただ、これが同様の活動をしている方々からすれば、「特定の団体が補助金を取っていった」という風に見えるのだなと私も驚き、残念に思いました。

得てして声を上げたところに予算が付くというのは政治・行政であり、政治・行政に関心を持ち、政治・行政のサポートを得て地域のために活動するというのは決して悪いことではないと思っています(もちろん不適切な働きかけや癒着は問題ですが)。
そして、今回こうして団体への支援を足掛かりに、今度は県補助金を活用して個人ボランティア向けの補助金制度新設についても準備を進めているところです。
これも、今回個人ボランティアの方が声を上げてくださったからだと思います。
正式に決定次第、お知らせしたいと思います。
私としては、団体だけではなく個人の方も応援していますので、団体・個人がともに動物愛護を推進し、私もそのお手伝いができれば嬉しいです。

今回の件に限りませんが、「声を上げて政治や行政のサポートを得たものがずるい!」というのではなく、「自ら声を上げて政治や行政のサポートを得て活動していこう!」という社会になったら、政治や行政と協働することが自然なこととなったらいいなと感じた案件でした。

〈ご意見対応〉市営・県営住宅等幼い子どもを育てるシングルマザーが住めるところを増やしてほしい

少し前になりますが、市内在住の女性から、「市営・県営住宅等幼い子を育てるシングルマザーが住めるところを増やしてほしい」とご相談を頂きました。
ご主人と離婚し、生活保護を受けながら小さな子どもを一人で育てながら働いているものの、子どもの急な発熱等で思うように就職活動も進まないようです。

私の周囲にも、子どもを育てながら大変な思いで就職活動をしている友人がおり、お気持ちは痛いほどわかります。
市営・県営住宅を増やすことも大切ですが、募集時期や募集件数も限られており、特にシングルマザー等女性に特化した支援も必要だと考えています。

戸田市では、社会福祉法人むつみ会が母子生活支援施設むつみ荘を運営しており、その相談窓口等をご案内しました

〇母子生活支援施設むつみ荘
https://mutumikai.jp/mutumisou/
(市役所での窓口は子ども家庭課です)

私の選挙のときに、お子さんと一緒に街頭演説を聞いて、初めて選挙に行こうと思ったとおっしゃっていました。
出来ることと出来ないことはありますが、お役に立てるように頑張りますので、これからもしっかりと女性の声に耳を傾けていきたいと思います。

(写真はHPより引用させていただきました)

〈ご意見対応〉土地区画整理事業の換地処分で不公平な扱いを受けている。自宅で長年大切に育てた木も誰かに譲り受けてもらいたい。

事務所に市内の方がいらっしゃり、「土地区画整理事業の換地処分で不公平な扱いを受けている。自宅で長年大切に育てた木も誰かに譲り受けてもらいたい」とのご相談を頂きました。

詳細をお伺いしたところ、新曽地区で行われている土地区整理事業で土地の換地処分を受けるものの、その換地先に納得できず、また自宅で長年育ては木を切らねばならないことに大変心を痛めていらっしゃるようでした。

土地区画整理事業は直接的には市の事業ですので、佐藤議員にサポートを依頼し、対応に同席していただきました。
その後、佐藤議員が主体となって、土地区画整理事業でのヒアリングや現地調査等を行い、ご意見をくださった方と丁寧に話し合いを重ねるなかで、最終的にはお気持ちをおさめられたとのことです。

土地区画整理事業は長い時間と多額の費用を要する大事業です。
その基には、その土地にお住まいの地権者お一人おひとりのご理解とご協力があってこそと改めて感じました。
難しい案件だったにもかかわらず、お引き受けいただいた佐藤議員、どうもありがとうございます。

〈お知らせ〉彩湖・道満グリーンパーク清掃ボランティアの募集のお知らせ

先日ご意見対応でお知らせした彩湖・道満グリーンパークの清掃ボランティアの募集が開始されたそうです。
彩湖・道満グリーンパークは先日の台風19号で戸田市や東京都の洪水被害を防いでくれました。

ご都合の良い方は是非ご参加下さい。

11月17日(日)24日(日)12月1日(日)
各日10時00分〜12時00分まで
各日大人100人(中高生は保護者同伴、小学生は不可)

〈ご意見対応〉彩湖・道満グリーンパークのボランティア活動で、戸田市管轄の部分も清掃したい


先日の台風19号の際、彩湖・道満グリーンパークが調整池として水を貯め、大きな被害を引き留めてくれたことをご存知の方も多いかと思います。
そんな彩湖・道満グリーンパークの復旧に力を貸したいと思ってくださる有志の皆さんが、ボランティアで清掃活動をしてくださったそうです。
その活動に参加された方より、「さいたま市はボランティアを受け入れ、管轄であるカマキリ公園の清掃はできたが、戸田市はボランティアの受け入れをしておらず、管轄である部分を清掃できなかった。戸田市もボランティアの受け入れをできないか」とご連絡をいただきました。

さっそく担当課に確認したところ、彩湖・道満グリーンパークは、国[水面、周遊道路]、さいたま市[カマキリ公園]、戸田市[道満グリーン全般]に管轄が分かれていて、道満グリーンパーク全般については被害状況がひどく、一部まだ浸水して水も抜けていない状況であるため、今後戸田市が専門業者に依頼し重機等を入れて大規模な復旧作業行う予定だそうです。
事業者に依頼するため、入札手続き等を進めているところで、専門業者による復旧作業が終わり次第、ボランティア活動の受け入れを開始するとのことでしたので、その旨をご意見をくださった方にお伝えしました。

彩湖・道満グリーンパークをこうして皆さんの手で復旧しようとしてくださり、とてもありがたいですね。
写真は上がbeforeで、下がafterだそうです。
皆さんの手でここまできれいにしてくださったそうです。
ありがとうございます。

〈ご意見対応〉台風19号で水没した川口市にあるゴルフ場を救済してほしい

川口市在住の方から「台風19号で川口市と北区赤羽にかかる新荒川大橋のゴルフ練習場が水没した。ゴルフ練習場があまりに可哀そうだ。救済してほしい」とホームページからご相談をいただきました。
私は戸田市在住なので、ご意見をくださった方のおっしゃるゴルフ場のことを知らなかったため、川口市及び埼玉県荒川下流河川事務所に確認したところ、昭和29年に埼玉県から許可された川口パブリックゴルフ場を河川法施行法の経過措置(第20条)により現行の河川法許可(第24条)がされているとのことでした。
つまり、国・県が公有地を民間事業者に占有許可を出している場所で、事業者は民間事業者ということでした。
〇川口パブリックゴルフ場
http://kawaguchi-golf.co.jp/

 

何かお役に立てることがあればと何度かお電話もしていますが、台風以降連絡もつかない状況です。
ゴルフ場を思うお気持ちはわかりますが、今回の台風被害により許可取り消し等もなされておらず、最終的には一民間事業者の経営になりますので、一県議会議員としてできることに限りもある旨をご意見の方にお伝えしました。

〈ご意見対応〉羽田空港の機能強化に伴う住民説明会の追加開催・職員配置をしてほしい

市内の複数の方から、また県庁に面会に来られた活動家の方から、「羽田空港の機能強化に伴う住民説明会の追加開催・職員配置をしてほしい」「あいパルではなく、より影響を受けるおそれのある美女木・笹目地区で説明会を開催してほしい」「あいパルのときは、パネル展示だけで質疑応答のできる職員がいなかったので、職員を配置してほしい」などご要望を多くいただいておりました。
私自身も6月定例会において委員会で質問をしています。

〇[令和元年6月定例会]企画財政常任委員会
https://konnomomoko.com/activity-report/assembly/19594/

 

その他多くのご意見を受け、11月より第6フェーズとなる住民説明会の追加実施が決定しました。

〇国土交通省ー本年11月から、第6フェーズの住民説明会を開催します
https://www.mlit.go.jp/koku/haneda/news/2019102902.html

 

①12月14日(土)14:00-17:00 笹目コンパル 1 階ホワイエ
②12月17日(火)14:00-17:00 イオンモール北戸田 1 階セントラルコート
③12月18日(水)17:00-20:00 イオンモール北戸田 1 階セントラルコート

〈ご意見対応〉笹目小スクールゾーンの警察による取り締まりを行なっていただきました

先日お知らせした通り、佐藤市議よりご意見をいただいていた笹目小スクールゾーンの車進入について、警察による取り締まりを行なっていただきました。

当日は佐藤市議、また日頃より子ども見守り活動を行なってくださっている町会の方も同行していただき、声かけを行いました。
また合わせて、スクールゾーンの進入経路を見直していただいた結果、スクールゾーンの標識の追加設置が必要なことがわかりましたので、後日追加設置もしていただくこととなりました。

小さなことではありますが、「自分たちの声で行政は動く」「地域の子どもをみんなで守る」「市議と県議で連携すれば、より地元の役に立てる」ということを皆さんと共有したい出来事でした。

「警察にお願いしても、きっとすぐは動いてくれないだろうな」と思っていましたが、すぐに対応してくださって、正直少し驚き、嬉しかったです。
県議会議員になって、少しお役に立てたならよかったなと思いました。

警察の皆さん、迅速なご対応をありがとうございます。
引き続き、対応をよろしくお願いいたします。