〈ご意見対応〉市債を市民が買うことはできるのか


〈ご意見対応〉市債を市民が買うことはできるのか

市債というのは地方債のひとつで、地方公共団体が一会計年度を超えて行う借入のことです。簡単にいうと、地方公共団体は様々な行政サービスを提供していますが、それを行う際の借り入れのことです。

予算書をご覧になった方から「市債は国債と同じように一般市民が購入することはできるのか」とお問い合わせをいただきました。
確かに国債は「個人向け国債」という言葉もある通り、一般市民で購入することができます。
では、戸田市では市債を一般市民が購入することはできるのでしょうか?

担当課に確認したところ、結論からいうと「NO」です。
市債には大きく2つ、①銀行から借り入れる場合、②国債のように一般市民から借り入れる場合があり、②の一般市民を対象としている地方債は主に都道府県レベルの規模の大きな自治体が発行しており、戸田市では発行していないようです。
金利についても、例えば今回の市債上限は「4%」とありますが、これはあくまで上限であり、実際には高く長いもので20年間1.0%から低く短いもので5年間0.05%だそうです。

というわけで、戸田市では市債を市民が買うことはできませんでしたが、ちょっとした豆知識ということでお知らせします。

sisai