〈ご意見対応〉新設保育園(戸田公園駅近)は出入口を変更して開所へ


〈ご意見対応〉新設保育園(戸田公園駅近)は出入口を変更して開所へ

待機児童が106人となり、市は大急ぎで保育園新設を進めています。
その一番手が戸田公園駅近くの保育園です。
ここはもともとむつみ荘跡地→駐輪場臨時駐車場→その後売却するかどうするかを検討していたところ、待機児童急増を受けて急きょ保育園を建てることが決まった場所です。
近隣市で保育園建設にあたり近隣の方の反対があり建設できなった例があったことからも、私は議会で近隣の方へ丁寧にご説明するようお願いしていました。

そんな折不安は的中し、近隣の方々から「近くに保育園が建つようだが、説明がなく困惑している」というご相談を頂きました。

お話を伺ってみると、近隣の方々は駅高架下に近いことや既に保育園があることから、保育園建設について反対しているものではなく、市の進め方や特に園舎への出入り口に再検討を求めているものでした。
具体的に説明すると、保育園予定地は①既にある保育園に面した広い道路と②住宅に面した狭い道路の2つの道路に面しており、市は住宅に面した狭い道路側に入口を付ける案だったようです。
道路状況等からすれば当然①に出入り口があると思っていたものが②の案であり、しかもその検討や説明過程ももっと丁寧に行う必要があったと思います。

そこで、何度か市にお願いし、住民説明会を開いていただいたり、再度出入り口の再検討をお願いしておりました。
その結果、住民説明会を開いていただき、出入口を広い道路につける設計案に変更してくださることになりました。
市としても来年4月オープンに向けギリギリの日程で進められており、あと一週間でも遅れるとオープンがずれ込むという状況だったようですが、善処してくださったと感謝しています。

待機児童対策を求めるのは簡単ですが、実際に土地を確保し、地域の皆さんのご理解をいただき建設するのは本当に大変な仕事です。
すべて解決されたということではありませんが、地域の方々のご意見も反映された形で進むこととなり、とても安心しました。
これでなんとか来年4月開所の見通しが立ったようで、私も嬉しく思っています。

1

向かって左側が既設保育園に面した広い道路、右側が住宅地に面した狭い道路です。当初は右側の狭い道路に出入口が予定されていましたが、再検討の結果、左側の広い道路に変更されました。

2

住宅地に面した狭い道路です。狭く一方通行なので、事故や渋滞などが懸念されていました。

3

再検討の結果、広い道路に変更されました。この道路には既設保育園(同一事業者)の出入口も面しています。

4

この看板をご覧になって保育園建設を知ったという方もいらっしゃいましたが、この看板自体は工事の許可手続き上のもののようです。