〈ご意見対応〉図書館長期閉館中に、芦原小学校の子どもが本を借りるのが不便になった


先日の駅頭活動中に、芦原小学校の保護者の方から、「図書館が閉館され、新曽配本所(新曽福祉センター内)が設置されたが、芦原小学校の子どもたちにとっては学区外になり、行けなくなった」とご意見を頂きました。
確かに、芦原小学校の子どもたちにとっては、新曽福祉センターは学区外であり、そこまで本を借りに行くのは困難です。

長期閉館に伴い開設された芦原小学校の生涯学習室に配本機能を設けられてないか、担当課に相談してみたところ、以前芦原小学校内に配本所を作れないか検討・協議したが、配本所を作るためには、常時場所を設け人を置かないといけないが、それが検討の結果できず断念したとのことでした。
芦原小学校以外でも、すべての小学校学区内に図書サービスの拠点があるわけでもなく、この間は新曽福祉センターを利用してほしいとのことです。

これは難しいなと思った課題で、確かに各小学校の学区内に1か所図書サービスの拠点があればよいですが、予算や場所の観点からも実現は難しいのも事実です。
ご意見をくださった方の連絡先が分からないため、今度駅頭活動中にお会いできれば、お話ししたいと思っています